第1課 とにかく読んでみよう(7)
 数字は文字に比べたら、「おちゃのこさいさい」ですね。中東のお店ではアラビア数字(1,2,3・・・)がまったく使われず、こちらの数字で値段が書かれていることが意外に多いので、きちんとマスターしておきましょう。
文字は右から左へ書きますが、数字はなぜか、
日本語同様左から右へ書くので注意!
つまり、例えば「カイロまで425km」は、
ا لقاهرة 
 アーニサ・ハディジャの
 ワンポイントアドバイス
     コーナー
كيلومتر
となります。
 さあ、とうとうこれで全部覚えましたね。あなたもいっぱしのArabic Reader です。
では、最後に世界の国名と人口を読んで自信をつけましょう。
問題: ハディジャはタルアト・ハルブ広場の靴屋で、クレオパトラじみたお洒落なサンダルを発見しました。値段は
と書いてあります。いくらだと思います?25ポンドですよねぇ。でも店のおやじは35ポンドだと言い張ります。おやじはハディジャが数字を読めないと思ってぼろうとしていたのでしょうか。
解答: おやじはぼろうとしていません。実は手書きの場合2と3は区別しにくい場合があります。横棒の部分が、は上向きの山(凸)、は下向きの山(凹)になるようです。これじゃあ、3がまるで2に見えますけどね。
手書きの2
手書きの3
は左の表のように書かれる場合と上記のように書かれる場合がありますから注意。
左の表からは分かりにくいのですが、は下が桃尻になっています。逆ハートのように書かれることもあります。

 الجزائر
 مصر
 الأردن
 سورية

المملكة العربية السعودية
افغانستان
 تركيا
 قطار
 ايران
人口(万人)       国名
答えはこの下
にあるからね。
おつかれさま!数字も文字も読めるようになりましたか?
では、各地のバスに乗りこんで
実践編に移りましょう。
その前に一つ。
毎回ついていた右のマークには、
なんと書いてあるか、もう読めますね。
そう、「目次」でした。
المملكة المغربية

0

5

4

3

2

1

10

9

8

7

6

テキストを貼り付けたところ、一部のパソコンでは文字化けしてしまうようなので、手書きにしました。少々かっこわるくてすみません。
*太陽文字について
 س ش ص ض ط ظ د ذ ر ز ت ث ن ل
左の14文字は「太陽文字」と呼ばれ、定冠詞 al がこの前に結合すると、l (エル)はこれらの子音に吸収されてしまいます。つまり、

السوق

は al-suuq(アル・スーク) ではなく、a-ssuuq(アッスーク)となります。これからも出てくるので、だんだんと慣れていきましょう。
なんで数字だけ
左から書くんだろう
موكوجي