特徴(更新平成14年3月24日)

アンケート用紙をプリントアウトし、それを見ながらチェックしてください

◎ 特異な顔貌

◎ 骨格異常

◎ 特異な皮膚紋理

◎ 精神遅滞(軽度〜中度)

◎ 低身長

◎ 易感染性

頭部・顔面の特徴 :

・より低いまぶたの外転

・長いまぶたの裂け目

・アーチ形の眉

・長いまつげ

・青色強膜

・先端がつぶれた鼻

・口蓋裂/口唇裂、アーチ形の口蓋

・突出した大きな耳介

・耳介前のフィステル

・生歯不整

 歌舞伎を持った子供の顔の特徴は、歌舞伎役者の隈取り化粧によくにています(大きな目、長く厚いまつげ、アーチ形の眉、平らな鼻の先端および顕著な耳)。口蓋裂/口唇裂あるいは高いアーチ形の口蓋は、食べ物を咀嚼するということや言語の障害を引き起こす原因になるかもしれません。歯は通常広く間隔を置かれ不規則(すきっ歯)です。多くの場合、欠歯 (または)最初から永久歯が生えてくる場合もあります。最も歯の問題は、歯医者によって簡単に治療できます。

 歌舞伎を持った子供はしばしば筋肉が柔らかいままのケースがあります。これは将来の運動能力の向上に大きく影響します。実際問題、理学療法と作業療法が適しています。かなりの数の子供は発作を経験します。そのことによって、問題がより複雑になる場合もあるし、そうでない場合もあります。その下で議論した、自分の課題となります。子供の多くは斜視あるいは眼振のいずれかを持っています。初期の段階での治療が重要です。

過剰運動性関節(関節の可動域が正常に比べ増大した状態および関節疾患)

 ほとんどの子供は共通的に筋肉が固くならない症状を持っています。理学療法治療および肉体的活動は筋肉を強くするために必要なことです。

出生後成長遅延

 多くの赤ん坊の体重は平均よりゆっくり増えます。また、その赤ん坊は「成長障害児」と呼ばれるかもしれません。大多数の歌舞伎の子供の成長曲線は、標準ラインより下になります。ごく一部の子供には成長ホルモン治療が必要とされます。また、ごく一部の子供には、明らかに内分泌学では解決できない青春期の肥満になりますので注意してください。

◎ 皮膚紋理異常(右図参照)

(1)指紋の蹄状紋増加

(2)c,dにおける指三叉皮膚隆線図形がない

(3)小指球の渦状紋の増加

(4)小指の関節のしわが一重

(5)指尖部の隆起

◎ 知的不能

軽度〜中度の精神遅滞。

 ほとんどの歌舞伎の子どもたちは軽度から中度域の知的能力を持っています。以下は、アメリカの場合ですが、会話と微細運動技能の援助を必要とする子も中にはいますが、学校の通常のカリキュラムについていくことができます。

 もっと大きくなり10代はじめになると、機能的なレベルまで読みを既に学習していたり、あるいは読みを学習し始めようとしているでしょう。算数の技能については様々です。上手にできる子もいれば、学習がなかなか上手くいかない子もいます。書くことについてはほとんどの子どもたちが遅れますが、年齢を重ねるうちにこの技能を達成するようになります。ほとんどの子どもたちは、補助教員の力を借りることで通常の公教育を受けることができますが、彼らの学習の課題を彼らの能力に応じたものに修正したりする必要があるでしょう。

 以上のように、アメリカではインテグレーションが進んでいるので、通常学級での教育参加が援助さえあれば可能なようです。

難聴

 歌舞伎を持った人の50%以上は難聴を経験します。しかしながら、難聴は、ほとんどの場合、反復中耳炎が原因ではありません。

 歌舞伎を持った個人の約25%は感覚神経的な(神経タイプ)難聴(それは生まれた時から通常存在し、中耳伝染病と無関係である)を経験します。感覚神経的な難聴は補聴器で扱われます。

