Kabuki Syndrome Network in Japan Newsletter 歌舞伎ジャーナル  第44号

<<平成17年4月24日>>

  学校での個別の評価方法について(提案)

 通知表以外で、歌舞伎症候群に限らず、知的障害児の能力をなるべく客観的に現す評価方法はないかと考え、次のようなものを作成し、先日、担任に渡しました。もらった担任もたぶん困っているだろうと思います。まだ、回答はありません。

 インターネットのニュースで、「中山文部科学大臣が、ゆとり教育の失敗について、子供たちの前で謝罪」という内容の記事を読みました。大臣は、子供の前で国のとった「ゆとり教育」の制度で、子供たちから学ぶ時間を取り上げてしまい、大変不利な状況を作ってしまったことを謝罪しました。

 私事で恐縮ですが、2-3年前、アメリカの高校生数名を連れて京都の沙羅双樹で有名な妙心寺の宿坊で泊まりました。その折り、高校生から次のような質問を受けました。「日本はどうしてバカを作るのに一生懸命なのか。」この質問の背景として、京都に泊まる前に5日間程度ホームステイを体験し、地元の県立高校へ通学しました。そのホームステイや通学を通して感じたことを元に、「これからは国家の利益を守るために、国家間の競争がますます激しくなることは、明らかである。国家の将来を担う、子供たちの授業時間を国の制度で奪うことはおかしい。アメリカ人は、勉強していないように思われているが、それは誤解である。」ということでした。

――――――(以下,担任に渡したシート)―――――――

 従来の障害児教育を支えてきた学校教育法75条に規定された障害児学級(法制上は「特殊学級」)が無くなり特別支援教室となるとされている。しかし、これまで積み重ねてこられた、知的障害学級など専門性を持ってきた学級がどうなるのかは明らかにされていない。目的は、平成16年度1年間の記録をデータとして残し、知る必要がある。

 様式はすべてこの様式にこだわる必要はなく、項目として、具体的な内容を記載し、1年後の目標を記載し、164月、173月の状況を記載する。目標が到達されていなくても全く問題はない。また、決して教師を評価するものではない。

T 学校生活

@コミュニケーション能力

 

173月の目標

164

173

教師

     

他の児童と

     

A排泄行為

 

173月の目標

164

173

知らせる

     

トイレへ連れて行くと

     

B食事(給食)

 

173月の目標

164

173

好き嫌い

     

食事マナー

     

Cあそび

 

173月の目標

164

173

好きな遊び

     

他の児童との遊び

     

Dいたずら

 

173月の目標

164

173

教師へのいたずら

     

他の児童への

     

E着替え

項目

173月の目標

164

173

       

Fそうじ

項目

173月の目標

164

173

       
       

 

U 授業

@国語

   

173月の目標

164

173

読み

単語数

     

文字

     

数字

     

暗唱

     

書き

ひらがな

     

カタカナ

     

数字

     

読解力

       

表現能力

       

A算数

項目

173月の目標

164

173

計算能力

     

式を考える能力

     

B音楽

項目

173月の目標

164

173

       
       

C体育

項目

173月の目標

164

173

       
       

 

 

歌舞伎ジャーナル目次へ  / E-mail