Baby-2

作者:匿名

 

 私が近所の子供との間で特別な「愛情」を確かめるようになったのは、2年ほど前になると思います。

今から思えば、子供に何か特別な感情を込めて見るようになって4年の月日が経った頃でした。

初めの頃はまだ、自分の中では子供といっても特別に意識することはなく、ただ子供に好かれやすい性格で、近所に住む姉夫婦の子供の世話をよく頼まれていたという程度のことでした。

そんな平凡な生活に変化が訪れたのは、いつものように姉から赤ん坊の面倒を頼まれた事に始まります。

私にとって姪に当たる生後11ヶ月になったばかりの彼女は名前をサマンサといって、それはとても可愛らしい赤ん坊でした。

とても元気な赤ん坊で、母親が出かけたかと思うとまるで図ったかのように、オムツを濡らして騒ぎ出したのでした。

赤ん坊を預かるのですから当然の現象ですし、私は慣れた手つきで濡れたオムツの交換を始めたのですが、その時を境にして私の仲で何かが動き始めたのでした。

 

私は床にサマンサを仰向けに寝かせると、オムツを外し始めます。

腰の脇のテープを捲ると、小さく柔らかな曲線を描いた 裸のニャンニャンが目の前に現れました。

これが全ての始まりだったのだと思います。

私はそのあまりの可愛さに吸い寄せられるままに、彼女の脚の間に顔を埋め、ちいさな切れ込みを舐めました。

ああ、舌の上に広がるその味はとても甘く、私を狂わせたのです。

しかし、彼女はそんな私の変化に気づく様子も無く、ただじっといているだけでした。

私は、そんな彼女の様子を見てちょっと悪戯心を触発され、小さな脚にキスを浴びせかけました。

すると彼女はくすぐったいのか、小さな脚を揺らします。

私は その小さな反応が余りに可愛くて、いつしかその行為にのめりこんでいったのです。

再び私は顔を彼女の足の間にさし入れ、彼女の小さな切れ込みを舐め始めました。

ほんの数回舌を動かしただけで、私の舌いっぱいにはサマンサの甘い味覚が広がりました。

少し興奮気味になっていく私に対して、彼女は相変わらず興味なさげに只じっとしているだけでした。

そんな様子の彼女でも私が小さな脚や臀部に触れるとその小さな脚を動かして返事をしてくれるのでした。

ああなんて、可愛いんだ。

彼女の魅力に魅せられた私は、かつて無いほどに膨張し興奮していきました。

そして、そのかつて無い興奮は私を新たな行動に駆り立てていったのでした。

私は彼女をベッドに移動させると、急いで彼女の服を剥ぎ取り裸にします。

そして、ベッドの中央に寝かせると彼女を跨ぎ腰を屈めていきました。

脚の間に彼女を見下ろしながら、私は興奮の余り小さく脈打っているモノへと彼女の小さな手を導きます。

小さなその手が触れた瞬間、私のモノはより一層激しく脈打ちましたが、彼女はその様子が嬉しいのか笑顔を輝かせながら手に掴んで遊び始めたのです。

そこで私はさらに腰を進めて、先端が彼女の口元にくるように彼女の頭を起こして角度を調整します。

すると彼女はその目の前に現れたものを大好きなおしゃぶりとでも思ったのか元気に吸い始めたのです。

この小さな女の子。赤ちゃんのかわいらしい様子を想像してください。

私のシャフトを握っている彼女の熱い小さい手と私のペニス...そして先端を吸っている様子、

彼女が私の脈打っているディックの先端を吸う間、彼女は本当に私を『手で逝かせたのです』!

プレ絶頂が漏れ始め、サマンサの口の回りが汚れていくのには、それほど長い時間はかかりませんでした!

