presented by C50+1

第4回リアル桃鉄 in 関西

はじめに

リアル桃鉄とは

テレビゲームでおなじみの「桃太郎電鉄」を実際の電車でやってみようという企画です。要約すると電車の駅を使ったスゴロクです。我々は「青春18きっぷ」(甘酸っぱい響きですね)を使用してJRの範囲でやっています。

本来の桃鉄は物件を買ったりしますが、社長でも何でもない下民の我々はひたすら目的地に向かって邁進するのみです。詳細は手順をご覧ください。

ルールQ&A

Q:どんな流れですか?
  1. 各チームが任意のJR駅にスタンバイ。
  2. ゲームマスターがランダムに目的地を決定する。
  3. 各自サイコロを振り、出た目の数だけ駅を移動する。
  4. 移動したらサイコロを2回振り、出た目に合ったカードを引く。
  5. カードの内容(以下イベント)を実行する。
  6. イベントが終わったら現在地とイベント結果をゲームマスターに報告する。
  7. 目的地に到着するまで3〜6を繰り返す。
  8. 目的地に到着したらスコアを計算する。また最も離れていたプレイヤーは貧乏神を着用する。
  9. タイムアップまで2〜8を繰り返す。
  10. タイムアップ時に最もスコアの低いプレイヤーは罰ゲーム。
Q:スコアの計算方法は?

誰かが目的地に到着した時点の現在地(移動中の場合は最も近い駅)から目的地までのJR運賃をマイナスします。

例)Aさんが目黒にゴール。
  Bさんはその時点で武蔵小杉
  Cさんはその時点で水戸付近を通過中。

武蔵小杉 → 目黒:380円
水戸 → 目黒:2,210円

Aさん:0
Bさん:-380
Cさん:-2210

Q:なにを持ってけば事足りますか?

最低限これだけあればなんとかなります。

  • 携帯電話 (ゲームマスターとの連絡用)
  • サイコロ
  • カードリスト
  • 貧乏神
  • 青春18きっぷ

あとこれらがあると便利。

  • 筆記用具 (メモするから。記憶力がよければ不要)
  • カメラ (レポート用。テキスト至上主義なら不要)
Q:おなかすきました。

ゲーム中はカードイベント以外で食べられるものが限られています。
すなわち、ビーフジャーキー氷砂糖のみです。
食べられるもの

Q:快速使ってもいいですか?

追加料金が発生しなければ何に乗っても構いません。その場合の移動数は列車の停車駅数に依存します。

(例)茅ヶ崎〜小田原間

   普通:茅ヶ崎→平塚→大磯→二宮→国府津→鴨宮→小田原(6必要)
   アクティ:茅ヶ崎→平塚→国府津→小田原(3必要)

Q:ケータイの路線案内って便利ですよね。

我々のリアル桃鉄では禁止です。人に尋ねる、時刻表を持ち歩く等のアナログな手段は制限しません。

Q:さびしがり屋だから他のプレイヤーとちょくちょく連絡したいです。

ゲーム中は他のチームとの連絡はNGとします。諸々の報告・連絡・相談はゲームマスターにお願いします。