イッキ描き ギャラリー
  Drawing at a heat Power Gallery  Ossamu KIKUCHI's Super Croquis
since 1997.2.10



『江の島の海』ENOSHIMA'S SEA oil on canvas 53.0×45.5㎝

この絵がいいかどうかわからない。画像にしてみるとそれほど悪くない気がした。



    

菊地理個展
2019年6月下旬で調整中(未定)11:00~19:00
京橋・金井画廊1F

新作30点ほど出展予定。今年は少数精鋭、とのこと
 

新しい菊地理作品常設展ページです。 
「菊地理作品専用サイト《

最新作も含め、どんどん増殖中。上記金井展の出展作とも多数重なるはず。
   

菊地理自選作品集
A4フルカラー46点収録。1000円(消費税、送料すべて込み)

ここ20年間ぐらいの絵、最新作まで選びました。増刷完了。残り20冊です。ご注文ください。

 

新規・ネット常設展開設していただきました 
「菊地理イッキ描きギャラリー《

作品集収録作品を中心に現在43点になっています。最新作との入れ替えも多数
 

ずっと見ていたい何度も味わいたい 西洋絵画鑑賞ガイド ~筆の喜びとは?~
とりあえず完成。出版社に問合せ中
A4フルカラー26ページ1000円の予定

ティツィアーノからルオーまで

 

みなさまの作品集を制作いたします
A4、20ページ、100部、16万円です。
メールにて、ご相談ください。

現在2件制作終了。好評です。



   

最新作=2018年度金井画廊出展作品集

 

最新作=2017年度豊橋個展出展予定作品集

 

最新作=2017年度金井画廊出展作品集

 

最新作=2016年度金井画廊出展作品集

 

『絵の話』アーカイブス
 

『大特集・印象派大研究━彼らはなにをやろうとしたか?━』

1997年ごろの文章。アイコンが見つかったのでそのままアップした


*『突然・池田満寿夫と金田石城の対談に割り込む』シリーズは下の絵の話に移動しました。

イッキ描きとは何か? English edition
英語版=英文表記にご批判ください
What's ikkigaki? (English edition)


 

 

次回クロッキー会

4月26日(金)長浜さん、5月6日(月・振替休日)佐々木さん、5月22日(水)、6月4日(火)、6月21日(金)

1回2000円 8回回数券1万5千円。回数券の有効期限なし

 

ラファエロ『アテネの学堂』 you-tubeにアップ。

ラファエロ『アテネの学堂』を下絵カルトンと比べました。

 

 you-tubeにアップ。

中高校生向け絵画の見方(のつもり)。造形的に絵を比べました。続けてどんどんアップする予定です。

『モネとルノワール』/レオナルド2枚の『岩窟の聖母』/レオナルド『聖アンナと聖母子』/ラファエロ『アテネの学堂』
 

『イッキ描き実演』 you-tubeにアップ中。2004年7月のテレビ番組です。
My painting movie on TV. I painted with oil on 53.0×65.2cm's canvas for 9 minuits.

 

『イッキ描きブログ』 ただいま毎日更新中。

最新タイトル:4/19『絵画小説・アルジャントゥイユの夜明け⑤』、4/18『絵画小説・アルジャントゥイユの夜明け④』、4/17『絵画小説・アルジャントゥイユの夜明け③』、4/16『小説はお休み』
4/15『絵画小説・アルジャントゥイユの夜明け②』、4/14『絵画小説・アルジャントゥイユの夜明け①』、4/13『発表前日』

 


唇 寒(しんかん)―毎週土曜日の朝更新18.4.20
(ここの文章には文字化けがあります。読みづらい方は『唇寒』でお読みください)

14日の日曜日からブログで絵画小説『アルジャントゥイユの夜明け』を開始した。

1863年のパリが舞台。モネ(1840~1926)が23歳のころだ。知っているつもりでも、いざ小説に書くとなると、いろいろ再確認する。そうすると知らないことだらけ。忘れていることも

多い。美術史家の研究も進んでいて私が若いころに知っている話も変わっている。びっくりだが、けっこう楽しい。自分自身が1860年代にタイムスリップしたみたいな感覚になる。

話は1873年まで。印象派展開催寸前までを想定している。

これからカフェゲルボワが出てくるし、普仏戦争という大事件も待っている。

モネとルノワールはいつも金欠状態。それをマネ、ドガ、バジール、シスレーなどが支える。そういう話も史実に基づいて綴りたい。どこまで調べられることやら。楽しい苦しみが続き

そう。

できればお上手に恋愛も織り込みたい。モリゾなどの美人画家も実在したわけで、そういう話まで書くとなると文庫本300ページクラスの長さになってしまう。

また、モネなどの戸外の写生とドガなどのアトリエの制作の是非の話やサロンの入落選の話などいっぱいある。根柢にはいつも絵を売って暮らす野望が横たわっている。これは私自身の

実生活でもあるわけだ。ま、こっちは68歳。20歳代前半の意欲満々の印象派予備軍と比べるのも憚れる。ゴメン。

 

中尾さんが新しく私の絵のページ「菊地理作品専用サイト《を作ってくれたので、リンクを張った。ご一見ください。

 

『新・宇宙の寸法』をおすすめします!

  新しいブログのご紹介。『森への想い』豊富な写真で飾られた、自然讃歌のさわやかなブログです。

 

ここにご紹介していたそのほかのページはリンクに移動しました。  


2012年南フランスの旅  

作品集(1年以内)   作品集(ここ1~2年)  作品集(数年前)   

画歴(profile)  「唇寒《バックナンバー  絵の話  小さな話   絵画教室  クロッキー会

イッキ描きとは何か?  イッキ描きの完成へ  メール  リンク  ブログ 新・宇宙の寸法