イッキ描き ギャラリー
  Drawing at a heat Power Gallery  Ossamu KIKUCHI's Super Croquis
since 1997.2.10



『佐渡・大須が浜にて』SADO ISLAND oil on canvas 33.3×24.2㎝

とっても寂しく厳しい海辺。超ワイルドって感じ。原始の海にいる気分だった。



菊地理個展
2017年4月上旬の予定 11:00~19:00
京橋・金井画廊1F

新作50点ほど出展予定。

16年度のDM

新しい菊地理作品常設展ページです。 
「菊地理作品専用サイト《

最新作も含め、現在13点です。
   

菊地理自選作品集
A4フルカラー46点収録。1000円(消費税、送料すべて込み)

ここ20年間ぐらいの絵、最新作まで選びました。増刷完了。残り20冊です。ご注文ください。

 

新規・ネット常設展開設していただきました 
「菊地理イッキ描きギャラリー《

作品集収録作品を中心に現在43点になっています。最新作との入れ替えも多数
 

ずっと見ていたい何度も味わいたい 西洋絵画鑑賞ガイド ~筆の喜びとは?~
とりあえず完成。出版社に問合せ中
A4フルカラー26ページ1000円の予定

ティツィアーノからルオーまで

 

みなさまの作品集を制作いたします
A4、20ページ、100部、16万円です。
メールにて、ご相談ください。

現在2件、頑張って制作中です。



   

最新作=2018年度金井画廊出展作品集

 

最新作=2017年度豊橋個展出展予定作品集

 

最新作=2017年度金井画廊出展作品集

 

最新作=2016年度金井画廊出展作品集

 

『絵の話』アーカイブス
 

『大特集・印象派大研究━彼らはなにをやろうとしたか?━』

1997年ごろの文章。アイコンが見つかったのでそのままアップした


*『突然・池田満寿夫と金田石城の対談に割り込む』シリーズは下の絵の話に移動しました。

イッキ描きとは何か? English edition
英語版=英文表記にご批判ください
What's ikkigaki? (English edition)


 

 

次回クロッキー会

19年2月23日(土)佐々木さん<2月も1回だけ>、3月5日(火)、3月27日(水)、4月10日(水)、4月26日(金)

申し訳ありませんが、16年7月からクロッキー会の回数券を値上げしました。

8枚1万5千円でお願いします。現金1回の費用は従来どおり2千円です。

もちろん、いまお持ちの回数券はずっと使えます。

クロッキー会の最後のポーズ20分間を合評会に変更しようかと模作中です。

そうすると同額で20分×5ポーズとなります。ご意見お願いします。

 

ラファエロ『アテネの学堂』 you-tubeにアップ。

ラファエロ『アテネの学堂』を下絵カルトンと比べました。

 

 you-tubeにアップ。

中高校生向け絵画の見方(のつもり)。造形的に絵を比べました。続けてどんどんアップする予定です。

『モネとルノワール』/レオナルド2枚の『岩窟の聖母』/レオナルド『聖アンナと聖母子』/ラファエロ『アテネの学堂』
 

『イッキ描き実演』 you-tubeにアップ中。2004年7月のテレビ番組です。
My painting movie on TV. I painted with oil on 53.0×65.2cm's canvas for 9 minuits.

 

『イッキ描きブログ』 ただいま毎日更新中。

最新タイトル:2/15『佐渡島のこと』、2/14『鷲か鷹?』、2/13『5時間半の大移動』、2/11と2/12は佐渡島旅行、
2/10『流行の時代小説』、2/9『真冬は乾かない』

 


唇 寒(しんかん)―毎週土曜日の朝更新18.2.16
(ここの文章には文字化けがあります。読みづらい方は『唇寒』でお読みください)

例年なら真冬に100号と格闘している。等迦展に絵を出し始めて23年頑張った。その前には11年間町田の版画美術館で「如魯の会《に出していた。80号や100号をいっぱい描いた。一応去

年も町田市の市美展に1点出したから描くことは描いた。その市美展も辞めてしまったので今年は100号の予定がない。

版画美術館の市民展示室で100号展をやりたいが、もちろん資金がない。

市民展示室で100号展をやるとなると新作を最低でも4枚は出したい。4枚出すためには20枚ぐらい描く覚悟が要る。絵具だらけ、油まみれになって描かなければならない。100号20枚はハ

ンパない。

ま、ミケランジェロ(1475~1564)、ティツィアーノ(1488/90~1576)、ルーベンス(1577~1640)などを想えば、100号20枚なんて当たり前。ミケランジェロやティツィアーノなどは

85歳を過ぎても超大作に挑んでいた。68歳なんて若描きなのだ。日本の富岡鉄斎(1837~1924)も85歳以降に100号レベルの山水画を山のように残している。

本心、絵具や油に汚れるのは嬉しくないけど描きたい気もある。大作を描けば小品もよくなるのだ。今のところ健康上の問題はまったくない。ギリギリだけど描く場所もある。キャンバ

スと絵具が上足気味だけど、なんとか出来ないこともない。頑張って少し金儲けをすればよいのだ。もうちょっと頑張れば版画美術館も借りられる。

旧作と合わせて10枚ぐらい100号を並べたい。

まずは竹内謙礼の『売り上げがドカンとあがる……』などを読み込んで金儲けに走ろう!

いつまで経っても自転車操業人生である。

中尾さんが新しく私の絵のページ「菊地理作品専用サイト《を作ってくれたので、リンクを張った。ご一見ください。

 

『新・宇宙の寸法』をおすすめします!

  新しいブログのご紹介。『森への想い』豊富な写真で飾られた、自然讃歌のさわやかなブログです。

 

ここにご紹介していたそのほかのページはリンクに移動しました。  


2012年南フランスの旅  

作品集(1年以内)   作品集(ここ1~2年)  作品集(数年前)   

画歴(profile)  「唇寒《バックナンバー  絵の話  小さな話   絵画教室  クロッキー会

イッキ描きとは何か?  イッキ描きの完成へ  メール  リンク  ブログ 新・宇宙の寸法