セント・ウルスタン教会



 グレート・モールヴァンの街からヘリフォード方面に向かう途中のリトル・モールヴァンに1862年に建てられたセント・ウルスタン教会がある。とても小さな教会で、よく注意していないと気がつかないで通り過ぎてしまいそうになる。ここにはアリス・エルガー(1920年没)、エドワード・エルガー(1934年没)、キャリス・エルガー・ブレイク(1970年没)の墓所がある。セヴァーン地方の美しい大地が眼前に拡がる場所にひっそりと墓石はあった。この墓石は、モールヴァンの建築家で、エルガー一家とは家族ぐるみのつきあいをしていたトロイト・グリフィス(《エニグマ変奏曲》第7変奏のTroyte)のデザインで建てられた。これまでウィーン中央墓地のベートーヴェン、ブラームス、J・シュトラウスらの墓、ザンクト・フローリアンのブルックナーの墓にも行ったことがあるが、それらの作曲家の場合とは全く違う感慨深さを感じずにはいられなかった。これらの作曲家の墓所に比べると何と質素で、辺鄙な場所にあるのだろうか。やはり、こんなところにもエルガーが最後まで庶民としての視点を忘れなかった「等身大の親しみ易さ」が感じられる。エルガーほどの功を成した人物なら当然、ウェストミンスター寺院に埋葬される資格は充分ある。しかし彼は愛するアリスの傍らで眠ることを望んだ。98年7月に訪れた時、墓石にはデヴィッド・オースティン作出(1992)のイングリッシュ・ローズ「サー・エドワード・エルガー」が飾られていた。近年、エルガーのバースプレイスを訪れる日本からの旅行者は増えたようだが、墓所にまで行く人はさすがに少ないようである。しかし、バースプレイスだけでなく、ぜひこのウルスタン教会にも訪れてほしいものだ。ここでは飾らない素顔のエルガーが迎えてくれるような感じがする。


「キャロライン・アリス・エルガーの魂のためにお祈りを。
彼女は、ウースターの『ハゼルダイン・ハウス』のヘンリー・ジー・ロバーツ K.C.B.の一人娘で、エドワード・エルガーによって深く愛され敬われていた妻である。
1920年4月7日ハムステッドにて没。
安らかにここに眠る。

エドワード・エルガー。
1857年6月2日生
1934年2月23日没」
(エルガー家の墓碑銘文より)

「ようこそ当教会の庭へ。この静かで平和な場所をどうぞ楽しんでいって下さい。
『音楽はあなたを取り巻く空気の中にあり、好きなだけ取り出すことができるのです』
1904年エドワード・エルガーはこのように書いています。彼が愛してやまなかった、このモールヴァン・ヒルとセヴァーン川流域に広がる大地は、彼に霊感を与えました。
 この世界的に有名な作曲家は、ここから10マイルも離れていないブロードヒースで生まれました。彼の妻アリスは彼の偉大な作曲活動に対して盛んに激励しました。彼はこう言います。『私が成し遂げたことは妻のお陰によるものが大きい』
 彼女はエルガーより14年も早く亡くなってしまい、今ここに埋葬されています。それは、ある春の日のことでした。エドワードはこのように書いています。
『彼女がずっと以前に(自分の埋葬場所に)選んだここはあまりにも美しい。花は白く咲き誇り、どこまでも広がる大地。丘も教会も彼女が子供のころから時を隔てていても何もかもが変わらず同じ風景だ』
 今エドワードは彼女の傍らに横たわっています。訪れる皆さんが、ここに平和で静かな雰囲気が、時が経てども変わらなく残っていることを感じて下さることと思います」(ウルスタン教会掲示板より)

                              地図

                           パノラマヴュー
                   Kind permission Panoramas Unlimited



大きな地図で見る

                              戻る