その理由は、確かに彼女は私のディックの先端を吸っていました。

でも、実際には私が作り出したジュースを飲みこんではいなかったのです。

単なる玩具として私のディックを咥えていたに過ぎなかったのです。

そして愛液が私のボールの中で爆発しそうになる頃になって、私はあることを思いつきました。

それは思い付きだったのかもしれませんが、私は迷うことなく実行に移しました。

それまで手元のクリネックスに伸ばしかけていた手が、サマンサの頭を押さえ込みます。

漏れ出している絶頂とサマンサの唾液が混ざった箇所からは、私のシャフトを溶かすような快楽が発生し

更に私を追い詰めていったのです、そのとき私は柔らかな髪の彼女をまさに性の道具として扱っていました。

そして私は、ついに私の腰が溶けるのを感じました。

律動的に送られる私のボールが彼女のtoo-small口に熱い白い絶頂のショットの後、撃ったので、私の骨盤は彼女の甘い小さい顔の方へ本能的に突き進みました!

私が想像したちょうどその時、私のデカは彼女の顔に、そして、彼女の髪に噴出しながらサマンサの小さい口に絶頂を溢し、そして、彼女のちっちゃな胸にまですべりました!

残りのショットが顔に、もしくは彼女の体にぶつかる間、サマンサは空中の彼女を越した強烈な絶頂ショット...を『驚き』の表情で見てみました。

突然の崩壊と爆発は最初永遠に続くかと思いましたが(その瞬間私はそれを望んでいましたが)、ほんの数瞬で途切れて噴出の勢いは止まりました。

しかし、私の脚元にいたサマンサにとってはそれは瞬間の出来事というには余りにも酷い惨状で、小さな顔はいうには及ばず髪の毛に至るまで私の白い愛液にまみれていたのです。

そんな彼女の姿を見れるようになる頃にようやく、私のモノ始めては柔らかくなりはじめていきました。

すると、なんと大人しくなった私とサマンサは再び『遊び』始めたのです。

彼女は白い絶頂にまみれた私のペニスの先端を面白そうになめ始めました。

彼女が全ての絶頂を舐め終わる頃には、私のディックは再びもう一つのセッションの準備ができていました!

当然ながら私はサマンサにもう一つのオルガスムを吸わせました。

それから、私は本当に楽しかった時間のすべての証拠と飛び散った絶頂を消し去ることに、その日の残り時間の全てを費やしたのでした。

 

 

そして、それからしばらく経ったある日、隣人の幼児8-月のベビーシッターを頼まれたとき、サマンサとの経験は遺憾なく発揮されました。

彼のおかあさんとおとうさんが彼を降ろしたとき、ロニーはすでに彼のパジャマとおしめの中にいませんでした。

ロニーが私の『赤ちゃん理論』をテストするために彼がおしめを汚すまで、私は待つことはありませんでした。

おかあさんとおとうさんが去るとすぐに、私は赤ちゃんをベッドルームへ運んで、彼を床に寝かせます。

私は、服を脱ぐと、お茶目な男の子と一緒にベッドに上がりました。

私がサマンサの経験から、私は私の足を広げて、彼らの間でほとんどロニーを配置しませんでした。

私の勃起は固くなっていました、そして、私がベッドに上がる頃には、私のへまは旗竿のようにまっすぐに突き出ていました。

私が希望を抱いて、彼が彼の新しい『おもちゃで遊び始めたので、ほとんどロニーが時間を浪費して。』、彼の小さい指は、きつく、それがそれを持ったように、私のディックにくるまれました私の勃起以外の何にでもす、おそらく、痛みます!

私は彼の口に私のペニスの先端を導きました、そして、それのようなそれの上で吸われるロニーは隠された母の乳でした!

私のペニスのまさしくその先端だけは彼の口の中にありました、しかし、それは私がまる1オルガスムに沸騰し始めるために私のボールのために必要とした全てでした!

私の絶頂は小さいロに向かってにまっすぐに撃ちました。

そして、彼の小さい口が扱えることができたより、最初のショットさえ多くでした!

彼が最初のショットに関してのどを鳴らした後、彼は離れため第二のショットは彼の顔に彼ののどと第3の後ろに当たりました。

私のディックは再びずきずきしました、そして、絶頂は彼の顔...彼の目をカバーすること際に、そして、彼の頬の下にありました。

もう一つの鼓動は、彼の髪とそれから彼のパジャマの正面を汚しました!

