6.33 オイルの調整

 キャブレターの調整や分解清掃を行う時は、どうしてもワイヤー類を外すので

 困ってしまう場合が多いみたいです。

 これがオイルポンプの調整する所 (アクセル:アイドリング状態)

  基本的には、分解する前に 

  ネジの回転数付け位置をメモに取って置いたり、

  最近は携帯デジカメがあるから、写真に撮って置く事

     絶対必要

写真が、アクセル半分の所
 写真がアクセル全開

 青い所に 出っ張りの基準線がある。

 赤い線が、オイルのスロットルアームの平行線

のラインがアクセル全開で平行になるのが基本らしいが

 私のLJ50エンジンでは、若干早期に平行になる。(オイル多め?) 

 私の経験では、基本値は本当に基本で

  走り方・アクセルの踏み方の癖・全開走効率・平均使用速度 いろんな条件でオイルの条件が違いますので

  はっきり言って、この調整 意味無いです。(下手すりゃ焼きつく

調整は、緑の矢印にあるネジで行います。(メモも、はずす時にココを何回 回したか? これ重要)

 

 基本は、現状から増やす方が良いのか? 減らす方が良いのか? この方法で調整しましょう。

6.32 キャブレター に書きましたが、キャブ変えちゃったとか、スープアップ系の部品付けた時は

 プラグなどエンジンの反応を見て、細かく少しずつ変化させ、エンジンの調子を確認しながら変更しましょう。

 私ら、DIYでジムニーを弄り遊ぶ場合、セッティングは簡単には行きません。

 

 燃費を気にする方多いですが、LJ50エンジンは オイル消費も気にしましょう。

 

 戻る