プロフィール(2010-11-07)

本名:井上弘行
性別:男
生年月日:1958年8月
出身:東京都
所在:神奈川県伊勢原市
出身校:電気通信大学
趣味:流星観測、科学全般

流星観測の経緯です

  1. 1968年頃:そろばん塾に通いながら一番星を夢中で見つけた記憶がある。
  2. 1970年頃:友人の影響を受け五籘光学製の5cm屈折望遠鏡を入手。土星のリングを発見し非常に感激した。
  3. 1971年頃:友人の影響を受け星夜の固定撮影に夢中になる。
  4. 1972年8月頃:富士山登山にて初めて銀河を見る。この時流星も初めてみて非常に感動した。
  5. 1974年8月頃:友人と本栖湖にてペルセウス座流星群の観望のキャンプを実施。多数の流星と痕を観測した。
  6. 1975年頃:ミザール製8cm屈折望遠鏡を入手。星雲・星団の観望に夢中になる。
  7. 1977年:学校の天文同好会に参加する。中古のミノルタ・一眼レフを入手
  8. 1977〜1982年:主要流星群の眼視観測、写真撮影に夢中になる。
  9. 1980?年:伊豆が岳にて双子座流星群の観測中に薮火球を目撃、今でも緑の輝きを覚えている。
  10. 1981?年:日本流星研究会に加入
  11. 空白期間
  12. 1999年12月:宮城県にてビデオ観測開始。VixenB05-3M+DVビデオデッキ使用
  13. 2000年:JNネットワークに参加
  14. 2000年2月22日:日光火球観測
  15. 2000年7月:火球パトロール 第6回ミーティング参加(簡易TVによる流星観測.GIF)
  16. 2000年10月21日:WAT-100N導入
  17. 2000年12月27日:只見隕石火球のフラッシュを観測
  18. 2001年:流星痕同時観測キャンペーン参加
  19. 2001年7月8日:火球パトロールミーティング参加
  20. 2001年11月18日:獅子座群の流星雨に遭遇
  21. 2003年9月:UFOCaptureシリーズ導入
  22. 2006年2月:観測地が神奈川県に移転
  23. 2006年10月14日:おおぐま座突発群の流星を観測
  24. 2007年8月:観測地が県内で移転、カメラを3台に増強
  25. 2008年2月9日:第3回UFOCaptureソフト利用報告会参加
  26. 2008年3月:カラーカメラWAT-221S導入
問い合わせはメールにてお願いします

Home