LONDON CALLING #6
BACK TO INDEX BACK TO HOME

博物館を覗いてみる〜 その他の博物館編

Last Updated: 1999.12.12

 戦争物以外では、こんな博物館に行ってみました。
 こちらも、詳しい行き方や入場料などは各種ガイドブックをご覧下さい。

デザインミュージアム Design Museum

- リバーフロントのオシャレな博物館 -
デザインミュージアム外観  再開発が進む、テムズ川の倉庫街(東京のウォーターフロントと同じようなカンジ)に 最近作られた、工業デザインの博物館。
 こじんまりとした建物に、ダイソンの掃除機やニコンCoolPix900、その他雑多な工業製品が 展示されています。(写真は企画展より)

 ミュージアムショップには、ファミリーマートでおなじみ無印良品(MUJI)が並んでました。 イギリスでも結構人気があるようですが、こういうトコにあるとハクが付きますね(笑)。
(そういえば、セブンイレブンの『スタルク』は完全撤退しちゃったんでしょうか?  けっこう期待してたんですが…)
 デザイン系の学生などは別として、わざわざココだけのために行く程でもないかな? という気もしないでもないですが、周りの街はオシャレな上にそれほど混雑していないので、 散歩がてらに行くにはいいトコだと思います。

シャーロック・ホームズ博物館

- ホームズのアパートに遊びに行く -
シャーロック・ホームズ博物館  ベーカー・ストリートにあるシャーロック・ホームズ博物館は、ホームズのアパートを再現した というノリのこぢんまりした建物です。
 パネルや説明文はほとんど無く、分かるヒトには分かる小道具類が室内に置いてあるのですが、 ワタシはあんまりホームズに詳しくないのでよく分かりませんでした(笑)。

 でもアパートは可愛いですし、暖炉のある居間(電球じゃなくて、ちゃんと薪です)もいいカンジなので 「他人の家に遊びに来た」という見方で歩くと面白いと思います。
(この日は冬の夜で、ガラガラだったせいもありますが。混んでたら入らない方がいいかも知れません)  

グリニッジ天文台

- 経度0の町 -
 ロンドン郊外、テムズ川を下った所に、グリニッジ標準時で有名な 旧王立天文台の跡地があります。
 現在の天文台は、もっと田舎の方に移転したようで、ここは純粋に博物館として公開されているようです。
 まだドームが無い頃の天文台は、貴族の別荘といった趣の洒落た建物で、ジュール・ベルヌのお話に出てきそうな 雰囲気を感じさせてくれます。



大英博物館 The British Museum

- 見たいモノだけ見にいこう -
大英博物館外観  あまりに有名な、世界を代表する博物館。
 凄いのは間違いないのですが、あまりにも大きすぎて1日ではとても回れません。 また有名すぎで混雑しており、あまり落ち着いて観ようという雰囲気でもありません。
 そんなワケで、個人的にはあんまりオススメしません。他にも面白くてゆっくり観られる博物館は沢山ありますし。
 エジプト関係(ココが一番混んでますが)など、どうしても観たいモノがある場合は、 そこだけに絞って観るコトをおすすめします。
(ワタシは半日ほどかけて、エジプト系やロゼッタストーンを見ましたが、それだけで疲れました)

 1999年は「ミレニアムの準備」というコトで、工事中の博物館が多くありました。
 夏の段階でもまだ工事真っ最中でしたので、全部が2000年までに片付くとは思えないのですが、 来世紀には新装オープンにこぎつけるのではないでしょうか。

BACK TO INDEX BACK TO HOME

copyright by Yasuhiro Iwasa