Kabuki Syndrome Network in Japan Newsletter 歌舞伎ジャーナル  第85号

<<平成20年8月3日>>

  1年生から6年生までの通知表を比較し、成長の度合いを検証します。

 ただいま、小学6年生。学校のご配慮により入学以来特別な通知表を作って いただいています。

 6年生を契機に、今までの通知表とその評価方法を検証してみたいと思いま す。

 学校側の特筆すべき状況は次のとおりです。

 ・1年生のときは3学期制でしたが、2年生からは前期・後期の2学期制と なりました。

 ・2学期制とはいえ、梓の場合は、前期(夏休みまで・10月)後期(冬休み まで・3月)計4回通知表を作っていただいています(普通の児童は計2回)。

 保護者が通知表を主観で検証した結果は次のとおりです。

 ・当たり前のことですが、低学年ほどばらつきが大きい(先生から聞いたと ころによると入学したての頃は、「保育園児が間違えて学校へきちゃった」とい う感じだったそうです)

 ・学校側は、1年で大きく成長するという期待をこめて、1学期及び前期の目標設定を立てられたものと思料しました。

 ・しかし、低学年次の通知表の評価は「もう少し努力したい」ばかり でした。

 ・3年生からは評価が「もう少し努力したい」から「ほぼ満足できる」・「 おおむね満足できる」がたくさん付く通知表に大きく方向転換が図られた。

 ・マイナスの発想からプラスの発想への転換が図られた。

 ・したがって、評価すべき内容を、より細かく、短所より長所を伸ばそうと いう学校側の姿勢が窺えます(「通知表のために授業が行われていない」ことは言 うまでもありません)。

 ・明確ではないにしろ、小学校卒業までを視野に入れた本人の成長を願った長期計画がこの時点で立てられたと考えます。(オーダーメイ ド教育の実現)。

 ・このことはおそらく、担任の先生方のボトム・アップで生まれたものと思 います。

学校側のご配慮には感謝の気持ちでいっぱいです。

通知表の見方は

  ◎…「ほぼ満足できる」、○…「おおむね満足できる」

  △…「もう少し努力したい」本当の通知表は"空欄"で表現されている

 −…この学年は評価の対象に該当しない

評価時は6年生のみ夏休み前で、他は3月です。

生  活

1年生 2年生 3年生 4年生 5年生 6年生
好ききらいをしないで、何でも食べる
行儀よく食事をする - - - -
スプーンを使ってこぼさないよう食事をする  - -
牛乳のビニルを外す  - - -
デザートのフルーツ類を自分で食べる  - - -
教師の指示で牛乳瓶とお盆を片づける  - -
教師の指示で給食のハンカチの出し入れをする  - -
教師の指示で水道の水を出し手を洗う・水を止める - -
教師の支援でハンカチで手を拭く  - -
自分の体に関心をもち、手洗い・洗顔・うがいができる - - -
教師の支援ではブラシを持って歯を磨く・うがいをする  - - - -
自分で服を着たり、脱いだりできる - - -
教師の指示でズボン・紙パンツの着脱をする  - -
教師の支援でTシャツの着脱をする  - -
教師の指示で上履(シューズ)を左右正しく履く  - -
教師の指示で運動靴の脱着をする  - -
一人でトイレに行き、排尿・排便ができる - - -
教師の指示でトイレでズボンを下ろし便座にすわる  - - - -
トイレの水を流す・手洗いをする  - - - -
施設や道具を安全に使うことができる  - - -
友達と仲良く、いろいろな遊びができる  -
日常のあいさつを適切にすることができる 
名前を呼ばれたら「はい」と返事をする  - -
自分の名前「あずさです」が言える  - -
指示されてランドセルから用具を出し机の中にしまう  - -
教師の指示でランドセルや帽子をロッカーの中にしまう  - -
教師の指示でランドセルの中に用具をしまう  - -
教師の指示で学習の用意・片づけをする  - -
落とした鉛筆や筆箱を拾う  - -
自分の物が分かる  - - -
「立って」「座って」の指示が分かり行動できる  - -
日直、給食当番、掃除当番などの係活動ができる 
日常生活で簡単な手伝いや仕事が進んでできる  - - -
日常生活に必要な簡単なきまりを守って行動できる - - -
保健室まで健康観察表を届けて戻る - -
およその値段がわかって、一人で買い物ができる  - - -
身近な自然に興味・関心をもち、その様子を知ることができる  - - -
身近な自然を大切にし、工夫して遊びや生活ができる  - - - -
自分と家庭や社会とのかかわりに気づくことができる  - - -
身近な公共施設や公共物の働きを知って利用できる  - - -
身近な社会とかかわり、みんなと適切に行動できる  - - - -
活動を通して気付いたことや楽しかったことを表現できる - - -
畑や花壇の世話をする  - - - -
いろいろな行事に楽しく参加する  -
階段を手摺につかまらないで上り下りする  - - -
教師の支援で階段を交互に降りることができる  - - -
自分で物を持って階段などの移動がができる  - - - -

