イッキ描き ギャラリー
  Drawing at a heat Power Gallery  Ossamu KIKUCHI's Super Croquis
since 1997.2.10



『室内のバラ』 ROSES IN THE ROOM oil on canvas 33.3×24.2㎝

室内画家になっている、というより和風カトラン? カトランよりヴュイヤールよりか。68歳だから菊地独自でありたいけどね。本人としてはどうでもいい。



菊地理自選作品集
とうとう完成しました。
A4フルカラー46点収録。1000円(消費税、送料すべて込み)

ここ20年間ぐらいの絵、最新作まで選びました。増刷完了。残り30冊です。ご注文ください。

 

新規・ネット常設展開設していただきました 
「菊地理イッキ描きギャラリー《

作品集収録作品を中心に現在43点になっています。最新作との入れ替えも多数
   

ずっと見ていたい何度も味わいたい 西洋絵画鑑賞ガイド ~筆の喜びとは?~
とりあえず完成。出版社に問合せ中
A4フルカラー26ページ1000円の予定

ティツィアーノからルオーまで

 

みなさまの作品集を制作いたします
A4、20ページ、100部、16万円です。
メールにて、ご相談ください。

現在2件、頑張って制作中です。



   

最新作=2018年度金井画廊出展作品集

 

最新作=2017年度豊橋個展出展予定作品集

 

最新作=2017年度金井画廊出展作品集

 

最新作=2016年度金井画廊出展作品集

 

『絵の話』アーカイブス
 

『大特集・印象派大研究━彼らはなにをやろうとしたか?━』

1997年ごろの文章。アイコンが見つかったのでそのままアップした


*『突然・池田満寿夫と金田石城の対談に割り込む』シリーズは下の絵の話に移動しました。

イッキ描きとは何か? English edition
英語版=英文表記にご批判ください
What's ikkigaki? (English edition)


 

 

次回クロッキー会

12月21日(金)佐々木さん<12月は1回だけ>、19年1月30日(水)富山さん<1月も1回だけ>

申し訳ありませんが、16年7月からクロッキー会の回数券を値上げしました。

8枚1万5千円でお願いします。現金1回の費用は従来どおり2千円です。

もちろん、いまお持ちの回数券はずっと使えます。

 

ラファエロ『アテネの学堂』 you-tubeにアップ。

ラファエロ『アテネの学堂』を下絵カルトンと比べました。

 

 you-tubeにアップ。

中高校生向け絵画の見方(のつもり)。造形的に絵を比べました。続けてどんどんアップする予定です。

『モネとルノワール』/レオナルド2枚の『岩窟の聖母』/レオナルド『聖アンナと聖母子』/ラファエロ『アテネの学堂』
 

『イッキ描き実演』 you-tubeにアップ中。2004年7月のテレビ番組です。
My painting movie on TV. I painted with oil on 53.0×65.2cm's canvas for 9 minuits.

 

『イッキ描きブログ』 ただいま毎日更新中。

最新タイトル:12/14『宮崎と鹿児島1』、12/13『無事帰宅』、12/12九州旅行のためお休み、12/11『画材は?』、
12/10『わらいの源泉』、12/9『ついに発見、か?』、12/8『私の企み』

 


唇 寒(しんかん)―毎週土曜日の朝更新18.12.15
(ここの文章には文字化けがあります。読みづらい方は『唇寒』でお読みください)

11日から13日まで宮崎と鹿児島に行った。

10年ほど前のANA『翼の王国』の仕事で鹿児島に行って以来だ。あの鹿児島の長島美術館にもう一度行きたかったが、今回はなし。私は連れて行ってもらっただけ。ただ黙ってついて行く。

それにしても世間には絵が多い。ラーメン屋にもホテルにも蕎麦屋にもたくさんの油絵が飾ってある。ほとんどがマチュア絵画だ。あれはあれで一つの油絵文化だ。

また、六本木や上野でやっている公募展も大作油絵文化。デパートや銀座の画廊の小品油絵もまた文化だ。それに対して私がやっている油絵って全然ちがうような気がしてくる。もちろ

ん、どっちがいいどっちが悪いという問題ではない。別分野なのだ。

だって、上記ほとんどの絵描きさんはムンクとかルーベンスとか見ていない気がする。そういう人でただ描いているアマチュアの人はフランスにもたくさんいる(日本の公募展画家やデ

パート画家はアマチュアとは言えないかも)。

私みたくヨーロッパのクラシックと中国や日本の古い書画にのめり込み、自分の絵の未熟さを知りつくし、それでもしつこく描き続ける。言ってみればドン・キホーテ? でも、こうい

うアホもいてもいいような気もする、というかよかろうが悪かろうが私はこの路線で暮らすしかない。よく見て自分も描く、たくさん描く、みたいな。ドン・キホーテでも一応目指し続

けるのだから描くわな。というか描きたいものね。描くよ。子が親の真似をしたがるようなものだ。

でも、あの鹿児島の山の上の長嶋美術館。行きたかったなぁ~。懐かしい親のフトコロに入るみたいにドガ(1834~1917)なんかに囲まれたかった。この気持、マザコンか?

 

『新・宇宙の寸法』をおすすめします!

  新しいブログのご紹介。『森への想い』豊富な写真で飾られた、自然讃歌のさわやかなブログです。

 

ここにご紹介していたそのほかのページはリンクに移動しました。  


2012年南フランスの旅  

作品集(1年以内)   作品集(ここ1~2年)  作品集(数年前)   

画歴(profile)  「唇寒《バックナンバー  絵の話  小さな話   絵画教室  クロッキー会

イッキ描きとは何か?  イッキ描きの完成へ  メール  リンク  ブログ 新・宇宙の寸法