教会の案内

知多教会の歩み

 知多教会は1953年(昭和28年)、P・T・ルーク宣教師夫妻によって宣教が始められた教会です。
 以来、知多市内の寺本、朝倉、古見、清水が丘といった場所を経て、1985年(昭和60年)つつじが丘に前の会堂が与えられました。
 そしてその地での27年にわたる教会活動の後、2012年、そこから1.6キロ離れた八幡新町に現在の会堂が完成しました。現会堂は創立当初の寺本、朝倉といった地に近く、かつての場所に戻ってきたと言うことができます。
 念願の駅近の立地、そして(充分とは言えませんが)駐車スペースも与えられました。
 今後はさらに広く知多市全域の方々、そして常滑線沿線にお住まいの方々に、聖書の真理とイエス・キリストの福音(よいしらせ)をお伝えしていきたいと願っています。
 お体の不自由な方にもお越しいただけるように、一階はバリアフリーとなっています。小さなお子さんから、ご高齢の方まで、みんなが、キリストの愛に根ざして、仲良く、楽しく過ごせる教会を目指しています。
 どうぞお気軽にお越しください。