00/08/12

脇町劇場

脇町劇場外観

所在
徳島県美馬郡脇町大字猪尻字西分140-1
交通
JR徳島線「穴吹」より脇町行きバス
高松より穴吹行きバス「脇町」
沿革
 1934年、常設劇場兼常設活動写真館として建設された。当初から興行師への賃貸によって経営され、戦前は主に旅回りの芝居に、戦後は映画 館として使用されてきた。後に専ら映画館に使用されるようになり鳥屋が撤去されたが、花道やその下の通路、回り舞台は残っていた。
 1995年、老朽化により倒壊の危険があるため解体することになり、劇場賃貸契約を終了し明け渡されたが、伝統建造物保存地区である「うだつの町並み」 から川を挟んで建てられており、町並み保存会から保存の要望が出され、町も検討の必要を表明したため、所有者は解体を延期した。
 1996年秋には、97年の正月映画のロケに使用された。
 1999年には、町によって大規模な改修が行われ、1階の客席床や演劇用の機構も復元され、町指定の文化財に指定された。
 なお、現在も映画のロケの際に名付けられた「オデオン座」という表示が付けられている。
建物規模
間口 14.6m、奥行 27.3m (延612.17m2; 収容人員250人)
1階脇町劇場1階2階脇町劇場2階 舞台キー舞台
客席キー客席
客回キー客用設備
楽屋キー楽屋

スケール
舞台規模
間口 10.9m、奥行 7.3m (回り舞台径6.4m)
利用状況
改修後は、多目的に使用され、催しのない時には、有料(200円)で内部の見学が可能。火曜と年末年始は休館。

脇町劇場内部

工事時の様子
改修前の外観
復現された天井
改修前の内部
[↑このページの冒頭へ戻る] [全国芝居小屋一覧へ戻る]