平家物語に見る装束・甲冑

 平家物語の文中にはさまざまな衣装、甲冑が登場します。

 
そのいでたちを思うにつけ、身につけている人の心情までも感じられるような気がします。

昔は水干に立烏帽子、白鞘巻をさいて舞いければ、男舞とぞ申しける。しかるを中ごろより烏帽子、刀をのけられて水干ばかり用いたり。(水干に大口ばかりにて、髪を高くゆはせて、との記述もあり) 祗王・祗女、仏ら、白拍子の説明です。鳥羽の院のころ、島の千歳・和歌の前という二人が舞ったのが始まりとか。
赤地の錦の直垂に、黒絲威の腹巻の白金物打ったる胸板せめ、(中略)銀の蛭巻したる小長刀、常の枕を放たず立てられしを脇にはさみ・・・
鹿の谷事件後、多くの謀反人を捕らえてなお、怒りのおさまらない清盛のいでたちです。
木蘭地の直垂に、緋縅の鎧着て、御前に畏まってぞ候ひける。
上述の清盛に召された家貞。
家貞は、清盛の執事を務めていました。御館様の一大事、との意気込みでしょうか。
小松殿、烏帽子直衣に、大文の指貫のそばとって、さやめきいり給えば、
清盛の長男、重盛が父親をいさめにきたところです。
皆が直垂に鎧を着て、馬の腹帯を固め、今にも打って出ようかというところへこのいでたち。さて・・・。
赤地の錦の直垂に萌黄威の鎧着て、鍬形打ったる甲の緒を締め、金作りの太刀をはき、切斑の矢負ひ、重籐の弓もって、連銭葦毛なる馬に金覆輪の鞍おいてぞ乗ったりける 義仲との合戦に白髪を染めて討ち出た、斎藤別当実盛の最期の戦でのいでたちです。最後のいとまごいに宗盛のもとを訪れた際に、「富士川での恥辱をそそぐため、北国で討ち死にする覚悟」を披瀝し、錦の直垂の着用を許されたのでした。
大将軍権亮少将維盛は、生年廿三、容儀体拝絵に描くとも筆も及びがたし。重代の鎧唐皮といふ着背長をば唐櫃に入れてかかせらる。路うちには赤地の錦の直垂に萌黄威の鎧着て、連銭葦毛なる馬に金覆輪の鞍おいてぞ乗り給へり。 富士川の合戦へ向かう大将軍維盛です。平氏の嫡流に代々伝わる鎧を唐櫃に入れてかつがせて行きます。道中も、目のさめるような美しい鎧姿で東国に赴きます。
副将軍薩摩守忠度は、紺地の錦の直垂に、黒糸威の鎧着て、黒き馬の太うたくましいに、沃懸地の鞍置いて乗り給へり。 同じく富士川へ向かう副将軍忠度です。上述の維盛と並んだ姿は、鎧の色の対比も美しく、綺羅綺羅しいほどの武者振りです。
紫地の錦の直垂に萌黄の匂の鎧着て長覆輪の太刀をはき、切斑の矢負ひ、重籐の弓脇にはさみ甲をばぬぎ高紐にかけ、御前の御坪に畏まる 都落ちの際に経正が仁和寺を訪れます。今は甲冑を見につけ、弓矢を帯びた失礼な姿ですので…という経正を御室は急ぎ「これへこれへ」と招きます。
平大納言時忠卿、緋緒括の袴、絲葛の直垂、立て烏帽子にて、 一度、大宰府までひいた平家が、豊後の惟義に九州を追われるところ。追い出される際に時忠が「鼻豊後」と悪態をつく場面。
その日の装束には、紺地の錦の直垂に、黒絲威の鎧着て、黒き馬の太うたくましきに沃懸地の鞍置いて乗り給ひたりけるが、 一の谷での忠度の最期。箙に結び付けられた文には旅宿の花、という和歌が。敵も見方も、忠度の死を惜しんだといいます。
その日の装束には、褐に白う黄なる絲をもって、岩に群千鳥縫うたる直垂に、紫裾濃の鎧着て、鍬形打ったる冑の緒を締め、廿四さいたる切斑の矢負ひ、滋籐の弓持って、童子鹿毛といふ、きこゆる名馬に、金覆輪の鞍置いて乗り給へり。 生田の森の副大将軍、三位の中将重衡のいでたち。あっぱれ、絵に書いたような、大将軍です。
