プロフィール 演奏会用作品リスト 映画音楽リスト 著作 CD、レコード 作曲依頼・楽譜の問合せ

【訃報】作曲家 眞鍋理一郎

作曲家 眞鍋理一郎氏は1月29日に御逝去されました。
90歳でした。
喪主は長男の平太郎氏。
御葬儀は既に親族のみで済ませ、後日、東宝ミュージック、スリーシェルズ、伊福部昭百年紀等によるお別れの会を行う予定です。

お別れ会は
2015年4月18日原宿にて
お別れ会の詳細はこちら

眞鍋理一郎経歴

東京藝術大学作曲科及び研究科で学び、1953年日本音楽コンクール作曲部門で入賞。
1956年、日活作品「愛情」(堀池清監督)の音楽を作曲したことから映画音楽の世界へ入り、生涯に約200本の映画に音楽をつけた。
代表作には、大島渚作品「太陽の墓場」(ブルーリボン映画音楽賞受賞作)。『スーパージャイアンツ』、『青春残酷物語』、『日本の夜と霧』、『ゴジラ対ヘドラ』、『ゴジラ対メガロ』、『太陽の子』『花と蛇』などがある。
純音楽作品としては、『フリュート協奏曲』(芸術祭参加作)『甘露門交響曲』(1983年 世界仏教音楽コンクールに第二位入賞)、スリーシェルズの委嘱による『XYZ』(吹奏楽)、『追憶』(絃楽オーケストラ)などがある。
日本大学藝術学部他で後進を指導した。
2013年より、伊福部昭生誕百年紀実行委員会の副委員長を務めた。

関連ページ
スリーシェルズ
オーケストラ・トリプティーク



現在、新曲を作曲中です。
ヴィオラ協奏曲を構想中(2011年)
後に、「追憶」となりました。
演奏会用作品・劇伴問わず作曲依頼も受けておりますので、気軽にご連絡ください。

2009年11月9日
生誕85年記念コンサートは無事終了いたしました。
ありがとうございました。

下記、過去情報
11月13日哘崎考宏ギターリサイタルにて
《ファンタジア》(ギター版)が初演されました。
8月に吹奏楽のための新曲が完成しました(来年録音予定)。
月刊『音楽の世界』(CMD:日本音楽舞踊会議)に
エッセイ「私の出会った音楽家たち」を2004年12月より2005年8月まで連載
高崎商科大付属校高校100周年校歌(谷川俊太郎作詞)を作曲しました。

85歳コンサートの内容は
 チラシ 
新作の三味線作品初演(三味線:野澤徹也)。
Violaと箏の長安早春賦に新2楽章(2009年9月完成)を追加した三楽章版の初演(箏:藤川いずみ)。
伊奈かっぺい作詩による津軽三つの歌の再演(歌は佐藤光政!)
谷川俊太郎作詩による三つの歌再演(出版は子守唄のみ、全三曲での演奏は久々。歌は飯島香織)
ギターのためのファンタジア(哘崎考宏)
そして、フリュート協奏曲のピアノ版初演(フルート:向井理絵


〈指揮をする眞鍋理一郎〉

管理人へのメール

since2005-09-02
Riichiro Manabe website
(C) 2005 johakyu All Rights Reserved