HOMEキャンプ釣り散歩道うちの紹介リンク民宿かんなり

 1993年の春、何の前触れもなく急にカヌーが欲しくなった! 

 しかし、情報が乏しく何処で買えるのか、どんな種類が有るのか、どうやって乗るのか、さっぱり解らないままカタログ収集に走り回った。

 スクールに通う時間がもったいない・・・How To本を買いまくった、乗ってる人を見ると穴が開くほど観察した。

 1994年、思い立ってから1年間イメージトレーニングを繰り返し、とうとう最初の1艇が来た!



1999年 水遊び日記


2000年 水遊び日記


2001年 水遊び日記


2002年 水遊び日記


2003年 水遊び日記

チミケップ湖☆ オールドタウン・キャンパー

 訳も解らず帯広市のショップで奨められるまま買ったのがこれ、家族5人で乗っても安定性抜群(ただし静水で)!

 近頃はママチームの専用艇として子供達の良いオモチャ、積載能力の高さからパパのハーリング専用船、川下りのトランスポーターと今でも大活躍中!

 初期の神成家を語るに欠かせない大事な1艇、遠征先の記念にステッカーを張るうちにステッカーだらけに、パパもママも子供達もみんなこの艇でスキルを上げました、ケインシートもボロボロで少々くたびれて家の庭でお留守番が多くなっています。

達古武湖 家族5人フルで乗った時は、5人力(?)で多少風が強くてもものともせずガンガン進んじゃいました。速い速い・・・!さすがに喫水線が上がり、釧路川で沈を繰り返し何度か死の恐怖を体験するのでありました。軽いので車への積み卸しは楽なのですが、風の強い湖で一人で漕ぎ出し、何度か地獄を見ました。風の吹くまま流されるまま、あっという間に対岸に吹き飛ばされたこともあります。

 行動範囲が広がってきたのと、水船からの脱出計画を水面下で進行させるうち、1人艇のカヤックが欲しくなってしまい、1998年中型のシーカヤックを購入!


チミケップ湖☆ ダガー・エディスト

 ファルトボートのボイジャー415・同360・クオリティーペンギン・パフィン・ピロエットSそしてエディストと悩みに悩む・・・

 ファルトの機動性は魅力なのだが、使い方が荒いのと、現場に到着してザッと乗って、サッと帰りたい性格なのでリジット艇を本命に秀岳荘札幌白石店を覗く。


愛別ダム
 スタッフから懇切丁寧な説明を受け、現物の展示してあったダガーエディストに決定!早速購入の上、そのまま車に積んで帯広まで帰って来ました。

 大き過ぎず、短か過ぎず、川から湖・沿岸までオールマイティーに使え大満足!!!釧路川では南弟子屈の瀬もガンガン乗れちゃいます

 ウッドカヌーを手作りしてみたいのですが、遊ぶのが忙しくて時間が取れないので、諦めています。

札内川のアパラチアン☆ オールドタウン・アパラチアン

 子供達の体が大きくなってきたのと、自分のスキルがアップするにしたがい再び増殖に悩む日々が続く、近頃は川下りにハマッてしまい、ヒマさえあれば家のすぐ近くを流れる札内川を下る、午前に1本、午後から1本、夕方に1本といった具合、仕事が早く終わった日は帰宅後に一本って事もある。

 プリヨンのプレイボートが欲しかったのだが、秀岳荘札幌白石店で実物の展示を見てしまったのと、やはりカナディアンのオープンでお気軽に乗り出せる魅力には勝てず衝動買い、再びその場で車に積んで帰って来てしまった!!

 流れの中でのコントロールのしやすさに定評のあるアパラチアンであるが、キさぁー今日も行きまっせ〜!ャンパーと比べて感動するほどの違いはそう感じられないような気がする。それよりも何よりも「重い・・・!」、これまでのキャンパーで25kg程であったが、アパラチアンは32kg、車載は私一人で担いで行うのだがスウォートが肩に食い込み、川下りの後などはうんざりしてしまう。購入を考えている方には15ftのカスケードの方が断然おすすめである。

 重さに辟易しカスケードへの買い換えを考えていたのだが、ちょこちょこ川下りに使用するうちに操作性の良さと足の速さが感動的に体感できるようになり、重さを克服するために自身を筋力アップし体重は75kgから85kgへ、今では川へ湖へすっかり我が家のメイン艇となり大活躍!

 スウォートがセンターからずれており、担ぐとスターンが下がりバランスを取るのにヘロヘロになっていた、自分で13mm程バウ方向へ付け直し対処した。

 今後も日記でキャンパーとの違いや、インプレッションをお知らせいたします。


 ミニギャラリー  


足寄湖  大好きな然別湖北岸  チミケップ湖