Kabuki Syndrome Network in Japan Newsletter 歌舞伎ジャーナル  第42号

<<平成17年1月19日>>

  精神遅滞について(一般論)

 以前より、歌舞伎症候群の特徴の1つとして『精神遅滞』がみうけられるケースが多いと記してきました。いろいろ調べているうちにフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、知能による分類が解りやすく掲載されていましたので紹介します。一度目を通してください。

    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 知能による分類

 基本的には、知能指数が高い人ほど人数が多い。しかし、知能検査の種類によっては最重度まで正確な存在数比率を出せない場合もある。

 教育の分野では、軽度の生徒を「教育可能」、中度の生徒を「訓練可能」と分類していた時代もあったが、これは障害が重い人に対して先入観を与え、可能性を奪うものとして今では全く用いられていない。

 ボーダー(境界域)

 知能指数は70~85程度。知的障害者とは認定されない場合が多いが、認定されないためにかえって厳しい状況におかれることもある。

 軽度

 知能指数は50~70程度。理論上は知的障害者の約8割がこのカテゴリーに分類されるが、本人・周囲とも障害にはっきりと気付かずに社会生活を営んでいて、障害の自認がない場合も多い。生理的要因による障害が多く、健康状態は良好であることが多い。

 中度

 知能指数は35~50程度。

 重度

 知能指数は20~35程度。大部分に合併症が見られる。

 最重度

 知能指数は20以下。大部分に合併症が見られる。寝たきりの場合も多い。しかし運動機能に問題がない場合もあるため、多動などの行為が問題になる場合があり、「動く重心児」という呼び方をされ、施設解体の流れでどうなるかや、ケアの仕方が問題となっている。

 大島分類表

 運動能力と知能指数による分類として、大島一良による大島分類が使用されている。下記の表は大島分類の表に障害別の大まかな分布範囲を表記したものであるが、個人差があることに注意されたい。

 

 

歌舞伎ジャーナル目次へ  / E-mail