モールヴァン・リンクの家「フォーリ」(Forli) 

 エルガーが住んだ年代=1891〜1899

 <ここで作曲された主な作品>

  弦楽奏《弦楽セレナード》(1893)
  カンタータ《ブラック・ナイト》(1893)
  オルガン曲《オルガン・ソナタ第1番》(1895)
  オラトリオ《生命の光》(1896)
  カンタータ《オラフ王》(1896)
  管弦楽曲《英国行進曲》(1897)
  バラッド《聖ジョージの旗》(1897)
  管弦楽曲《エニグマ変奏曲》(1899)


 アリスとの結婚後、作曲家としての成功を夢見て首都ロンドンに乗り込んだものの僅か2年で挫折を味わうことになったエルガーは、モールヴァンへ舞い戻りモールヴァン・リンクの「フォーリ」へと落ち着く。名前の由来はイタリアの画家メロッゾ・ダ・フォーリから来ている。ここでエルガーは、しがない一音楽教師へと逆戻りするしかなかった。そんな仕事についてエルガーはこう言っている。「脱臼した肩で石臼を回すような苦痛だ」

 しかし、周りの豊かな自然に満ちた環境と良き友人たちに囲まれて、創作の扉が一気に開かれたかのように作品を次々と産み出し始める。そして、1899年に作曲された《エニグマ変奏曲》によって彼は念願であった作曲家としての名声を手にすることになった。庭先には「ニムロド」と名付けられたテント小屋があり、1897年のヴィクトリア女王即位60周年記念の《英国行進曲》は、このテントで作曲されたという。この「ニムロド」テントも「フォーリ」と共に現存している。「フォーリ」を訪ねた際には「ニムロド」を見ることもお忘れなく。少し離れた場所にあるので見落としてしまう可能性がある。


地図

大きな地図で見る

戻る