滋目結の直垂に、緋威の鎧着て、三位の中将のさしも秘蔵せられたる、夜目無月毛にぞ乗せられたる。
三位の中将重衡の乳母子、後藤兵衛盛長。重衡の馬が射られるや、裏切って、一人落ちてゆきます。
練貫に鶴縫うたる直垂に、萌葱匂ひの鎧着て、鍬形打ったる冑の緒を締め、金作の太刀を帯き、廿四さいたる切斑の矢負ひ、滋籐の弓持ち、連銭蘆毛なる馬に、金覆輪の鞍置いて乗ったりける武者一騎、
16歳で討たれた敦盛最期のいでたちです。敦盛の若々しく、香るような武者ぶりが伝わってくるようです。錦の袋に入れた笛を最期まで腰にさしていました。
赤地の錦の直垂に、唐綾威の鎧着て、黄河原毛なる馬に白覆輪の鞍置いて乗り給へり 一の谷の戦で、山の手の大将軍をつとめた通盛の最期のいでたちです。この後、兜の内側を射られ、味方からも引き離されて討ち死にされます。
白き袴に、練貫の二つ衣を着給へり
通盛の妻が、死に別れた夫の後を追い、身を投げました・・・。
この三位の中将殿、櫻の花を插頭いて、青海波を舞うて出でられしかば、露に媚たる花の御姿、風に翻る舞の袖、地を照らし天も輝くばかりなり。
重盛の長男、維盛がいまだ少将であった安元の春、院の御所での御賀の際に青海波を舞いました。このとき女院(建春門院)より御衣を賜っています。
能登殿、「船戦はやうあるものぞ」とて、鎧直垂をば着給はず。絡巻染の小袖に、唐綾威の鎧着て、いか物作りの太刀を帯き、廿四さいたる、たかうすべうの矢負い、滋籐の弓を持ち給へり。
屋島の合戦での能登守教経。小袖の上に直接鎧を着ておられた、ということなのでしょうか?
一門の中でも剛の者として聞こえた能登殿です。
萌葱威の腹巻に、三枚冑の緒を締め、打ち物の鞘をはずして、(重目結の直垂に萌葱の腹巻を着、白柄の大太刀の鞘をはづいて杖につき、との記述も) 能登殿の童で菊王丸という大力の剛の者。能登殿に助けられ、敵に首は取られなかったものの、痛手を受けて18歳で亡くなってしまいます。
歳の齢、十八,九ばかりなる女房の、柳の五衣に、紅の袴着たるが、皆紅の扇の、日出したるを、船のせがみに挟みたて、陸へ向かってぞ招きける。
屋島の合戦で、源氏の陣に向かって、この扇の的を射よ、と誘いかけるところです。この女房は玉蟲の前、別名舞の前といい、扇は、高倉院が厳島神社へ奉納したものであるといわれます。今まさに日も暮れかけんとするところ、音もなく進み出てくる船・・・美しい光景であったと思います。
鈍色の二衣うち被き、練袴の傍を高く取り、神璽を脇に鋏み、宝剣を腰にさし、主上を抱き参らせて、
壇ノ浦で「妾は女なれども、敵の手にはかかるまじ」と、安徳帝を抱えて入水せんとするところ。二位殿の覚悟の程が伝わってくるようです。
主上今年は御歳8歳にぞならせおはしませども、お年のほどよりはるかにねびさせ給ひて、御形いつくしう、あたりも照り輝くばかりなり。御髪黒うゆらゆらと、御背中過ぎさせ給ひけり。(中略)山鳩色の御衣に鬢結はせ給ひて、御涙におぼれ、
壇ノ浦、いよいよこれが最期、というときの安徳帝のご様子です。何度読むにつけ、その御姿を思うにつけ、非常においたわしく、胸がふさがるような心地がします。
教経は、今日を最期とや思はれけん、赤地の錦の直垂に、唐綾威の鎧着て、鍬形打ったる冑の緒を締め、いか物作りの太刀を帯き、廿四さいたる切斑の矢負い、滋籐の弓持って、さしつめ引きつめ、さんざんに射たまへば、