私のオルガスムが静まり始めたので、ロニーは彼の口の中の絶頂をのみこみ始めました。

それから、彼は彼の唇に絶頂で惨敗を開始しました。

私のディックが完全にくたくたになったので、ロニーが再び私のペニスの上部を吸い始めて、

そして、...再び固くならせ始められるコース...私のディックの!

私が再び来るまで、私は後ろに卵を産んで、赤ちゃんほとんどロニーにもう一10-分の間私のペニスの上部を吸わせませんでした。

今度は、最初に比べ少ない絶頂でした、そして、ロニーはよりよく私が今度は彼に与えたものをのみこむことができるようでした。

ロニーが私が彼の小さい口の方へ餌を食べることができたという全てをなめて、のみこんだあと、私はタオル(多くの時終わった)を湿らせて、私が『両親満足感と考えたものに彼と私自身をきれいにしました。』

赤ちゃんは、本当に素晴らしいです!

もしも貴方が私と同じように彼女らの魅力に導かれ、彼女たちに自分のディックを突き出し吸わたとしてもそれは決して驚くことではないでしょう。

 

さて、それでは私の近況でも一つ話しましょうか。

私は郊外に住んでいる友人の家を訪ねたときのことでも話しましょうか。

週末をその家で過ごすことになったのですが、その家には生後8ヶ月になる女の子がいました。

大人たちが庭のプールで楽しく過ごしているとき、私は水着の姿で彼女の部屋に入っていきました。

そして、彼女が眠るベッドに近寄る頃には、私の頭の中は『幼児フェラ』でいっぱいで、すでに股間のモノは硬く勃起していました。

私は、ベビーベッドの手すりを下ろし、私の水着を下げ、それから私の固いディックの方へ赤ちゃんの顔を向けました。

当然ながら彼女にはこれから何が始まるのかについて理解することなど出来ません。

私は小さな彼女の緊張を解きほぐすため、私の親指を彼女の口に差し込みます。

赤ちゃんは新しいおしゃぶりとでも思ったんでしょう、小さな口で一生懸命に私の指を吸い始めました。

その様子に安心した私は、私の指の脇にペニスを持っていき交換すべく行動をはじめたのでした。

私はペニスに彼女の小さい手を導きます、そして、彼女の小さい指は私のディックの回りにきつく巻きつきました!

見下ろすとそこには小さな赤ん坊が私のディックを吸っています。

私はたまらずに口から外れないように、小さく・そして忙しく腰を動かしていったのでした。

すると突然、若い女の子の声で声をかけられたのです。私は驚きのあまり逝ってしまいそうになった位です。

『ねえ、何をしているの?

それは赤ちゃんの8才になる姉でした、

まるで、彼女は魔法使いのように忽然と部屋の中央に現れたのです。!

私は瞬間振り向きました。そしていっぱいに口を広げて吸っている赤ん坊から、チュッという可愛らしい音を立てながら勃起したままのペニスを引き抜いて、声のする少女のほうに向き直ったのです。

私のずきずきしているペニスはオルガスムのちょうど手前の状態でした。

それは上向きにまっすぐで、赤く鼓動する状態でした!

少女は私のペニスをじっと見つめていました、そして、彼女の目は広かったです。

私は、私が彼女の赤ちゃん姉妹に若干の『不思議なジュース』を与えていると彼女に話して、彼女がそれの一部をためしたいと思うかどうか尋ねました。

(この点で、私は失うもの無くなりました...

私は、『逮捕されました』!)

少女は彼女が何をしなければならないかについて尋ねました、

そして、私は彼女が彼女のような私の『棒』を吸うならば、赤ちゃん姉妹がしていたと彼女に話しました...彼女に何人かがいることができました。

正直なところ、私は少女が部屋から叫ぶことを走らせるこわがったshitlessでした。

その代わりに、彼女は私に聞きました:

それって、私にも出来るの?

