DOCTOR IWASA'S WORLD TOWER  > TRAVELLING  > LONDON CALLING
 新宿のアイリッシュパブで初めて飲んだ、樽詰めのギネスキルケニー
 飲み終わるまで無くならない、クリームのような泡の下から喉を通る濃厚な味。
 日本のビールはもちろん、缶のギネスとも全く違う味にすっかりハマって以来、本場のパブで飲むのを楽しみにしてました。

 「イギリスのビールは生ぬるくてマズイ
 なんてハナシも聞きますが、本当にぬるいんでしょうか?

[ とりあえず入ってみる ]
アールズコートのパブ
ロンドン街角のパブ
 地下鉄『アールズコート』駅近くのパブRAT & PARROT
 こういうのが街中いたるところにあり、いたるところで飲めます(笑)。
 このパブはチェーン店らしく、ロンドンの数カ所で見かけました。
 ロンドンには、街中にやたらめったらパブがあります。
 交差点に立ってぐるっと見回せば、必ず2〜3件は看板が見つかりますから、東京のコンビニより多いかもしれません。

 どの店もトラディショナルな渋い雰囲気なので、街並みのいいアクセントになっています。
 ホントに、ただ散歩して、道々のパブを眺めて歩くだけでも、十分に楽しいんですよね。

 パブの中は、ビールサーバや酒瓶が満載の、大きな木のカウンターを中心に、簡単なテーブルとソファーがいくつか、 それにスロットマシーンやビリヤード、ダーツなどの娯楽系マシンも並んでいます。
 グループでテーブルを囲む人、カウンターでバーテンと話す人、一人で新聞を読みながら飲んでる人と様々なので、 一人で入っても、アローン・イン・居酒屋のような居心地の悪さを憶えるコトはありません。

ニューポートのパブ
ニューポートのパブ
 ウェールズ入口の街、ニューポートニューポートで最古のパブ(自称)。
 ココに限らず、夏は多くの店先に花が飾られ、とてもキレイでした。
 ロンドンではあまり見かけなかったチューダー朝風(でいいのかな?)の建物も雰囲気でてます。

 パブがやたらにある分、客層や雰囲気も様々です。
 パッと見は同じ様な古い建物なのですが、ロックがガンガンかかってるクラブっぽい店、静かで親子連れもいる店、スポーツ中継で盛り上がる店、逆に「フットボールユニフォームお断り」の店など、棲み分けが出来ているようでした。

 中でも凄いのはスポーツパブ。妹はプレミアリーグ『チェルシー』ホームスタジアムのすぐそばに住んでいたのですが、 試合当日にスポーツ中継を観る客の熱気はハンパじゃなく、とてもじゃないけど観光客が一緒に 盛り上がるような余裕はないようです。
 ワタシもチェルシーの試合直前にパブの前を通りかかったのですが、チームカラーの青い服を着た人たちが店の外まで溢れかえっていました…。

 中に入って嬉しかったのは、内装と外の景色がキッチリ繋がってるコトでした。
 黒っぽい木枠の窓越しに見える、白い石造りの建物に赤いバス。街のどこにいても、「いかにもロンドン」 っていうカンジの景色が楽しめます。

 夏場は、店外のテーブルで飲むのも最高に気持ちイイです。サマータイムの頃は夜9:00過ぎまで明るいですし、 イギリスの夏は日本のような蒸し暑さは無いので、濃いビールを飲むのに丁度いい気温です。



[ 注文してみる ]
シャーロックホームズにて
シャーロックホームズにて
 偶然見つけたパブ『シャーロックホームズ』には、こんなビールもありました。このようなハンドルの長い装置に入っているのは、炭酸の少ない、あまり冷えてないタイプです。
 この日は夏とは思えない寒さだったので、ビールじゃなくてアイリッシュコーヒーを注文。
 写真上方の丸いモノは、ウィスキーなどの瓶モノの栓。
 注文はカウンタで直接行い、モノと引き替えにお金を払います。
 カウンタには、ビールラベルの付いたサーバー(ビアホールにあるようなレバー付き蛇口)が並んでいるのですが、 感心したのはその種類の多さ。どのパブでも、10種類以上のビールが常備されていて、 しかもパブごとにビールの種類が違うんですよね。とても一回で全部制覇出来る種類ではありません。
 見たこともないラベル群を目にした観光客に出来るのは、とりあえず飲んでみるコトだけです。

 ビールの単位は"pint"(パイント)。1パイント=500ml程度のグラスなのですが、ハーフのグラスもあるので、 カウンタのビールラベルを指さして、"A pint of this"、ハーフなら"A half pint of this"で注文できます。
 1パイントで2.5ポンド(500円)前後でした。

 ビール以外にも、サイダー(リンゴ発泡酒。ニッカ『シードル』みたいなモノ)、バドワイザー等の瓶モノ、 ウィスキー、ワイン、ソフトドリンクなど、ホントに沢山の飲み物がありましたが、やはり人気なのはエール系のビール。
 カクテル類なども、メニューが無くても、日本人が知ってるようなメジャーなモノなら作ってくれます。  みんなガブ飲みせず、一杯を楽しんでいるようでした。大体1/3位飲んだところで止めて、あとはそのまま粘っている人が多いですね。単にケチなだけかも知れませんが(笑)。


[ 冷たくなくても問題なし ]
パブ入り口
アイリッシュパブ
 帝国戦争博物館そば。地下鉄Lambeth North駅から博物館に向かう途中にあります。
 カウンタで迷っていたら、ちょっとずつ試飲させてくれました。
 内装も歴史を感じる雰囲気でしたし、ロックじゃなくてアイリッシュトラッドが流れてたのもウレシイ。
 昼休みにスーツのサラリーマンが大勢飲んでたのはビックリ。
 滞在中は出来るだけ、見たコトない銘柄を中心に飲んでいました。
 というより、ギネス、キルケニー、バド、フォスター(オーストラリアのビール。意外にも、ほとんどの店にありました)以外は 見たコトもないようなモノばかりでしたが。

 良く飲んだのはビターと書かれた褐色・低炭酸・高アルコールのビールで、酵母っぽい、複雑な味がしました。
 コレもブランドによって味が様々で、ウマイのもイマイチなのもありましたので、最初は口に合わなくても何種か試してみるコトを おすすめします。

 ラガーやギネスはきちんと冷やしてあるのですが、ビターはほぼ常温のモノが多かったですね。
 イギリスは寒めですし、年間の気温差も日本ほど激しくないので、この位の温度がビターを楽しむ適温なんじゃないかと思います。ゆっくりと飲んでも、あまり温度も変わりませんし。
 ただ、イギリスでも暑い日は暑いので、どうしても冷えてるのが飲みたい時は、ラガーか、それと同じ機械にセットされてるモノを注文しましょう。

ビター1パイント
ビタータイプのビール
 これで1パイント。

 しっかりしたモノが飲みたいときは、ギネスなどのスタウト(黒ビール)がいけました。
 泡がしっかりしているので、バーテンさんはグラスにゆっくり注いでからしばらく放置。ビールの黒と泡の白が完全に分離したことろで、最後にグラスを回しながら、ツッ・ツッ・ツッと3回注ぐと、泡に三つ葉のシャムロック模様が付くのが楽しいですね。


 

DOCTOR IWASA'S WORLD TOWER  > TRAVELLING  > LONDON CALLING トップページへ