ハムステッドの家「セヴァーン・ハウス」

 エルガーがここで暮らした時期=1911〜1921年

 <ここで作曲された主な作品>
  カンタータ《ミュージック・メイカーズ》(1912)
  交響的習作《ファルスタッフ》(1913)
  管弦楽曲《カリシマ》(1913)
  管弦楽曲《ソスピリ》(1914)
  カンタータ《英国精神》(1916)
  劇付随音楽《スターライト・エクスプレス》(1915)
  バレエ音楽《真紅の扇》(1917)

 「セヴァーン・ハウス」はケンウッド音楽祭が開催される街ハムステッドにある。ハムステッドはロンドン中心部から鉄道で20分ほど北に位置する住宅街である。この街は19世紀には詩人バイロン、シェリー、キーツ、画家ゲインズボロらが好んで住んでおり、芸術にはゆかりの深いものがある。夏目漱石も一時この街に暮らしたことがあるが、エルガーが暮らした時代とは少しの食い違いがあるため、2人がこの街で顔を合わせたことはなかったと思われる。

 小ぢんまりとした街並みを抜けると閑静な住宅街へと出る。ここに故郷セヴァーン川に思いを馳せて名付けた「セヴァーン・ハウス」がある。観光案内所はないので、地元の不動産屋で道を聞くと親切に場所を教えてくれた。

 現在は建て替えられているが、エルガーの住んでいた当時には専用の音楽室とビリヤード室まであったという。この家でエルガーは第1次世界大戦を迎えた。また1914年初めて自らの作品の録音を行ったのもこの家に住んでいた時代である。ここでエルガーは最後の輝きとも言える作品の数々を残している

 
エルガーの仕事場的に、この「セヴァーン・ハウス」は適していたが、ロンドンの喧騒にウンザリしていたので、夏の間セカンド・ハウスとしてサセックスの山荘に滞在するようにした。妻のアリスの健康もすぐれなかったということもあり、その静養を兼ねるという意味合いもあった。しかし1920年4月7日、この家でアリスが亡くなってしまうのである。悲しみにくれたエルガーは、この家の地下のビリヤード室で一人寂しく顕微鏡を覗く毎日だった(地下室に置かれたビリヤード室は、この頃のエルガーの趣味であった生物学の実験室となっていた)。翌年いたたまれなくなったエルガーはこの家からの転居を決意する。戦争と愛妻の死という辛い体験をした家だけに、どこか悲しみに満ち溢れた雰囲気が感じられた。


地図



大きな地図で見る
                          戻る