私がドアを歩いて、閉めたので、少女が見ていたので、私の勃起はside-to-sideから揺れていました。

彼女が彼女の口で『不思議な棒』に着くことができたように、私はひざまづいて降りるように彼女に言いました。

私は彼女の名前がなんていうのか、彼女に尋ねました、そして、彼女は私に『私の名前はヒース。』と答えました。

私は彼女にこれが特別なことで、誰にも話すことなく秘密にしなければならないと慎重に彼女に話します。

それが出来ないのなら、私は赤ちゃんに『不思議なジュース』を与えるだよと。

ヒースは、ジュースは自分がとると、そして秘密を守るを私に約束してくれました。

彼女はひざまずいた格好で私を見上げます。私はペニスの先端を彼女の唇に置き、ゆっくりと腰を進めていきました。

ああ、ヒース...は、不思議なジュースを求めて口に含み始めます、それは私を天国に導くものです!

私が彼女の熱い小さい口に私のペニスの上部をすべり込ませた。

ヒースは激しく私のペニスの先端を吸いました、そして、私は少しさらにそれを彼女の湿った口に押し込みました。

私が彼女の熱い小さい口を『ファックした』ので、私は彼女の頭の後ろを押さえ、手の中に彼女の柔らかい髪を感じました!

それが近付く滴ere、ヒース...は、全くそれをのみこもうとします!

プレ絶頂が絶頂の白い射手を噴出させることに変わったので、私は息を切らして言いました。

彼女が彼女がそうすることができたものをのみこんだので、絶頂はヒースののどの後ろを襲いました。

激しい噴出は彼女の口から溢れ、私のシャフトと唇の間からゆっくりとこぼれる様子を私は見つめていました。

噴出することは静まったので、ヒースは彼女の口の中の絶頂をのみこんで、それから私の柔らかくしているデカに彼女の粘着性の口からすべって落ちさせました。

彼女の小さい舌は絶頂で青ざめていました、そして、舌が、そして、動き回ったので、絶頂は彼女の唇と歯と舌の間で粘着性の白いベタベタの岸を作りました。

ヒースは彼女が赤ちゃんにいくつかを与えていいかどうか、私に尋ねました、そして、私ははいと言いました。

少女は、ベビーベッドまで歩いて、自分のものから、そして、彼女の顔から赤ちゃんの口に絶頂の一部を食事させました。

見て、彼女が私が再び赤ちゃんに『授乳する』ようにすることを望んだかどうか、ヒースに尋ねる間、私はもう一つの勃起を得始めました。

ヒースは、はいをうなずいて示しました。

私は、ベビーベッドに近寄って、赤ちゃんの口に私のペニスの上部をすべらせました。

赤ちゃんが吸い始めたので、私はヒースまで見て、彼女の小さい手が彼女の水着内部に下に置かれた、そして、彼女が彼女の小さい股をこすっていたということを知っていました

oes、私が赤ちゃんに授乳しているのを見ることは、あなたを気分がよくさせます?

私は、彼女に尋ねました。

彼女の小さい手が彼女のビキニ水着の一番下の一部の中に、下ってストロークしたので、ヒースははにかんで揺れました。

私は私が彼女を彼女の手が彼女の感じを作っていたより、『非常に』気分がよくさせることができると彼女に話しました、そして、彼女は私がどのようにそうすることができるかについて尋ねました。

私は、しぶしぶ赤ちゃんの口からの私のペニスの上部を引いて、8才のヒースの方へ曲がりました。

私が私のひざをつけて、彼女の足首までヒースの水着の底を引いたので、私のディックは熱く赤く、ずきずきしていました。

私が床に下って卵を産むように彼女に言ったように、彼女は彼女の足のあたりから水着をけりました。

ヒースは床に横になりました、そして、私は彼女の足の間でずり上がって、彼女の柔らかい裸の骨盤マウンドで、私の顔を埋めました。

私は彼女がマスターベーションすることからすでに湿っぽかった彼女の小さいニャンニャンをなめ始めました、そして、私は少女が彼女自身を与えた最初の時、これが彼女自身の小さい手からの喜びでなかったという感覚を持ちました!