 歌舞伎を持った個人の約20%で、伝導性の難聴があるとされています。これらの子供の難聴は、内耳への音の異常な電導に帰着する耳骨格の異常によると考えられました。伝導性の難聴は、耳骨格を手術する外科か、あるいは補聴器のいずれかで補われます。

 反復中耳炎(中耳伝染病)および頑固な中耳の粘液は、歌舞伎の子供たちにとって非常に一般的です(82%)。粘液が、鼓膜の後ろにあるとき、これらの子どもたちは一時的に伝導性の難聴に罹患するかもしれません、見方を変えて、もし、基本的な聴力が正常である場合、この種の難聴は粘液の排除により正常に戻るでしょう。中耳粘液の主要な治療方法は耳索環(チューブ)です。

 過去に、流出(粘液の中耳)を備えた、OMEあるいは中耳炎は抗生物質で扱われました。この手法については、今問われています。ほとんどの人々は、AOMだけ(それは鋭い中耳炎(中耳中の膿)である)が抗生物質で扱われるべきであると今思います。中耳流体(粘液)2つの唯一の有効な治療法は時間と耳の索環です。

 何人かの子供は、「フォニック イヤー」の使用によって助けられています。あるいは補聴器と接合させるか否かで。「フォニック イヤー」(聴覚トレーナーとして、あるいはFMシステムとして知られている)は、ほとんどの背景雑音をろ過する、マイクロホンを着用している人の音声を増幅する拡大ユニットです。

 言語の遅れが難聴に起因するかもしれないので、子供のヒアリングについては、初期の頃から頻繁に聴力検査することは必要です。

◎ 骨格異常

・短い第5の指(小指)

・短い第5の指の中央の密集方陣

・脊柱側弯症

・股関節部の形成障害

・股関節部の脱臼

 股関節異常、股関節部の移動は可能性です。しばしば、これは外科的治療および(または)ギプスにより治療しなければなりません。特に子供が歩行困難であれば、骨盤域のX線撮影により、いずれの治療方法が正しいかと言う判断材料になります。さらに膝蓋骨(膝キャップ)の脱臼の可能性があります。脊柱側弯症については通常、軽度です。しかし、何人かの子供は、後部締め金を備えた(コルセット)により補整を必要とします。

心臓血管の異常

 歌舞伎を持った子供の少なくとも30%は心臓欠陥を持っています。大部分については、これが、誕生の後にすぐに発見され、外科によって治療されます。すべての子供がこのために少なくとも一度診察されることが勧められます。

泌尿生殖器の異常

 多くの子供たちは腎臓あるいは他の尿路異常を持っています。これを見つけ、治癒するために腹の超音波を受診されることをお勧めします。

◎ 伝染病への感受性

 事実上、子供はすべて呼吸の伝染病および耳伝染病に、より弱い。子供が成長するとともに、これは非常に減少するように見えます。抗生物質に加えて、繰り返された耳伝染病は、鼓膜の中へ外科的方法により、チューブを挿入し、粘液を排除する治療が良く行われます。ENT(耳、鼻および喉)専門家による綿密なモニタリングは、難聴を最小限にするのに非常に有効です。

 乳首の間隔が広い、早熟の乳房発達、性早熟性(思春期前)、小さくなった免疫、小頭症、停留精巣、臍ヘルニア、鼠径のヘルニア、毛深さ、および、普通の白斑(脱色のパッチ)のように報告されている他、多くの報告があります。

 もちろん、すべての子供はこれらの特性にすべて該当するとは限りません。

より技術的な情報を望み、OMIM(マンの中のオンライン・メンデル性遺伝(Online Mendelian Inheritance))を見る場合 歌舞伎症候群へのエントリー バイオテクノロジー情報(Biotechnology Information)ウェブサイト用の全国センター(National Center)で。それは適応させられた研究です。また、言語は多くの場合非常に技術的です。同様に、ヒトゲノム・マッピング・プロジェクト(Human Genome Mapping Project)はこれを持っています。 歌舞伎症候群特徴のリスト

※上記2つのリンク先については、エキサイトの翻訳プログラムにより、自動的に日本語変換されます。