LONDON CALLING #1
BACK TO INDEX BACK TO HOME

GAMES WORKSHOPでお買い物

Last Updated: 1999.12.20
 イギリスと言えば、『奈落のメタルマスター』でも紹介しているCITADEL MINIATURESの発売元、GAMES WORKSHOPの本拠地。
本場の直営店なら、日本では手に入らないキットもあるかも知れないし、何より安く買えるハズ!
 ガイドブックのショッピングコーナーには載ってないけど、ワタシにとってはココでの買い物がイギリス旅行一番の楽しみでした。

LONDON (CENTRAL)店

LONDON(CENTRAL)店 Unit F10, The Plaza Shopping Centre,1st floor, 116-128 Oxford Street.
Tel: 0171 436 0839

 地下鉄OXFORD CIRCUS近く、ロンドン1の繁華街オックスフォード通り(銀座に近いかな?)に面するPLAZAショッピングセンターの2F (イギリスで1st floorは二階。一階はground floor。紛らわしい)
 GAMES WORKSHOPの本拠地はイギリス中部のNottinghamですが、ロンドンの中ではココが一番大きいハズです。(新宿ボークスと同じくらい?)

LONDON(CENTRAL)店内  店内には大量のメタルフィギュア!
直営店なので、CITADELのみが置かれています。
WARHAMMER、WARHAMMER40000、NECROMANDA、GORCAMORGA、BLOOD BOWLなどが並んでますが、 扱い量はWARHAMMERでほぼ半分、40000がその半分、残りがその他諸々…ってカンジでした。

 ただ、残念ながら絶版アイテムは全くなし
旧パッケージすら残っていません。旧アイテムはメールオーダーのみとのコトですが、『指輪物語』や『エターナルチャンピオンズ』 シリーズのような版権モノは、もう期待できなさそうです。

 ハイレベルな塗装済みミニチュアも大量に展示されてます。

LONDON(CENTRAL)店内  客層は小学生がメイン。日本人と違って、英語がカベにならないからイイですよね。
 店内にはWARHAMMERの大きな対戦テーブルが2つ常設されてるので、ミニチュアを持ち込めば遊べるようになってます。
とにかく場所をとるゲームなので、こういう設備はカード系ゲーム以上に有り難いんじゃないでしょうか。

 お客さんが塗装なんかをするためのテーブルもあって(スタッフもそこで塗ってる)、"遊び場所" として機能した店内はイイ感じです。
 日本でもようやくようやくWARHAMMER日本語版が出ましたが、これからゲームを普及させるためには、 ただ売るだけではなく、こういう環境整備もやっていかないといけないでしょうね。

 ワタシも次回はミニチュアを持ち込んでプレイしたりしてみたいけど、いくらなんでもアーミー全部を持って行くのは 大変そう…。

LONDON(CENTRAL)店内  スタッフも子供中心の店だからか、とてもフレンドリー。
売り子というより、客と話をしたり、一緒にゲームをしたり、ゲーム・インストラクターとして働いています。
 ワタシも、店にいるうちに『WARHAMMER』を始めたくなったんですが、彼はアーミーを選ぶに当たって、 ルールの良く分からないワタシのために、いろいろ相談に乗ってくれました。
 彼らもホントにゲームが好きなようで(彼はリザードマン好き)、営業っぽい押しつけ感が無いのがイイですね。

彼に日本の販売価格を話したら「日本じゃそんなに高いのか!」と本気で驚いてました。
 ちなみにワタシが選んだのは傭兵部隊『DOGS of WAR』。

KENSINGTON店

KENSINGTON店 Shop 7, Lancer Square, Kensington Church Street, London
Tel: 0181 937 7011

 最初に向かったのは、地下鉄HIGH STREET KENSINGTON駅近くのKENSINGTON店。
 が、この店はちょっと小さく、出来たばかりだったので、すぐ別の店に向かってしまいました。

 でも、この辺りは静かで洒落た街(青山とか、そんなカンジ?)で、ロイヤルアルバートホールやケンジントンガーデンも 近いので、散歩するには最高ですよ。

散財結果 - こんなに塗れるのか?

散財結果  で、結局こんなに買っちゃいました。上から、

GOLGFAG'S MERCENARY OGRES オーガ鬼の軍団。
AL MUKTAR'S DESERT DOGS イスラム系騎馬部隊。
THE BIRDMEN OF CATRAZZA 空飛ぶ狙撃部隊。
LEOPOLD'S LEOPARD COMPANY パイク(長槍)部隊。
BEARMEN OF URSLO 半獣人部隊。
MYDAS THE MEAN 傭兵のスポンサーと金庫馬車。
あと、写ってないですが、
BORGIO THE BESIEGER 傭兵の将軍。

これ以外にも、ルールブックや塗料も買ってます。2度目の旅行でも同じくらい買ってしまいました(バカ)。

 が、帰国後チェックしたら一部パーツの欠品が判明!
 GAMES WORKSHOP UKに欠品の一覧をFAXしたら、一週間ほどで不足分を送ってくれました(無料)が、 箱入りのミニチュアは買ったその場でチェックするコトをオススメします。 せっかく店内にテーブルがあるんですから。

 また、大量買いした場合は、VATの免税手続きもしてもらいましょう。気持ちよくやってくれます。
詳しくは、『地球の歩き方』などのガイドブック参照。


その他のメタルフィギュア関連店舗

ORCS NEST  ロンドンでもう一件見つけた店舗、ORC'S NEST。ミスリルの取り扱い店舗一覧から 見つけたのですが、大昔のWHITE DWARFには広告が出ていた店ですね。
 ココではミスリルを仕入れようと思っていたのに、扱っていませんでした。 何ででしょ?
 CITADELも無く、店員さんもちょっと怖そう(ウォシャウスキー兄弟系)だったので ちょろっと見て出てきてしまいました。



ワルダー  ショーウィンドーには、ナゼか『キカイダー01』のワルダーが…

 この他には、ウェールズのブレコン・ビーコン国立公園にあった土産物屋に、WARHAMMERの ボックスものがいくつかあった程度でした。
 ロンドンでは、CITADEL以外のメタルを手に入れるのは難しそうです。やはりこちらでも、 通販などが主流なんでしょうかね。


BACK TO INDEX BACK TO HOME

copyright by Yasuhiro Iwasa