私がのみこんでいた湿気から、私が話すことができたように、彼女のジュースは流れ始めていました!

今ごろは、私自身のオルガスムは再び始まっていました、そして、私は私のボールが熱い絶頂のもう一つの荷で締まるのを感じることができました!

私は、ひざまづいて起きて、彼女のものまで私の骨盤を動かしました。

古典的な『伝道の』スタイルでは、私は私のディックを彼女の小さい切れ込みのきつい、熱い隙間に入れました!

彼女の小さいニャンニャンがすでに私の唾と彼女からそれほど湿っていたので、彼女のきつい湿りに簡単に情熱、すべり込む私のペニス...の上部驚くべきことに、...を所有して!

彼女の小さいニャンニャンが許すより、私のディックが非常に大きいけれども、私が彼女の小さい膣に穏やかに私のペニスの上部を動かして、...ずっと...私が彼女を傷つけることなくそうすることができたのと、同じくらい深くそれを押し込むこと!

私が押し入ったので、ヒースはうめくか、しくしく泣きます。

うめきは、すすり泣く声が試み少しのより簡単なnにとって彼女を意味する間、私がより深く押すことができたことを意味しました。

結局、私は彼女のきつい小さいニャンニャンの中の私のディックのいっぱいの第3を持って、私のディックの非常にそれだけで前後に彼女とセックスし始めました。

ほとんど、私が絶頂に出発していると感じ始めるとすぐに、きつく私のおしりと彼女の小さい体をくるまれるヒースの足は私を彼女の方へ引っ張り始めました。

彼女の湿りは私のペニスがさらにそっと入り込む原因になりました、そして、私が彼女の処女膜ポップを感じるまで、私は押しました!

私のデカが彼女の処女性を越えてすべったので、ヒースはしくしく泣きました、そして、私は私の固いディックのシャフトに対して、暖かい女の流体の殺到を感じました。

私がそう深いこの少女とセックスするのは『間違っている』ということを知る間、私が私のディックの先端で彼女の腹にさわることができるまで、私は彼女に深い私の堅いディックを押しました。

それから、熱い絶頂のショットが彼女の小さいおなかを満たしたあと、私のボールは締まって、撃ちました。

私の抑えられないオルガスムが終わったあと、私は私が実際に8才の少女を『妊娠させたかもしれない』と理解し始めました!

しぶしぶ、私は私のディックを彼女のきついが、非常に湿った小さいニャンニャンから引き離して、愛液の残らずすべてのしずくをなめ始めました。

私が私が私の絶頂でもういない味がすることができるまで、私がそうすることができたのと、同じくらい深い彼女のニャンニャンをなめたので、ヒースは再び非常に興奮しているようになっていました。

私はちょうど私が絶頂より女の『ジュース』をのみこみ始めていたと理解し始めていました。そのとき、私は私の頭をつかんでいて、彼女の方へ私の顔を引き入れているヒースの小さい手にさわりました!

私は、私が彼女の足として私の舌を私の頭をくるんでもらうことができたのと、同じくらい深い彼女の小さいニャンニャンをなめて、彼女の中に深い私の顔をしました。

私は酸素の不足のためにほとんど呼吸することができませんでした、しかし、ヒースは彼女ににより深い私の顔をし続けました!

ついに、私の舌の先端が彼女の中に湿気を深みから飲んだので、彼女の足と彼女の体はこわばりました!

ヒースは、夜と私が私の舌が彼女の小さくて未熟なニャンニャン内部に、深い私の舌の結果としてあったので、それを知っている利益があるのを感じた第3の時間頃にのために来ました!

この時までに、あなたは多分、私が『吸っている赤ちゃんを私の話の上でまわりに『売り切れました』と思うでしょう。』、何も真実からより遠くはありえませんでした!