 

国  語

1年生 2年生 3年生 4年生 5年生 6年生
絵本や紙芝居を関心をもってみることができる
見聞きしたことのあらましを先生や友達に話すことができる  - - -
先生や友達の話しかけに応じることができる 
ひらがなやカタカナを書くことができる  - - -
簡単な文や日記を書くことができる  - - -
ひらがなの文を読むことができる  -
簡単な物語を読み、その内容をつかむことができる  - - -
自分の名前のカードの横にひらがなカードを並べる  - - - -
簡単なひらがなが読める  - -
簡単なカタカナが読める  - -
いろいろな線をなぞる  - - -
簡単なひらがなを書くことができる  - - -
ひらがなカルタを取ることができる  - - - -
簡単なカタカナを書くことができる  - - - -
ものの名前や簡単な語句の意味が分かる
漢字まじりの文章を読む  - - - -
自分の名前のカードの横にひらがなカードを並べる  - - - -
絵カードとひらがなの単語カードを合わせる  - - - -

 

算  数

1年生 2年生 3年生 4年生 5年生 6年生
身近にあるものの数量や形に関心をもつことができる  - - -
初歩的な数の概念が分かる  - - -
簡単な計算ができる(たし算・ひき算)  - - -
長さや重さ、かさなどをはかることができる  - - -
基本的な図形や簡単な図表が分かる  - - -
時間や暦に関心をもち、そのしくみがわかる - - -
簡単な文章題を解く  - - - -
数え玉を1〜10まで唱えながら動かす  - - - -
数え玉を1〜20まで唱えながら動かす  - - - -
1〜10までの数字を認識している - - - -
1〜20までの数字が読める  - - - -
1〜30までの数字が読める  - - - -
1〜50までの数字が読める  - - -
数字の1.2.3.(4)を書く  - -
数字の4〜10を書く  - - - -
色板・ボール等を色別に分ける  - - - -
1〜5までの数を2つ使った足し算ができる - - - - -
2つの数を足して和が10までの足し算ができる  - - - -
カレンダーに31までの数を書く  - - - -

 

社  会

1年生 2年生 3年生 4年生 5年生 6年生
日本地図パズルを完成することができる  - - - -
沖縄と九州の県名が分かる  - - - - -
北海道・沖縄と東北・九州地方の都道府県名が分かる - - - -
主な果物(りんご・みかんなど)の産地が分かる  - - - -
  - - - - -

 

音  楽

1年生 2年生 3年生 4年生 5年生 6年生
音楽を自分にあった方法で楽しむことができる 
音楽に合わせて簡単な動作や身体表現ができる 
やさしい歌を伴奏に合わせて、楽しく歌うことができる  - -
楽器を使って、簡単な曲を演奏することができる  - - -
曲の雰囲気を感じ取って聴くことができる  - - -
鍵盤ハーモニカを鳴らすことができる - -
打楽器を使って、簡単なリズム遊びをする - - - -
  - - - - -

 

図画工作・家庭

1年生 2年生 3年生 4年生 5年生 6年生
かいたり、つくったり、飾ったりすることを楽しむことができる  - - -
見たことや感じたことを楽しく絵にかくことができる 
教師の支援で身近な材料を使って、簡単な工作物を作ることができる 
いろいろな材料や用具を使うことができる  - - -
作品のよさや美しさ、おもしろさなどに気付くことができる  - - -
粘土で好きなものを作る - - -
ビーズを通す  - - - -
教師の支援で紙を半分に折る  - -
教師の支援でハサミで紙を切る  - -
教師の支援で紙を貼る  - - -
教師の支援のもとで調理に楽しく参加する  - - - -

 

体  育

1年生 2年生 3年生 4年生 5年生 6年生
いろいろな運動を楽しむ  - -
歩く、走る、跳ぶなどの基本的な運動ができる 
器械・器具・用具を使った運動ができる  - -
水の中で遊んだり、運動したりすることができる  -
簡単なきまりを守り、友達とともに安全に運動することができる 
ボール遊びをする(転がす・両手で投げる・ける) - -
マット遊びをする(ころがり)  - - -
教師の支援で、高いところや平均台を歩く  - - -
  - - - - -

参 考 

  第48号 小学3年生・・・学校側ですばらしい通知表を作っていただきました(2005.10.8)

  第56号 小学4年生・・・今年も特別な通知表を作っていただきました(2006.9.8)

管理者の許可なく、このページの引用や転用は固く禁じます。

歌舞伎ジャーナル目次へ  / E-mail