『荀子』楽論篇


夫樂者、樂也。人情之所必不免也。故人不能無樂、樂則必發於聲音、形於動靜。而人之道、聲音動靜、性術之變盡是矣。故人不能不樂、樂則不能無形。形而不為道、則不能無亂。先王惡其亂也、故制雅頌之聲以道之、使其聲足以樂而不流、使其文足以辨而不諰、 使其曲直繁省廉肉節奏、足以感動人之善心、使夫邪污之氣無由得接焉。是先王立樂之方也、而墨子非之奈何。

夫れ樂は、樂なり。人情の必ず免れざる所なり。故に人は無樂なること能わず、樂しめば則ち必ず聲音に發し、動靜に形る。而して人の道は、聲音動靜にして、性術の變(生きているときの行為)は是に盡くるなり。故に人樂まざること能わず、樂しめば則ち無形なること能わず。形れて道を為さざれば、則ち亂無きこと能わず。先王は其の亂るるを惡むなり。故に雅頌の聲を制して以て之を道き、其の聲をして以て樂しむに足りて流れざらしめ、其の文をして以て辨ずるに足りて諰ならざらしめ、其の曲直繁省廉肉節奏をして、以て人の善心を感動するに足らしめ、夫の邪污の氣をして接を得る由り無からしむ。是れ先王の樂を立つるの方なり、而るに墨子の之を非とするは奈何。


故樂在宗廟之中、君臣上下同聽之、則莫不和敬。閨門之内、父子兄弟同聽之、則莫不和親。郷里族長之中、長少同聽之、則莫不和順。
故樂者審一以定和者也、比物以飾節者也、合奏以成文者也。
足以率一道、足以治萬變。是先王立樂之術也。而墨子非之奈何。

故に樂、宗廟の中に在り、君臣上下の之を聽くを同じうせば、則ち和敬せざる莫し。閨門の内、父子兄弟の之を聽くを同じうせば、則ち和親せざる莫し。郷里族長の中、長少の之を聽くを同じうせば、則ち和順せざる莫し。
故に樂は一を審らかにして以て和を定むるものなり、物を比べて以て節を飾る者なり、奏を合わせて以て文を成す者なり。
一道に率うに以て足り、萬變を治むるを以てするに足る。是れ先王の樂を立つるの術なり。而るに墨子の之を非とするは奈何。


故聽其雅頌之聲、而志意得廣焉。
執其干戚、習其俯仰屈伸、而容貌得莊焉。
行其綴兆、要其節奏、而行列得正焉、進退得齊焉。

故に其の雅頌の聲を聽けば、志意は廣きを得。
其の干戚を執り、其の俯仰屈伸を習えば、容貌は莊を得。
其の綴兆を行い、其の節奏を要すれば、行列は正しきを得、進退は齊を得。


君子以鐘鼓道志、以琴瑟樂心。動以干戚、飾以羽旄、從以磬管。故其清明象天、其廣大象地、其俯仰周旋有似於四時。故樂行而志清、禮脩而行成、耳目聰明、血氣和平、移風易俗、天下皆寧、美善相樂。

君子は鐘鼓を以て志を道き、琴瑟を以て心を樂しましむ。干戚を以て動き、羽旄を以て飾り、磬管を以て從う。故に其の清明は天を象り、其の廣大は地を象り、其の俯仰周旋は四時に似る有り。故に樂行われて志清く、禮脩まりて行い成り、耳目聰明、血氣和平、風を移し俗を易え、天下皆な寧んじ、美善相い樂しむ。


夫聲樂之入人也深、其化人也速。故先王謹為之文。
樂中平則民和而不流、樂肅莊則民齊而不亂。
民和齊則兵勁城固、敵國不敢嬰也。
如是、則百姓莫不安其處、樂其郷、以至足其上矣。然後名聲於是白、光輝於是大、四海之民莫不願得以為師。是王者之始也。
樂姚冶以險、則民流僈鄙賤矣。流僈則亂、鄙賤則爭。亂爭則兵弱城犯、敵國危之如是、則百姓不安其處、不樂其郷、不足其上矣。故禮樂廢而邪音起者、危削侮辱之本也。
故先王貴禮樂而賤邪音。其在序官也、曰、脩憲命、審詩商、禁淫聲、以時順脩、使夷俗邪音不敢亂雅、太師之事也。