プールのそばで弱る2、3時間後に、私のディックを吸っている赤ちゃんの考えは、私の心をこれまで残しませんでした。

全て、それの後、私が元々するつもりでした私がそれほど『粗雑に』中断される前に』赤ちゃんの姉によって。

それはそうしなければなりませんの私のディックが再び『赤ん坊のような吸い込みを得ようと試みる準備ができていたおよそ5つのPMにす。』、私が洗面所を入って、使う時間であると決めたとき、私の友人はちょうどバーベキューを始めていました。

私は、入って、固い勃起をおしっこして、良い固いディックの上に私の水着を引き上げて、赤ちゃんの部屋まで進みました。

ヒースは、私が私が赤ちゃんの部屋を歩いたのと、同じくらいすぐに、彼女が私の後に正にそこにいたので、何をしているかについて知っているにちがいありませんでした。

私はヒースにドアを閉めるよう依頼しました、そして、彼女はそうしました。

私は、彼女が全てのジュースを得ることは公平でなかった、そして、それが赤ちゃんのために『健康だった』ので、赤ちゃんがいくつかを得ることは重要だったとヒースに話しました。

(私のディックは、両方ともでずきずきしていました赤ちゃんによって、そして、彼女の姉とセックスすることによって吸われることの。

しかし、私は罪のない小さい赤ちゃんによってsucked-offを得ることにより熱中していました!)

古い小さい8-年は、同意して、私が赤ちゃんに『授乳し』て役立たれるまで、彼女がドアを見ると言いました。

私は、ベビーベッドに近寄って、私の水着を私の足首の方へ引っ張って、それからベビーベッドのレールを下げました。

私はヒースで終わったように見えました、そして、彼女は彼女の水着の前面にすでに彼女の手を下って持っていました、そして、彼女の小さい手は上下に猛烈に中に動いていました。

私は私の親指を赤ちゃんの口に刺しました、そして、赤ちゃんは吸い始めました。

赤ちゃんが私の親指を吸ったので、私のディックはよりかたくなりました、そして、私は赤ちゃんの顔の方へ私のペニスを動かしました。

私のペニスの上部が私の親指のそばにあったように、私は私の骨盤を上に動かしました、そして、私が赤ちゃんの方へ私のディックの上部を押したので、私は私の親指を引っ込めました。

私が私の取り除かれた親指に彼女の唾の涼しい湿りを感じたので、赤ちゃんは私のペニスの上部を吸い始めました!

ヒースは、彼女の水着の中に深い彼女の小さい手で猛烈にマスターベーションしていました。

赤ちゃんが私の陰茎亀頭を吸ったので、私が彼女を気分がよくさせるのを手伝うことができたように、私はやって来るようにヒースに言いました!

私は、ヒースの水着の前面に私の手を置いて、彼女が下の方でどれくらい濡れているかについて、すぐに驚きました!

古い小さい8-年は明らかに私のディックを吸っている彼女の赤ちゃん姉妹を見ることによって、非常に流行に敏感でした、そして、私の手が彼女の熱い小さい地域にかかる頃には、彼女はオルガスム寸前でした!

私がオルガスム(彼女の小さい腿は私の手から生物をしぼっていました、そして、彼女はもじもじしていて、水から小さい魚のようにうめいていました!)に、ヒースに指を触れたので。

..

私は、赤ちゃんが私に影響を及ぼしているのを感じることができました!

私が赤ちゃんがプレ絶頂をのみこんでいるのを聞いたので、私のボールは再び締まり始めていました。

それは、私が永遠に続きたかったという感覚でした。

離れてあなたの前にちょうどあなたの岩...その瞬間を得ることはいき始めるより、あなたの岩を取ることのこの一部はよくさえあります、そして、あなたはあなたの胸にそれらの軽いバタフライを感じます!

最後に、私の体と私のペニスは、これ以上取ることができませんでした...

ヒースはぬれて私の手を運んでいました、そして、小さい赤ちゃんは私のディックを吸っていて、私のプレ絶頂を飲んでいました。

私は、やさしく私のディックの近くの赤ちゃんの頭を持って、私の荷物を撃ち始めました。

当面は、私は完全に赤ちゃんとヒースと恋をしていました、そして、世界で他の何も重要ではありませんでした!