壇ノ浦の合戦、最期の奮闘をする能登殿の勇姿です。このあと、太刀長刀、冑、鎧の袖、草摺をかなぐり捨て、胴ばかりの大童の姿となり、源氏の剛の者3人を道連れに、入水します。
藍摺の直垂に、折烏帽子着たる男の痩せ黒みたるが、縁に寄り居たるぞ、そなりける。(中略)「あまりの御姿のしおれて候ふに、奉り替えよ」とて、袷の小袖に浄衣を添えて出されたり。
奈良の大衆に明日にも引き渡されんとする重衡に、思いもかけず北の方との面会が許されました。「いずらやいずら」と抑えきれず走り出てくる北の方。あまりにもやつれ果てて見える重衡に新しい着物を差し出し、着替えさせます。着ていた装束は形見にせよとのお言葉。
今生の別れを交わすには短い時間でした。
二重織物の直垂に、黒木の数珠手にぬき入れておはします。髪のかかり、姿骨柄、まことにあてに美しく、この世の人とも見え給はず。 維盛の子息、六代御前です。母、幼い妹と隠れ住んでいるところを見つけ出され、鎌倉へ引き渡されようとしますが、高尾の聖に預けられ、からくも命を得ます。聖が初めて六代に会ったところです。

建礼門院右京大夫集より
―垣間見る日常の姿―
紫のにほひの御衣、山吹の御表着、桜の御小袿、青色の御唐衣、蝶をいろいろに織りたりし、召したりし、いふかたもなくめでたく、若くもおはします。 高倉帝の母である建春門院が、建礼門院の御所を訪れるくだりです。当時三十三歳とはいえ、若々しく美しい様子です。
つぼめる色の紅梅の御衣、樺桜の御表着、柳の御小袿、赤色の御唐衣、みな桜を織りたる召したりし、にほひ合ひて、いまさらめづらしくいふかたなく見えさせ給ひしに 建春門院の訪問を受けた建礼門院。この二人の姿をこっそり覗き見た建礼門院右京大夫は「春の花秋の夜月をおなじをり見る心地する雲の上かな」と詠みました。
二藍の色濃き直衣、指貫、若楓の衣、その頃の単衣、つねのことなれど、色ことに見えて、警護の姿、まことに絵物語いひたてたるやうにうつくしく見えしを 警護にあたる維盛の姿を見て、頭の中将実宗もため息混じりに呟きます。「あのような美しい容姿の持ち主だと自分を思ったなら、どんなに命が惜しくなることだろう。」
枯野の織物の狩衣、蘇芳の衣、紫の織物の指貫きて、ただひきあけていきたりし人のおもかげ 雪の深く積もった朝、資盛は突然、建礼門院右京大夫のもとを訪れます。すっと引き戸を開けて入ってきたこのときの姿が忘れられず、建礼門院右京大夫は一段と悲嘆にくれるのでした。


梁塵秘抄には、

「此頃、京に流行るもの、肩当、腰当、烏帽子止、襟の立つかた、錆烏帽子、布打の下の袴、四幅の指貫」

と、見られます。
このころ固装束が普及し、公卿の朝服にも用いられたようです。

それにつけても、残念なのはわたしの装束・鎧に対する知識不足。
たとえば、

褐に白う黄なる絲をもって、岩に群千鳥縫うたる直垂に・・・」

という記述があっても実際どんな生地なのか?どんな色合いなのか?
非常にぼんやりとしたイメージでしか捉えられません。

よろしかったら、どなたかご教示ください・・・。