雑録 顔面けいれん
English Page

片側顔面痙攣をご存じですか?

こちらでは私の闘病体験をもとに

患者の視点から情報提供しています


ホーム | トップ | 読者の皆様へ | 更新履歴 | はじめに | 発症の自覚と受診 | 入院に向けて | 手術に向けて | 手術と術後経過 | 書き残したこと | おわりに | その後の1年 | よくある質問 | 自覚症状 | 治療選択枝 | お薬の情報 | 頭部の模式図 | MRI画像 | リンクと参考書 | 病院の情報 | 外科医の情報 | ウェブ検索の勧め

 私は1999年6月1日に 顔面けいれん の根治手術を受け、自己満足的な闘病記(小冊子)をまとめていました。雑録 顔面痙攣 ネット版の本編は、当時のリアルタイムの本音(冊子版の本文)です。図表も再編し、今回作成した資料とともに資料編に収載しました。本編/資料編の関連記述に相互リンクを設定していますが、 他サイト様のフレーム内に「入れ子」で表示された場合は、親フレームを更新して広々ご覧ください。

 
コンテンツを表示
 
親フレームを更新

瞼や口元がピクピクする方   まずは こちらを ご覧ください
原因不明と言われている方  │ 
眼瞼痙攣と言われている方  ├→
顔面神経痛と言われている方 │ 
治療選択肢に迷っている方


 別のテーマ     読者の皆様へ

Modified on Dec 5, 2004    Thaz6