もちろん、たとえ私がすでに今日3回も前に私の愛液を撃ったとしても、赤ちゃんが私が彼女に与えていた全ての絶頂...をのみこむことができるというわけでありませんでした!

それは、重要ではありませんでした。

速く、私のディックの、そして、赤ちゃんのベッドの上のシャフトの下で、彼女の口からにじみ出られるちょうどその時、私は私の愛液を赤ちゃんの口とそれに注がせました。

私が私の荷物を撃って役立たれたとき、私は彼女の口で全ての絶頂をきれいにするために向こうに私のディック、赤ちゃんの口と言われたヒースを引きました。

私は赤ちゃんをきれいにするように彼女に言いました、そして、私はベッド...をきれいにするように彼女に言いました、そして、自我はきれいにする(彼女の大好きな部分)ために彼女に私のディックを話しました。

全くヒースkicked-up絶頂、彼女は言われました、そして、彼女は特に幸せな彼女の人生で新しい男を作る極上の努力をしました。

私は、ヒースが全世界の中の最高の絶頂とディックlicker-upperであると記録のためにここで言います。

実際、私は彼女と結婚したいです!

 

Story5:

最後に、話は小さい近所少女についてあなたに撤rincessを話すことなく終了していません!

私が芝生を刈って役立たれたあと、私はある日最初に『妃殿下』に会いました。

私は、汗まみれで流行っていました私のショーツ、そして、彼女が私のヤードに、そして、彼女のかわいい小さい服装の中のデッキの上の上で来た時があまり『かわいい』と感じないこと。

『妃殿下』は、彼女の本当の名前ではありません...

私は彼女の本当の名前を知りさえしません、しかし、私は彼女が5才の知っています。

私は、冷えたビールと彼女の側副こんなに魅力的な小さい5-年女子卒業生を最もかわいいものに入れた後にデッキの上に私がこれまでに見たほとんど服装を座らせませんでした!

私がこれまでに想像することができて、言う、展hatが持つ最も信じられないパンチラの上で、彼女は私と与えることを横切って私から椅子の上であなたの名前を飛び越します?

私は、私の名前が『ジョーイ』であると彼女に話して、彼女の名前が何であるかについて尋ねました。

彼女が彼女の名前が『妃殿下であると私に話したとき、私はすでに私の勃起を得ていました。』

私が少女をどう処理したいかについて知って、私は彼女が私と中へ入りたいと思うかどうか、『妃殿下』に尋ねました、そして、彼女は言いました:

ure

私のデカは、その時本当に生きていました!

彼女が部屋を渡って歩いて、私の向かいにソファーに座ったので、私は彼女の裸の小さい足から私の目を防ぐことができませんでした。

iの彼女を尋ねられるiはやって来ることができて、彼女と座ることができました、そして、再び、彼女は言いました(鉄ure)!

私は彼女のそばに座って、彼女が何歳かについて、彼女に尋ねました、そして、彼女は彼女が5才であることを私に明らかにしている指ものをしました。

私はそれが大きいと彼女に話しました、そして、彼女は私が何歳かについて、私に尋ねました。

私は、彼には友人のために若い少女がいる限り、男性が何歳かは重要でないと彼女に話しました。

『妃殿下』は、それを笑いました。

私は彼女の本当の名前が何であるかについて、『妃殿下』に尋ねました、そして、彼女は私に言いました:

:

誰以外でもの…が私と呼ぶ妊ianne王女。

私の行動を起こすために神経を作り上げようとする間、私は茂みのまわりで打ったもので、時間をつぶしたものです。

私はします『ゲームをくすぐります』その他、他は糞をしました。

私は金に正に行くことに決めました、そして、私は私が彼女の足をこすることができて、彼女を気分がよくさせることができるかどうか、『妃殿下』に尋ねました。

私の良い感じの驚きは、彼女は再び言いました:

ure

私は、彼女の内股をこすり始めて、彼女のパンティに彼女の短い小さい服装内部に正に動きました。

私は、徹底的に彼女の切れ込みをこすりました服を着させます、そして、私が本当に素晴らしい彼女の感じを作ることができた、そして、彼女が言ったように、彼女が彼らを誘拐するならば、彼女を尋ねられる‖...あなたが、それを推測しました...

ure

妃殿下は、立ち上がって、彼女の短い小さい服装の下から彼女のパンティを下げて、彼女の小さい足を離れる彼らをけりました、そしてそれはどこで‖短い白足首ソックスと少女靴の私の大好きなフェティッシュを土をかぶせます。

彼女がソファーの上で下って深々と座ったので、私はすでに流れているプレ愛液を感じることができました!

