あなたのライフスタイルに合ったわんこを






こんな犬がいいなぁ、というイメージは既にお持ちだと思います。
ただ、その犬があなたと一緒に暮らすのに適しているかどうかは
また別に考えなくてはなりません。
このあたり、ヒトの伴侶選びと似ていなくもないんですよ。
「このひとカッコイイ ! 好きなタイプ! !」 と思った人と実際に相性がいいかどうかは
また別ですね。
ここではその考え方のヒントを差し上げたいと思います。
 






  どんな犬種か 
   
 

もちろんMIXだっていいんです。
いえ、むしろMIXの方が良い場合もあるんですが
ここでは純潔種について考えていきましょう。

純潔種はもともとはヒトが犬に仕事をさせるために作り出されたものです。
だからそれぞれが目的にかなった特徴を持っています。
もちろん同じ犬種だからといっても個体差はあります。
機械じゃないですから。
それでも、純潔種の傾向というものは無視できません。
しつけである程度抑えられるものもありますが、
そのように生まれて来ているものを強制するのはお互いに大変ですね。
また、それがその犬種の魅力と考えれば意味の無いことでもあります。

だから見た目だけでなく、
何の為に生れてきた犬種なのかを考えて選んでください。

例えば
セントハウンド系のわんこはニオイを嗅ぐのが大好き。
お散歩中、あっちの草叢こっちのおしっこの痕、と鼻を突っ込み動きません。     
さくさく歩きたい方や清潔志向の方は辛いかもしれませんね。

牧羊犬は動くものに敏感です。
の〜んびりお散歩を楽しみたいなら刺激に負けないだけのしつけが必要です。

ガードドッグは家族を守るのが役目。
しょっちゅう来客のある家では気が休まらないかもしれません。

レトリーバー系はものを運ぶ( 口に入れて)が好きなように作られましたから、      
噛み噛みするのが大好き。家具など傷ついても大丈夫ですか。

などなどいっぱいあります。
しつこいようですが、個体差やしつけの強弱で違ってきます。
でも持って生れた本能を抑えるのはヒトも大変ですし、
犬もストレスがかかります。

「これだけは許せない」という事がその犬種の特徴であったなら
無理して強制するより違う犬種を選んだ方が良いと思います。

 
   
  あなた自身 
   
  同時にあなたのイメージしているわんこがあなたのライフスタイルに合うか
考えていきましょう。
  • もしあなたがとても静かな住宅街でお暮らしなら、
    吠える犬種を選ぶのは最善の選択とは言えないかもしれませんね。

  • 生活圏が二階以上でエレベーターが無い場合
    一人で抱っこして階段を上り下り出来ますか。( 病気・怪我をした場合 )
    特に大型犬の場合10年後もそれが出来ますか。
    あなたも年を取ってるんですよ。
    急病の時、他に家族がいるとは限りません。
    一人で病院まで連れて行けますか。

  • 番犬の役目も期待したいのなら、人が大好きな犬種には出来ません。

  • たくさんの運動量を必要とする犬種に、運動させてやれますか。(10年後も)   
    家でじっとしているのが好きな方には苦痛でしょう。

  • 反対に座敷犬系に過度な運動はさせないでくださいね。
    アジリティなどして楽しみたいなら骨格のチェックもお願いします。

  • 暖かい地方にお住まいなら、
    なるべく寒い国出身のわんこはお止めになった方が良いかもしれません。
なとなど。

犬種とあなたのライフスタイルを考えることは結局おなじ事。
わんこ選びに不可欠です。

 
   
  オスかメスか・個体差 
   
 

オスとメス、これも悩むところではないでしょうか。
ヒトと違って選べるのが却って困りますよね。

犬のオスメスもヒトとおんなじです。。
大抵の男のコは活発で、女のコは大人しい。
でも弱々しい男のコもいれば猛々しい女のコもいます。
不思議でもナンでもないですね、個体差です。

性別で決めないで、性格で選んだ方が良いでしょう。

これはブリーダーさんの力を借りるしかないですね。
経験が深く、誠実なブリーダーさんのです。
ショップでは無理だと思います。
なぜかと言うと、あの狭いガラスケースの中に1日中閉じ込められた状態では
その仔犬の本来の姿なんてわかりっこないからです。
それに・・・・・ショップで働いていらっしゃる方には申し訳ないのですが
あそこに仔犬を閉じ込めて平気でいられる人のいう事なんて
信じられませんね、私は。

仔犬がどんな性格か調べるテストがあります。
有名なテストですが、決して100%確実ではありませんし、
たぶんブリーダーさんもやらせてはくれないでしょう。
その仔が
普段は( ←ここ大事) どんな仔なのか、(初対面の)あなたがテストしてもわからないですしね。

