イッキ描き ギャラリー
  Drawing at a heat Power Gallery  Ossamu KIKUCHI's Super Croquis
since 1997.2.10


SM『イングリッシュローズ』 ENGLISH ROSES oil on canvas 22.7×15.8p
新しい描き方で描いてみたバラの絵。当分この新画法の試作が続く、と思う。
 

菊地理自選画集・鋭意制作中
完成は2017年6月ごろまでさらに延期
A4フルカラー18ページ650円の予定

20年ぐらい前の絵から新作まで30〜40点ほど選定中

 

最新作=2017年度金井画廊出展作品集

最新作=2016年度豊橋ギャラリー公園通り出展作品集

最新作=2016年度金井画廊出展>最新作=2015年度豊橋ギャラリー公園通り出展作品集

 

『絵の話』アーカイブス
 

『突然・池田満寿夫と金田石城の対談に割り込む その5 エバルな! ”ビジュツ”』

割込シリーズの最終回。あまりまとまってはいない。


『突然・池田満寿夫と金田石城の対談に割り込む その4 真正なる絵画』

真なる絵画とは何か? 絵画の本質を追う。


  『突然・池田満寿夫と金田石城の対談に割り込む その3 アカデミックとは何か?』

アカデミックの正体に迫る。下の『絵の話』「印象派の宿敵を見る」「名画の顔を見る」をご参照ください。


『突然・池田満寿夫と金田石城の対談に割り込む その2 子供の絵』

今週は小鳥のように愛らしく、雑草のようにたくましい子供の絵の話


『突然・池田満寿夫と金田石城の対談に割り込む その1 男子一生の仕事』

1997年ごろの文章。ブレがないというか、進歩ないというか。主張は最近と変化なし。毎週1章ずつアップ予定


イッキ描きとは何か? English edition
英語版=英文表記にご批判ください
What's ikkigaki? (English edition)


 

 

次回クロッキー会

6/6(火)、6/20(火)、7/4(火)酒巻さんの予定、7/14(金)

一時期、5/26(金)クロッキー会となっていましたが、5/12(金)の間違えです。

申し訳ありませんが、16年7月からクロッキー会の回数券を値上げしました。

8枚1万5千円でお願いします。現金1回の費用は従来どおり2千円です。

もちろん、いまお持ちの回数券はずっと使えます。

 

ラファエロ『アテネの学堂』 you-tubeにアップ。

ラファエロ『アテネの学堂』を下絵カルトンと比べました。

 

 you-tubeにアップ。

中高校生向け絵画の見方(のつもり)。造形的に絵を比べました。続けてどんどんアップする予定です。

『モネとルノワール』/レオナルド2枚の『岩窟の聖母』/レオナルド『聖アンナと聖母子』/ラファエロ『アテネの学堂』
 

『イッキ描き実演』 you-tubeにアップ中。2004年7月のテレビ番組です。
My painting movie on TV. I painted with oil on 53.0×65.2cm's canvas for 9 minuits.

 

『イッキ描きブログ』 ただいま毎日更新中。

最新タイトル:5/19『1回勝負』、5/18『オーラはない』、5/17『クールな関係』、5/16『筆触が決め手か?』、5/15『ヴュイヤールの筆跡』、
5/14『願い下げ』、5/13『みんなビョーキ』

 


唇 寒(しんかん)―毎週土曜日の朝更新17.5.20
(ここで読みづらい方は『唇寒』でお読みください)

これは先週のクロッキー会の後で考えたことだけど、ちょうどそのころ『ヴュイヤール』(ギィ・コジュヴァル/遠藤ゆかり訳・創元社「知の再発見」双書)を読んでいる真っ最中でも

あり、当然ヴュイヤールの図版をじっくり眺めていたのだけれど、そういう事情も絡まり合って、あまりにもバカバカしい結論に至ってしまった。

絵って才能なのだ!

ヴュイヤールとかムチャクチャ上手いもんね。素晴らしい才能としか言いようがないよ。『ヴュイヤール』の著者でオルセー美術館の館長ギィ・コジュヴァルの説ではヴュイヤールのでっ

かいパネル画《公園》は「印象派以降の絵画の最高峰に位置するとみなされている」(p76)らしい。私もつい「ヴュイヤールは近代ヨーロッパ絵画の最高」と言ってしまったが、これは

かなり疑問だ。ゴッホもいるしモネもドガもいる。ロートレックもそうとう描ける。口が滑ったかも。

それにしてもみんな描けるねぇ〜〜。

あたしゃ、66歳。情けないよ。

 

以上、数日前に書いた文章。この文章に続くのは当然「そんなの関係ない」である。他人の才能なんてどうでもいい、のだ。気にしてたらやってられない。画材は西洋だけど、もともと

西洋画を描いている気はない。東洋人なんだから東洋画に決まっている。東洋にもいい絵描きがいっぱいいて、素晴らしい仏像があり、水墨画の伝統もある。ま、そういう東洋の先人だっ

て「才能だろが」と言われると「ごもっとも」と答えるしかないけどね。

でも、そういうこと言っていると何にもできないんだよね。才能主義は物凄いマイナス思考なんですよ。で、才能主義の人がほとんど。気持ちいいぐらいみんな諦めている。だから才能

のないわがイッキ描きは「出来た絵なんてどうでもいい、描くこと自体に意味がある」という姿勢になって行く。「1000枚に1枚ぐらいはましな絵が出来る」という希望も統計学的に無茶

な数字じゃないと思う。才能というなら毎数で勝負だよね。でもホント出来た絵なんて気にしていちゃ絵は描けない。実際忙しくて、1枚1枚作品の出来に期待して描いている暇はないも

の。

 

『新・宇宙の寸法』をおすすめします!

  新しいブログのご紹介。『森への想い』豊富な写真で飾られた、自然讃歌のさわやかなブログです。

 

ここにご紹介していたそのほかのページはリンクに移動しました。  


2012年南フランスの旅  

作品集(1年以内)   作品集(ここ1〜2年)  作品集(数年前)   

画歴(profile)  「唇寒」バックナンバー  絵の話  小さな話   絵画教室  クロッキー会

イッキ描きとは何か?  イッキ描きの完成へ  メール  リンク  ブログ 新・宇宙の寸法