060909 [全国芝居小屋一覧へ戻る]

NOTE

*1 「芝居小屋」とは
 「芝居小屋」というのは、普通は、興行目的に建てられた劇場のことを言います。ですから、農村等での自給的娯楽として行われていた芝居用の舞台、つまり「農村舞台」に客席が付随した建物とは別物と考えられています。
 ところが地方の「芝居小屋」が、地域の行事や自給的娯楽に使用されることは多かったわけですし、「農村舞台」でも、買芝居と言われる興行が行われていました。
 両者は、建設や運営の資金の調達では区別されますし、その結果、建築物も違ってきます。「芝居小屋」は償却を考えるから、当然「安普請」になり、「農村舞台」は長持ちする。八千代座が大修理しなけりゃならなかったのに、もっと古い明治座は大丈夫。そういう違いはあります。
 このサイトでは、形態を重視し、芝居の上演用という目的で建てられた建物ということで、両者を区別することなく紹介しています。
*2 掲載データについて
 愛知県の知多市の岡田地区に、家具屋の倉庫として使用されているが「喜楽座」という元芝居小屋がある、という情報により、現地を訪ねた際には、直前に解体されていました。
 恵那市にあった劇場形式の農村舞台の場合にも、現地に現状を問い合わせたら、直前に解体されたということでした。
 このような例もあり、サイト開設当時に現存した建物で、掲載されていないものもあります。
*3 ブラウズについて
 せっかくW3Cの規格があるにもかかわらず特定のブラウザを推奨する、という愚かしいことはしたくないので、最近の更新では、XHTML1.0 Transitionalに準拠するようにしています。準拠しきれていないページもありますが、非常にシンプルなhtml文ですので、 日本語フォントが表示ができないとかXHTML 1.0に対応していないとかでない限り、環境には依存していないと思います。
 MAC-OS上で作成していますが、簡単な手直し等にはLinux機でもしており、MAC-OS-X上のFirefox、Safari、iCab、Linux上のMozillaで見たところ問題ないようです。
 画面の解像度は、72dpiを基準に作成しています。この場合、見取り図の縮尺は1/600となります。
*4 ページの順序
 各芝居小屋のページは、linkタグにより、建設年が古いものから順序を設定しています。ブラウザのナビゲーション・ツール・バーを使えば、古いものから一覧が可能です。
 なお、Mozilla, FireFox, Opera, iCabなどでは可能ですが、Internet Explorerなどの一部ブラウザは、この機能に対応していません。
*5 掲載データの帰属
 データについては現地や全国芝居小屋会議で入手したものがありますが、画像は、基本的に開設者が撮影、もしくは作成しています(一部の参考画像を除く)。ということは、その著作権が開設者にあるということです。
 さらに、画像の縮小やデータ圧縮を行う以前の画像も開設者のもとにはあるということです。そのデータを利用したい方には提供したりもしますが、必ず提供するというわけじゃありません。
 著作者データは、このページの最下部にあります。
*6 掲載データの利用、言及、リンク
 このサイトは、全ての公開されているWEBサイトと同じく、著作権法上は「公開された著作物」ですので、著作権法によって正当な範囲での引用、紹介、批評、そのためのリンクは、開設者に返信を要求することなく可能です。リンクの連絡ついでに感想や情報を貰うということもありますので、連絡をお断 りしてるわけではありません。

 もちろん、トップページ以外へのリンクも自由ですが、その場合は、ディレクトリの構造や名前、ファイル名が突然に変更されることがよくあるので、リンク 切れには、ご自身で注意される必要があります。

 単なる「リンク許可のお願い」だけのメールが来ることがあります。返事を期待はしないでください。
 ところで、リンクに許可は不要なのに、わざわざ返事を求めるのには、おそらく、2通りの可能性があります。