どんな性格の仔が好みなのか、遠慮無く相談してみましょう。
たくさんの犬たちを見てきたブリーダーさんなら
「この仔はこういう性格」っていう風に経験に基づいた予想を立てられます。

もしもあなたが社交的な性格で、
いろんなところに犬連れで参加したいと思っているなら、そう伝えてください。
そういったことに向くタイプを選んでくれるでしょう。
おっとりした性格のあなたなら、
勝気で叱られてもへでもないタイプのわんこは手に余るかもしれません。
反対に何事も積極的な方は、
おずおずしたタイプのわんこだと物足りなく感じてしまうかもしれません。
そういったことをみんな伝えて、相性の良いわんこを選んでくださいね。 


時たま7〜8ヶ月を境に性格が変わる仔もいます。
  シャイだった仔が大人になるにつれ、「なんだ、怖くないや」って理解して積極的になったり
  怖いものしらずだった仔が訳がわかるにつれて慎重になったりすることがあります。
 
          






  おまけ 
   
  性格は矯正できる ? 
   
 

う〜ん・・・・・。
持って生れたものですから、人格改造のようなことは無理です。
我々だって、“自分の性格のこんな所を直したい”と思っていても
なかなか出来ないことですよね。
自覚しててもこうなんですから、わんこには尚更でしょう。
わんこは自分の性格で思い悩んだり困ったりしてませんから。

でも、育て方によって、欠点とされる所を薄めてあげるといったことは出来ます。
シャイだったり吠え癖があっても、
生活するのに困らない程度に持って行ってあげることは不可能ではありません。
 

   
  オス・メスのオトナ加減 
   
 

個体差があるとは言うものの、
大抵のメスはオスより早くオトナになる傾向があるようです。

犬の1歳はヒトで言うと18歳だそうですが、
僭越ですが例えさせて頂けるなら、
このころの精神面ではヒトの中学生くらいを思い浮かべていただければ
ピッタリじゃないかと思います。
女の子はもう落ち着いてきて、"オネエサン"という感じになってきますが、
男の子はまだまだガキンチョをやっている・・・。
そんな感じです。

メスは早くから仔犬らしさから抜け出て手が掛からなくなり
遊びに誘ってもあまりノッてこなくなります。
でも飼い主のそばを離れなかったりで (一般にオスと比べて、ですよ !)
安心です。
オスはやんちゃな時代が長いです。
元気の良さを楽しめる反面、早く落ち着いてくれないかと大変に感じることも
あるでしょう。

しつこいようですが
好奇心の多少などによってオトナ度の個体差はありますよ〜。

   
  本能って強い ? 
   
 

強弱こそあれ、本能を持っているということは馬鹿に出来ません。
こんなお話があります。

ある初老の男性が、よく懐いている土佐犬を連れて散歩していました。
いつものように仲良く歩いていたのですが
男性が何かにつまづき転んでしまった所、すかさず土佐犬が襲い掛かり
重症を負わせてしまったのです。
倒れた者にとどめを刺す本能が瞬間ほかの全ての事に勝ってしまったのです。

これは極端な例ですが
本能とはこういうことなのかもしれません。
走りたい本能・追いかけたい本能・モノを噛んでみたい本能・・・・・。
認めてあげて、そのうえできちんとしつけをして行きましょう。 

認める、とは「好きなようにさせる」の意味ではありません。
  “理解したいという姿勢”です。
  例えば、噛んだり引き千切りたいという欲求には、スジ肉(アキレス腱) を与えるなどして満たしてあげたいものですね。
 
          




おねがい




先ほど純血種の傾向についてお話させていただきましたが、
犬種についての決め付けはどうぞなさらぬようにお願いします。 

ラブラドールは賢いハズだ、とかゴールデンはフレンドリーでなければならない、とか。
ヒトと同じです。日本人だから勤勉なハズだとは言えないですもんね。

ご近所の犬を見て、この犬種はこうなんだと思い込むのもキケンです。

ある日、私は自分のわんこたちを連れて散歩していました。
うんちの始末のとき全員がスワッテマテが出来たので、それを見ていた方が
「その犬は賢いのねぇっ。ウチも犬を飼おうかって話になってるの。」
とおっしゃいました。
なんだかイヤな予感がしました。
数ヶ月後、案の定その方が我が家のわんこと同じ犬種の犬に引っ張り回されて
散歩しているのを見ました。

テレビやご近所で見かけるおりこうなわんこは、
( ←うちの犬のコトじゃありません)
その犬種だからおりこうというわけではないんですよ。






INDEX