ぼくらがここにいるふしぎ。
rouge / Flyingshine 2002年

以前から少しだけ気になっていた作品。というのも、本作の企画・シナリオがかつて「Lien〜おわらないきみのうた」で素晴らしい物語を披露してくれた荒川工氏によるものだったからです。Web上の評価ではあまり芳しくないようでしたが、中古でお手頃価格だったし、ものは試しでやってみました。
ちなみに、rougeというブランドはもう存在していないようです。

グラフィックを含めたゲームデザインは、2002年という制作年度を考えたらあまりほめられたものではありません。それより一時代前のゲームという印象を受けます。
原画は、非常にクセがあります。そして、イベントCGなどを除いたら、各キャラのふだんの立ち絵CGというものが事実上存在しません。…じゃあどうするかといえば、デフォルメされたフェイスウインドウみたいなのが画面中央に並べられて、その表情のバリエーションでテキストを補強するという仕組みになっています。そして、背景CGは写真か何かをそのままちょちょいと加工したもの。見方によっては、手抜きに見えなくもないです。
…まあ、こんなものだと思えば何とも思いませんし、もともと自分はシナリオ・テキスト目当てだったもので特に腹は立ちませんでしたが、CG・グラフィックに普通程度の重きを置く多数のプレイヤーにとっては噴飯ものではないでしょうか。イベントCGの枚数も不十分です。

音楽は地味ながらなかなか味があります。特に、スタートメニュー画面で流れるピアノ曲は、本作の持つ不思議な雰囲気を絶妙に表現していて、よくできていると思いました。

幻の蜃気楼を見ることができる主人公・新一と、その二人の幼なじみの女の子が核となって進んでいく、ちょっと不思議な物語。現代版おとぎばなし的なものと言ってもいいかもしれません。ネタそのものはそれほど目新しいものではないですが、テキストの随所に心の奥を切なくくすぐるような独特の表現がなされていて、深い叙情性を感じます。このあたりのセンスある語り口は、荒川氏ならではだと思います。
対してふだんの日常シーンではギャグのオンパレード。だいたいにおいてアクの強い個性を持つヒロインやサブキャラ達のぶっとんだ言動に対して新一が律儀に冷めたツッコミを入れていくというスタイルです。これまた独特の笑いのスタイルなので好みはわかれるところでしょう。自分としては結構楽しめました。
なぜか妙にハマッたのが、「便宜上ティム・バートン」。

攻略順は決まっているようで、1周目は「深町未生」、2周目は「藤臣珠子」で固定、3周目からはこの二人と各サブキャラ全てのルートに分岐できるようになっています。
テキスト分量は非常に少ないです。シナリオらしいシナリオはメインヒロインである未生と珠子だけで、あとのサブキャラルートはエッチCG回収がメインの本当のオマケ。そして、そのメインシナリオ2つですら何だかよくわからないまま突然ふっと終わってしまった、みたいな印象を受けるものだと思います。不思議なものを不思議なままあえて曖昧に終わらせるというのはひとつのスタイルとしてアリなのでしょうが、よほど好意的なプレイヤーでもない限り、一般的にはやはり中途半端で欲求不満な気持ちを抱いてしまうのはやむを得ないところではないでしょうか。私などもそのかなり好意的なプレイヤーに分類されると思いますが、それでももう少し全体的に練ってほしかったというのが感想です。世界観や雰囲気は非常に興味深いだけに、あともう2、3歩踏み込んで仕上げてくれたら、すごくいい作品に化けていたでしょう。
失礼ながら、全てが未完成なまま世に放り出してしまったという感じ。

グラフィック面の弱さといい、シナリオ面の物足りなさといい、正直商業作品としては評価が難しいです。どちらかというと同人作品みたい。
捨てがたいセンスは感じるものの、それを作品内で十分成熟させられていません。惜しいですね。


ルート別ネタばれ感想