エルガー・ルート(Elgar Route)



 1857年にブロードヒースで生まれ、1934年にウースターで生涯を閉じたエルガーは、ロンドンやヘリフォードなどに暮らしたほんの数年間を除いて、人生のほとんどをこの地で過ごした。

 ここにはエルガーゆかりの地が数多く存在し、ウースター市とモールヴァン観光局によって、そのゆかりの地を巡るための案内板が設置されている。この全長約72キロにも及ぶ「エルガー・ルート」と名付けられた案内板を辿って行けばエルガーゆかりの地の大部分を廻ることができる。観光案内所で入手したリーフレットによれば、全部で48ポイントものスポットが紹介されている(サイン・ポストの数は63)。

 自動車を使うしか方法はないが、これらを全て廻ったら1週間はかかってしまうだろう。しかし主要なポイントに絞れば1〜2日で廻ることは可能である。

 この「エルガー・ルート」の中で外せないポイントとして、まずブロードヒースのバースプレイスをスタート地点として、ウースター中心部にある銅像、ウースター大聖堂、エルガーが没した家「マール・バンク」。《ゲロンティアスの夢》作曲の家「バーチウッド・ロッジ」は、ウースターからモールヴァンへ向かう途中で立ち寄りたい。

 モールヴァンでは、2つの家「フォーリ」と「クレイグ・リー」、グレート・モールヴァンの街は勿論のこと、時間さえ許すならモールヴァン・ヒルにも登りたい。最後のゴール地点として、エルガー・ファミリーの墓所があるセント・ウルスタン教会といったところ。



                                戻る