夫れ聲樂の人に入るや深く、其の人を化するや速し。故に先王は謹しみて之が文を為す。
樂中平なれば則ち民和して流れず、樂肅莊なれば則ち民齊いて亂れず。
民和齊なれば則ち兵勁く城固く、敵國は敢えて嬰さざるなり。
是の如ければ、則ち百姓其の處に安んぜざる莫く、其の郷を樂しみ、以て其の上に足るに至る。
然る後是に名聲白らかに、是に光輝は大にして、四海の民は以て師と為すを得るを願わざる莫し。是れ王者の始なり。
樂姚冶にして以て險なれば、則ち民は流僈鄙賤。流僈なれば則ち亂れ、鄙賤なれば則ち爭う。亂爭すれば則ち兵弱く城犯され、敵國危うくすることの是の如ければ、則ち百姓は其の處に安んぜず、其の郷を樂しまず、其の上を足るとせず。
故に禮樂廢れて邪音起るは、危削侮辱の本なり。
故に先王は禮樂を貴びて邪音を賤しむ。其の序官に在りて曰く、憲命を脩め、詩商を審らかにし、淫聲を禁じ、時を以て脩に順い、夷俗邪音をして敢えて雅を亂さざるは、太師の事なり、と。


故樂者、出所以征誅也、入所以揖讓也。征誅揖讓、其義一也。
出所以征誅、則莫不聽從。
入所以揖讓、則莫不從服。
故樂者、天下之大齊也、中和之紀也、人情之所必不免也。
是先王立樂之術也、而墨子非之奈何。

故に樂は、出でて征誅する所以なり、入りて揖讓する所以なり。
征誅揖讓は、其の義一なり。
出でて征誅する所以は、則ち聽從せざること莫し。
入りて揖讓する所以は、則ち從服せざること莫し。
故に樂は、天下の大齊なり、中和の紀なり、人情の必ず免かれざる所なり。
是れ先王の樂の術を立つるなり、而して墨子の之を非とするは奈何。


且樂者、先王之所以飾喜也。軍旅斧鉞者、先王之所以飾怒也。先王喜怒皆得其齊焉。是故喜而天下和之、怒而暴亂畏之。先王之道、禮樂正其盛者也。而墨子非之。故曰、墨子之於道也、猶瞽之於白黑也、猶聾之於清濁也、猶欲之楚而北求之也。

且つ樂は、先王の喜を飾る所以なり。軍旅斧鉞は、先王の怒を飾る所以なり。先王の喜怒は皆な其の齊を得。是の故に喜べば天下之に和し、怒れば暴亂も之を畏る。先王の道は、禮樂其の盛んなる者を正すなり。而して墨子之を非とす。故に曰く、墨子の道に於けるや、猶お瞽の白黑に於けるがごとく、猶お聾の清濁に於けるがごとく、猶お楚に之かんと欲して北に之を求めるがごときなり。


墨子曰、樂者、聖王之所非也、而儒者為之過也。君子以為不然。樂者、聖王之所樂也、而可以善民心、其感人深、其移風易俗。故先王導之以禮樂、而民和睦。夫民有好惡之情、而無喜怒之應則亂。先王惡其亂也。故修其行、正其樂、而天下順焉。

墨子曰く、樂は、聖王の非とする所にして、儒者の之を為すは過ちなり。君子以為く然らず、と。樂は、聖王の樂しむ所にして以て民心を善くし、其れ人を感ずること深く、其の風を移し俗を易う可し。故に先王は之を導くに禮樂を以てし、而して民は和睦す。夫れ民好惡の情有りて、而ち喜怒の應無ければ則ち亂る。先王は其の亂を惡むなり。故に其の行を修め、其の樂を正し、而して天下焉に順う。


故齊衰之服、哭泣之聲、使人之心悲。
帶甲嬰冑、歌於行伍、使人之心傷。
姚冶之容、鄭衛之音、使人之心淫。
紳、端、章甫、舞韶歌武、使人之心莊。
故君子耳不聽淫聲、目不視邪色、口不出惡言。此三者、君子慎之。

故に齊衰の服、哭泣の聲、人の心をして悲しましむ。
甲を帶び冑を嬰り、行伍に歌う、人の心をして傷しましむ。
姚冶の容、鄭衛の音、人の心をして淫ならしむ。
紳、端、章甫、韶を舞い武を歌うは、人の心をして莊ならしむ。
故に君子の耳は淫聲を聽かず、目は邪色を視ず、口は惡言を出ださず。
此の三者は、君子之を慎しむなり。


凡姦聲感人而逆氣應之、逆氣成象而亂生焉。正聲感人而順氣應之、順氣成象而治生焉。唱和有應、善惡相象。故君子慎其所去就也。

凡そ姦聲は人を感ぜしめて逆氣之に應じ、逆氣は象を成して亂焉に生ず。正聲は人を感ぜしめて順氣は之に應じ、順氣は象を成して治焉に生ず。唱和應有り、善惡相い象る。故に君子は其の去就する所を慎むなり。