私は彼女の足の間で床に降りました、彼女が私を見下ろして、彼女の小さい腿の間に私の顔を上に動かしたので、離れて彼らを私の手で覆ってください!

彼女が私を見下ろす間、私が彼女の天使の顔を見上げたので、私には助けられなかったです、しかし、その『王女』を考えることは前にこのルーチンによってありました!

彼女の父または多分彼女の叔父?

近所の多分少し他だろう人?

さて、それはたった今重要ではありませんでした!

彼女は全く満足しているようでした、そして、私は少女と私の岩を取っていました!

私は彼女の股まで私の顔を動かしました。そして、途中で彼女の柔らかい腿にキスしました。

私の舌が切り開かれる彼女の小さいニャンニャンを打つ頃には、私は私のショーツの下で私の下着を浸しているプレ絶頂を感じることができました!

私は、しばらくの間彼女をなめて、私がオルガスムに少女をなめることから知っているようになってもらう『少女もじもじすること』を楽しみました。

彼女がソファーから上で飛び出して、言ったとき、私はちょうどジュース『王女』をのみこみ始めていました:

yは、回ります!

最初は、私は打ちのめされました!

彼女が私の上で、そして、から離れて突然、飛び出すとき、私は私の『少女いやがらせ』の中にいました。

私の最初の反応は、私が『あまりに遠く』行ったということで、そして、多分、私が彼女をびっくりさせたということであったでしょう!

これに反して!

『妃殿下』は私が彼女にしていたもの...をすることは『彼女のターン』であると決めました、よりすぐに、彼女は私が私の足に上がるのを手伝いました彼女が1つの速い運動で私のショーツと私の下着を下げた!

私が知っている、『妃殿下』がさらにより難しい勃起に私のディックをなでている次のもの、小さい彼女の甘い物は、離れてちょうどインチに向かいます!

私は、愛液がちょうど私のディックの先端で彼女の息を感じることから私のボールにおいて沸騰していると感じることができました!

それから、彼女は私の足の後ろの上の彼女の小さい手を走らせて、彼女の小さい指を私のおしりのクラックに刺して、私のペニスの上部の上で彼女の口急落しました!

彼女は彼女が私のペニスの彼女の1本の手の小さい指が私のおしりの深さの中に深い自分のやり方を動かしたので先端でそうすることができたのと、同じくらい激しく吸いました、他の手はマッサージをしました本当に私のボールのあたりのの下で!

私のペニスが彼女のちっちゃな口に熱いプレ絶頂をじくじく出したので、私は私の手の両方とももつ彼女の頭の背中をつかんで、私の近くに彼女の小さい口を持ちました!

突然、私は私の胸...締められる私のボール...に蝶を感じました、そして、私の堅くされたディックは私の甘い『妃殿下』口に絶頂の熱い荷を撃ち始めました!

私はまだ彼女の本当の名前を知りません、しかし、『妃殿下』は少なくとも週に一度立ち寄って、私に人類に知られている最も信じられないフェラチオをします!

私がbonafide小児性愛者であるので、私がほとんどニャンニャンでないと私も私の『より親切な』フェラチオのために得る彼女の甘い物...の上でまだ私の毎週のひとなめを入れて、なんと生命が!

彼女が多分15または18または同類に変わるだろうまで、私は『妃殿下』をまわりで養います。

しかし、『妃殿下』が来ない日に、私はまだ私の『赤ちゃんフェラチオ』を捜しています。