05/03/31

鳳凰座

外観

所在
岐阜県下呂市御厩野
交通
JR高山線「下呂」・JR中央線「坂下」間バス「御厩野」すぐ
沿革
 舞台部分は1827年(文政10年)に、もと日枝神社の西にあった舞台を現在地に移築したもので、1883年(明治16年)に客席部分が増築された。
 1952年に建物全体の改修が行われ、その時に回り舞台が撤去されている。
 太平洋戦争中に中断したものの、建設以来、地芝居が続けられている。
建物規模
間口 18.3m、奥行 24.5m (延613m2; 収容840人)
1階
鳳凰座1階
2階
鳳凰座2階
舞台キー舞台
客席キー客席
客回キー客用設備
楽屋キー楽屋

スケール
舞台規模
間口 14.4m、奥行 7.2m
利用状況
 毎年5月3日・4日に地芝居が行われる。

内部の様子

[↑このページの冒頭へ戻る][全国芝居小屋一覧へ戻 る]