Kabuki Syndrome Network in Japan Newsletter 歌舞伎ジャーナル  第49号

<<平成17年11月17日>>

 11月11日愛知県心身障害者コロニーに行ってきました。

 11月11日(金)定期健診のために愛知県心身障害者コロニー(以下『コロニー』)に行きました。

 コロニーは、昭和45年にオープンしました。場所は愛知県の東部丘陵。言わば里山に位置し、周りには警察学校などがあり、安心できるところにあります。30年以上前に現在の位置に立てられ、現在は心身障害に関するいろいろな施設(重症心身障害児施設知的障害施設知的障害者更生施設知的障害者授産施設短期母子療育施設職業訓練校養護学校発達障害研究所自閉症・発達障害支援センター、公園、共同作業棟 など)があります。左側の写真は中央病院の車寄せです。築35年。歴史が詰まってます。

 

 

 

 この地に心身障害の施設を作ったということは、企画段階を含めると40年以上前の計画と思います。40年50年先を見越して計画した当時の担当者に先見の明があったと思います。

 公園などは自由に散策でき、以前は、コロニーに来るたびにいろいろなところへ探検に行きました。

 

 

 季節は、晩秋で、紅葉も始まったところです。左の写真は、コロニーへ入っていくアプローチ道路てす。

 いつも感心するのですが、コロニーの先生やスタッフの方々が大変親切ということです。弱者のことをよく理解していただいているということです。

 

 我が家からコロニーまでは車でおおよそ20分かかります。朝、8時30分に家を出れば、8時50分ごろには到着できます。

 

 

 さて、今日のメニューは、

 1 身長・体重測定…身長は、118.8cm 体重は29.1kgでした。(右の写真は、測定後です)

 2 全脊柱レントゲン撮影…6ヶ月ごとにレントゲン撮影を行い、整形外科でチェックしていただいています。平成14年6月に撮ったレントゲン写真と比較してください。写真は左から、正面、側面、撮影前(コルセットは外しています) 

 3 歯科検診(今回初めて)…歯科検診の結果、欠歯があるとか、乳歯が残っているとかが判明しました。本当に欠歯かは、レントゲン撮影しないと正確な判断が出来ないと先生は仰いました(そのとおりだと思います)。コロニーの診察用のイスは、子どもが暴れないようにベルトが装着されていました。それでもスタッフの方が5人も付いていただきました。今回はリバースすることが想定されていたので、朝食を抜きました。大正解でした。口から泡をいっぱい吹き、目からは大粒の涙が溢れていました。 

 いづれにしても、まともに歯科検診できたのは今回初めてで、大変良かったです。

 4 整形外科検診…整形外科では、6ヶ月ごとに先生の診察を受けています。毎回レントゲン撮影を行い、『脊柱の状況』確認と『矯正具の作成』を担当していただいています。以前ブログでも紹介したように、2年前からコルセットを作っていただいているのですが(現在3作目)、それで脊柱側弯症が治るわけではありません。上の写真のとおり、脊柱が『S』の字にカーブしています。背骨の1つが『<』型になっており、重力の法則に従い、それを直そうとして、もう一度曲がったようです。曲がりの角度は2年前とあまり変わりはないようです。また超偏平足のため、矯正をかねた靴を作っていただいています。先生の指示に従い専門業者が市販の靴を加工します。今の靴は、紐をベロクロにしたり、靴の内側に貼り物をします。 

 5 小児内科検診…歌舞伎症候群と診断していただいた診療科目です。この先生より英語の歌舞伎症候群のホームページの存在を教えていただき、ホームページを立ち上げるにいたってはアドバイスをいただきました。

 3ヶ月ごとに診察を受けています。最初に3ヶ月間の出来事(生活状況や罹った病気など)を報告します。その後、聴診器をあてて、触診により診察していただき、当面の注意すべき事項などを丁寧に説明していただいてます。また、最新情報も先生から教えていただき、子どもだけでなく保護者も救われています。

 6 甲状腺ホルモン検査のための採血…横への成長は標準以上ですが、縦への成長が標準以下のため検査するものです。 

  梓は今まで「イタイ!!」という言葉を発したことがありませんでした。「イタイ」時は『ゴメンナサイ!大丈夫』と発していました。理由は、学校などで誰かがぶつかったりしたとき、相手は『ゴメンナサイ!大丈夫』と言います。すなわち「イタイ」=『ゴメンナサイ!大丈夫』でした。ところが今日は「イタイ!!」と発していました。本当に痛かったのでしょう。余談ですがパニックに陥ると『カレーライス、ラーメン、スパゲッティ・・・』と食事の名前を連呼します。 

 右の写真は、採血後です。とてもじゃないけど採血中は見られません。

 今日は懐かしい先生にも会いました。1歳〜4歳まで理学療法でお世話になった先生です

 これだけのメニューを午前中に済ませ、なお且つ、喫茶ルームで、モーニングセット(コーヒー、トースト、サラダ、ゆで卵、バナナ) を食べ、学校へ戻り、給食に間に合いました。(体重オーバーなのに。ゴメンナサイ 満腹中枢が壊れているので…言い訳です)

 大きな病院では待ち時間が2時間以上というような話を耳にしたことがありますが、以前のコロニーもそうでした。待ち時間だけでストレスがたまりました。コロニーの先生およびスタッフの皆さんの努力により非常にコンパクトになったと思います。ありがとうございました。

 

学校の教室は次のとおりです。

 今回の写真はすべてカメラ付携帯電話で撮ったものです。

 

 

歌舞伎ジャーナル目次へ  / E-mail