05/03/31

常盤座

外観

所在
岐阜県中津川市高山1026-1
交通
JR中央線「中津川」より「付知峡」方面行きバス、「高山」下車、西方の知原橋を渡り、高山小学校の西北。
 なお、最寄りのバス停は「知原橋」であるが、停車する「湯の島口」行きの便が夕方の1本のみ。
沿革
 1891年(明治24年)に「演劇所」として落成。その以前から常磐神社境内では芝居が行われており、前年に寄付募集が行われ起 工された。
 建設当初は常磐演劇場と呼ばれたが、1901年に常盤座に名称を統一し、瓦葺きも実現された。
 1945年に軍の要請により倉庫となったが、47年には破損を改修し再開された。この時に回り舞台は取り壊された。1973年から存続について検討され るようになったが、75年に改修が決定し、翌年には第1回高山歌舞伎公演が行われた。  さらに1983年、92年と改修工事を行い、1995年度の改修では回り舞台の復元が行われた。
建物規模
間口 17.1m、奥行 26.9m (延697m2; 収容約500人)
1階
常盤座1階
2階
常盤座2階
舞台キー舞台
客席キー客席
客回キー客用設備
楽屋キー楽屋

スケール
舞台規模
間口 11.2m、奥行 8.3m
利用状況
 毎年、春に地歌舞伎公演が行われている。地元では今後、さらに多様な芸能の上演を行っていきたいという意向である。

内部の様子

[↑このページの冒頭へ戻る][全国芝居小屋一覧へ戻 る]