イッキ描き ギャラリー
  Drawing at a heat Power Gallery  Ossamu KIKUCHI's Super Croquis
since 1997.2.10


F15『野菜のある室内』 THE INTERIOR WITH VEGETABLES oil on canvas 65.2×53.0p
逆新開発画法の絵。黒っぽいの逆だから白っぽい。
 

菊地理自選画集・鋭意制作中
完成は2017年8月ごろまでさらにまた延期
A4フルカラー18ページ650円の予定

20年ぐらい前の絵から新作まで30〜40点ほど選定中

 

最新作=2017年度金井画廊出展作品集

最新作=2016年度豊橋ギャラリー公園通り出展作品集

最新作=2016年度金井画廊出展>最新作=2015年度豊橋ギャラリー公園通り出展作品集

 

『絵の話』アーカイブス
 

『大特集・印象派大研究━彼らはなにをやろうとしたか?━』

1997年ごろの文章。アイコンが見つかったのでそのままアップした


*『突然・池田満寿夫と金田石城の対談に割り込む』シリーズは下の絵の話に移動しました。

イッキ描きとは何か? English edition
英語版=英文表記にご批判ください
What's ikkigaki? (English edition)


 

 

次回クロッキー会

7/4(火)酒巻さんの予定、7/14(金)長谷川さん、8/11(金・山の日)、8/18(金)

申し訳ありませんが、16年7月からクロッキー会の回数券を値上げしました。

8枚1万5千円でお願いします。現金1回の費用は従来どおり2千円です。

もちろん、いまお持ちの回数券はずっと使えます。

 

ラファエロ『アテネの学堂』 you-tubeにアップ。

ラファエロ『アテネの学堂』を下絵カルトンと比べました。

 

 you-tubeにアップ。

中高校生向け絵画の見方(のつもり)。造形的に絵を比べました。続けてどんどんアップする予定です。

『モネとルノワール』/レオナルド2枚の『岩窟の聖母』/レオナルド『聖アンナと聖母子』/ラファエロ『アテネの学堂』
 

『イッキ描き実演』 you-tubeにアップ中。2004年7月のテレビ番組です。
My painting movie on TV. I painted with oil on 53.0×65.2cm's canvas for 9 minuits.

 

『イッキ描きブログ』 ただいま毎日更新中。

最新タイトル:6/23『逆上がりの心意気』、6/22『下手だからいい』、6/21『迫力ある現実』、
6/20『そんなにムキにならなくても』、6/19『太宰治は偉大なのかも』、6/18『ウォーホルの書評』、6/17『節制か病気か』

 


唇 寒(しんかん)―毎週土曜日の朝更新17.6.23
(ここで読みづらい方は『唇寒』でお読みください)

美術作品を作る手順には最初の構想から最後の仕上げまでいろいろな工程がある。その一番おいしいところだけ頂いちゃおう、というのがイッキ描きだ。油彩画はイッキ描きにぴったり

の画材。水墨もいいけど、墨には色がないし、絵具で盛り上げることもできない。油絵具は瞬間的に盛り上げも可能。凄い画材なのだ。ま、しかし、墨だけで油絵具に負けない画面の厚

みを産み出すこともできている。実際にそういう絵がある。はっきり言えば牧谿(1280頃活躍)の絵だけどね。

とにかく、イッキ描きは疲れるのだ。そんなに何時間も続けて描けないし、毎日描き続けることもできない。絵の一番おいしいところは一番疲れるところでもある。

格闘技で例えれば相撲に似ていると思う。瞬間勝負なのだ。相撲って実によくできた格闘技だよね。テレビで見ていてつくづく感嘆する。

陰の稽古がハンパないけどね。最近は八百長がないから物凄く面白い。人気も急上昇だ。

 

で、その一番おいしいところってどこなんだろう?

春のバラのグングン伸びる枝を、こっちもガンガン描く。キャンバスに筆を上下させて勢いよくやっつける。気持ちいいよ。

裸婦のしなやかな背骨を太い筆でグイッとキャンバスになぞる。見事な曲線をそのままでっかく掴み取る。

風景なら空は縦の筆遣い、大地や海は横にはらう。天地を創る神様みたいな気分だ。

そういうのが一番おいしいところか?

ま、ほとんど失敗作だけどね。ときとして「これ、俺が描いたのか?」と思うような画面が生まれる。自分でもびっくりする。それが量産イッキ描きの手法だ。イッキ描きの仕上げは絵

を選定することなのかもしれない。

まったく、子供たちがいなくなったこの借家は絵だらけ。凄いことになっている。外にはブルーシートにくるんだ100号が置いてある。豊橋の家内の実家もかなり占領してしまっている。

 

『新・宇宙の寸法』をおすすめします!

  新しいブログのご紹介。『森への想い』豊富な写真で飾られた、自然讃歌のさわやかなブログです。

 

ここにご紹介していたそのほかのページはリンクに移動しました。  


2012年南フランスの旅  

作品集(1年以内)   作品集(ここ1〜2年)  作品集(数年前)   

画歴(profile)  「唇寒」バックナンバー  絵の話  小さな話   絵画教室  クロッキー会

イッキ描きとは何か?  イッキ描きの完成へ  メール  リンク  ブログ 新・宇宙の寸法