●リンクについての誤解がある。
 たまに、「無断リンクお断り」とか書いてあるサイトがあります。自分のサイトに何を書こうと勝手ですが、嫌なら、公開しなけりゃいいし、認証性にしてもいい。アクセス解析して「無断リンク」からのジャンプは制限するようなこともしてない。検索サイ トは無断でリンクしますが、検索ロボット除けのタグもない。
 ネット上では当然のことを嫌がるのですから、「お願い」すればいいのに「禁止します」とか高圧的なのや、中には「無断リンクは著作権法やネチケット (?)に反します」という嘘まで書いているサイトもあるようです。そういう「嘘」を真に受けて、著作権やマナーについて誤解している人がいるのでしょう。
 ついでながら、「無断リンクお断り」は、公開された著作物に関しての自由な紹介や批評について制限を加えたいという意図ですから、実効性はないにして も、他人の表現の自由を侵害する意図を持っていると、書いている方のモラルが問われるでしょうね。

●著作権を侵害する形式での「リンク」をしたいと思っている。
 フレームを残して、その内部にこのサイトの内容を表示したり、自分のページに、このサイトの画像を表示したり、このサイトの内容を自分のサイトの内容のようにする場合は、紹介のための「リンク」というより、「引用」か「転載」ですね。著作権法上、正当な「引用」には条件があります。
 また、個々の端末でのキャッシュやプロクシサーバーの場合は問題ないのですが、一旦、このサイトの内容をサーバーに蓄積し、それを限られた端末で観せるというシステムを作れば、公衆送信権の侵害にあたります。
 勝手にすればいいリンクにわざわざ許可を求めるのは、そういう著作者の許諾が必要な形の「リンク」を意図しているから、「許可」を求めていると考えられます。特に、非公開のサイトだと、こちらは確かめようがないですから、その危険性が高いですね。
 こういう「リンク」は、今まで許諾したことはありませんので、見つけた方がいらしたら、報せてください。

 なお「google」のキャッシュについては、形式上、公衆送信権および同一性保持権の侵害の疑義があるとしても、そもそも法一条における「公正な利用」の範疇なので、法益侵害はないと考えています。
 「Library of Alexandria Foundation」の「The Internet Archive」についても、米国法107条の「fair use」だろうなと思ってます。
*7 全国芝居小屋会議
 全国芝居小屋会議は、「現在まで残る江戸時代の歌舞伎劇場の様式を伝える木造建築の芝居小屋」に関わる団体・個人で組織された「全国芝居小屋連絡協議 会」によって、関係者や関心のある人たちの交流や情報交換のために開催されたもので、会議には協議会に参加していなくとも参加できます。

第1回 1993年11月 熊本県山鹿市 八千代座
第2回 1994年11月 愛媛県内子町 内子座
第3回 1995年9月 秋田県小坂町 康楽館
第4回 1996年4月 香川県琴平町 金丸座
第5回 1997年11月 群馬県大間々町 ながめ余興場
第6回 1998年9月 岐阜県恵那郡加子母村 明治座
第7回 1999年9月 東京都 日本大学
第8回 2000年4月 茨城県日立市 日立市武道館
第9回 2002年10月 熊本県山鹿市 八千代座
(中止) 2003年9月 福岡県飯塚市 嘉穂劇場
第10回 2004年8月 愛媛県内子町 内子座
第11回 2005年9月 岐阜県下呂市 下呂温泉
第12回(予定) 2006年 福岡県飯塚市 嘉穂劇場
*8 ブルーリボン・バナーについて
 トップページの左上のバナーは何かという質問をいただきましたが、「blueribon」バナーといわれ、「Free Speach Online」と書かれています。開設当時(1996年)に問題になっていたネット上のデータの検閲に、反対の意志表示のためのものです。
 なお 、2004年頃から、まぎらわしい類似のバナー(偽ブルーリボンと呼ばれています)を貼り付けたサイトを見かけるようになりましたので、ご注意ください。
日本の芝居小屋 1996年8月開設 西村正裕
Copyright Masahiro NISHIMURA since aug.08,1996. *6
E-mail to:nishi153@ba2.so-net.ne.jp
[↑このページの冒頭へ戻る] [全国芝居小屋一覧へ戻る]