LONDON CALLING #2

キャラもの探して

絆創膏  サンダーバード、ウォレスとグルミット、機関車トーマス… イギリス生まれの人気キャラは沢山あるのに、 アメリカもの(ディズニーとか)に比べると、グッズ関係が入手し難いような気がします。
 『ピーターラビット』、『アリス』、それに『くまのプーさん』みたいな古典しか取り上げない日本のガイドブックでは 見つけられない、ソニープラザ系キャラグッズを探せ!

BOOTSで買った絆創膏→


ウォレスとグルミットなら "BOOTS"

BOOTS  大収穫だったのはウォレスとグルミットもの。

 狙い目なのはBOOTS。どこにでもある薬局ですが、キャラグッズやお菓子、 サンドイッチ(イギリス風の黒っぽいパンで出来ててウマイ)まで売ってる上、店内もオシャレなので、 マツキヨよりはソニープラザに近いカンジです。ホントにどこにでもあるので、輸入雑貨好きなら必見です。

 ただ残念だったのは、イギリス製強力ミントキャンディー、FISHERMAN'S FRIENDが売ってない!
日本未発売の「青」(最強の辛さ)を箱で買って帰るつもりだったのに、結局発見できませんでした。

BOOTS店内
 BOOTS店内、お菓子売場です。

 ウォレスとグルミット関連グッズは、BOOTSブランドで色んなモノが発売されてました。
 ココだけ見ると、ホントにソニープラザみたいですよね。

 お菓子はちょっと高いけど、ちゃんと作品を分かって作ってるパッケージの凝りかたが最高です。
 ただ、日本に持って帰るにはかさばりすぎるモノばかりなので、今回は買いませんでした。
 あー、でもやっぱイイなぁ…。買って帰ればよかったかなぁ…


BOOTS店内
 ↑の棚にもちょっと写ってますが、ウォレスとグルミットの他には、テレタビーズものが色々ありました。
 テレタビーズはBBC2(教育テレビ)の子供向けぬいぐるみ番組(薄気味悪いにこにこぷんってカンジ) で、日本でも「次はテレタビーズ」とか言われてますけど、多分日本じゃウケないでしょうね。
 ただし習慣性あり
 …と思っていたら、TV東京系で好評放送中ですね、テレタビーズ。
 子供のビデオ部分が日本のオリジナルになったのは驚きでした。

 現在、BOOTSは日本進出を果たしています。
 原宿、銀座、吉祥寺などに店舗が出来ましたが、キャラものはクリスマスシーズンに 限定入荷していました。
 けっこうなペースで売れていたので、是非とも常時取り扱いして欲しいところです。
 (イギリスのBOOTSでも、こういうものはクリスマス中心なので無理かも知れませんが)

ナマ物に注意!

チーズ  買い物でちょっと失敗してしまいました。

 コレはKnightbridgeのオシャレ系デパート、Harvey Nicholds 5F食品売場で見つけた ウェンズリーデール・チーズです。

 コレは劇中にも出てくるチーズですし、周りがロウで固めてあったりしてイイ感じだったので、 「要冷蔵」を無視して持って帰ろうとしたところ、トランジットの香港国際空港がなんかチーズ臭い (ヨーグルトっぽい、いい香りですが)んですよね。で、調べてみたらロウのすき間からヘンな液体が!

 手荷物のビニール袋に入っていたので、他への被害は無かったんですが、「さすがにコレはマズイ!」 と思って香港でゴミ箱行きにしてしまいました…。

 こんなコトなら、ブーツでもっとフツーのお菓子を買っておけば良かった…。  出発ギリギリに買って直行便で帰るなら何とかなると思いますが、生モノの持ち帰りには十分注意して下さい。
 ロンドンで写真撮っといて良かった… つーか、そこで食べときゃ良かった!



絶滅? サンダーバード

 ワタシが一番好きなTV番組だった『サンダーバード』。2000年には映画(実写版っていうのが不安。しかも最近全く噂を聞かないのがもっと不安…)も公開される位ですから、 サンダーバードも日本のウルトラマンのような定番的地位を確保してるんだろう、と思ってたんですが、関連グッズは なにひとつ発見出来ませんでした。
 日本の方が、UFOキャッチャーやらイマイのプラモやら何やら、はるかにグッズに恵まれてます。
ひょっとして流行ってないんでしょうか?、サンダーバード。

 マニア向けの店なんかに行けば、色々置いてあるのかもしれませんが、そういうマニアックな情報を現地で仕入れるのは 楽じゃありません。サンダーバードに限らず、マニアックなモノを探しに行きたいなら、日本にいるうちに出来る限りの調査を しておきましょう。せっかくインターネットもあるんですから。

NEXT  INDEX HOME

copyright by Yasuhiro Iwasa