ページロゴ 明治15年1月4日に下賜された『軍人勅諭』です。
帝国陸海軍軍人の精神的基盤になったといわれています。


陸海軍軍人に賜はりたる勅諭

我國の軍隊は世々天皇の統率し給ふ所にぞある。昔、神武天皇躬(み)つから大伴、物部の兵どもを率ゐ、中國(なかつくに)のまつろはぬものどもを討ち平げ給ひ、高御座(たかみくら)に即かせられて、天下しろしめし給ひしより、二千五百有餘年を經ぬ。此間世の樣の移り換るに随(したが)ひて、兵制の沿革も亦(また)屡(しばしば)なりき。古は天皇躬つから軍隊を率ゐ給ふ御制にて、時ありては皇后、皇太子の代らせ給ふこともありつれど、大凡(おおよそ)兵權(へいけん)を臣下に委ね給ふことはなかりき。中世に至りて、文武の制度皆唐國風に倣(なら)はせ給ひ、六衛府を置き、左右馬寮を建て、防人など設けられしかば、兵制は整ひたれども、打續ける昇平に狙(な)れて、朝廷の政務も漸(ようやく)文弱に流れければ、兵農おのづから二に分れ、古の徴兵はいつとなく壯兵の姿に變り、遂に武士となり、兵馬の權は一向(ひたすら)に其武士どもの棟梁たる者に歸(き)し、世の亂(みだれ)と共に政治の大權も亦(また)其手(そのて)に落ち、凡七百年の間、武家の政治とはなりぬ。世の樣の移り換りて斯(かく)なれるは、人力もて挽回すべきにあらずとはいひながら、且は我國體に戻り、且は我祖宗の御制に背き奉り、淺間しき次第になりき。降(くだ)りて弘化、嘉永の頃より、徳川の幕府其政(まつりごと)衰え、剩(あまつさえ)外國の事ども起りて其侮(あなどり)をも受けぬべき勢に迫りければ、朕が皇祖(おおじのみこと)仁孝天皇、皇考(ちちのみこと)孝明天皇いたく宸襟(しんきん)を悩し給ひしこそ、忝(かたじけな)くも亦(また)惶(かしこ)けれ。然るに朕幼くして天津日嗣(あまつひつぎ)を受けし初、征夷大将軍其政権を返上し、大名、小名其版籍を奉還し、年を經ずして海内一統の世となり、古制度に復しぬ。是、文武の忠臣良弼(りょうひつ)ありて、朕を輔翼せる功績なり。歴世祖宗の專(もっぱら)蒼生(そうせい)を憐み給ひし御遺澤(ごゆいたく)なりといへども、併(しかしながら)我臣民の其心に順逆の理を辨(わきま)へ、大義の重きを知れるが故にこそあれ。されば此時に於て兵制を更(あらた)め、我國の光を燿(かがやか)さんと思ひ、此十五年が程に陸海軍の制をば今の樣に建定(たてさだ)めぬ。夫(それ)、兵馬の大權は朕が統ぶる所なれば、其司々(つかさづかさ)をこそ臣下には任すなれ、其大綱は朕親(みずから)之を攬(と)りて、肯(あえ)て臣下に委ぬべきものにあらず。子々孫々に至るまで篤く斯(この)旨を傳へ、天子は文武の大權を掌握するの義を存して、再(ふたたび)中世以降の如き失體(しったい)なからんことを望むなり。朕は汝等軍人の大元帥なるぞ。されは朕は汝等を股肱(ここう)と頼み、汝等は朕を頭首と仰ぎてぞ、其親(したしみ)は特に深かるべき。朕が國家を保護して上天の惠(めぐみ)に應じ、祖宗の恩に報いまゐらする事を得るも得ざるも、汝等軍人が其(その)職を盡(つく)すと盡さヾるとに由るぞかし。我國の稜威(みいづ)振はざることあらば、汝等能(よ)く朕と其憂ひを共にせよ。我武(ぶ)維(これ)揚りて其榮(えい)を燿さば、朕汝等と其誉(ほまれ)を偕(とも)にすべし、汝等皆其職を守り、朕と一心になりて力を國家の保護に盡さば、我國の蒼生は永く太平の福(さいわい)を受け、我國の威烈(いれつ)は大に世界の光華ともなりぬべし。朕斯(かく)も深く汝等軍人に望むなれば、猶(なお)訓諭すべき事こそあれ。いでや之を左に述べむ。

一、軍人は忠節を盡すを本分とすべし。凡(およそ)生を我國に禀(う)くるもの、誰かは國に報ゆるの心なかるべき。況(ま)して軍人たらん者は、此心の固からでは、物の用に立ち得べしとも思はれず。軍人にして報國の心堅固ならざるは、如何程(いかほど)技藝に熟し、學術に長ずるも、猶(なお)偶人にひとしかるべし。其隊伍も整ひ、節制も正くとも、忠節を存せざる軍隊は、事に臨みて烏合の衆に同かるべし。抑(そもそも)國家を保護し、國權を維持するは兵力に在れば、兵力の消長は是國運の盛衰なることを辨(わきま)へ、世論に惑はず、政治に拘らず、只々一途に己が本分の忠節を守り、義は山嶽よりも重く、死は鴻毛よりも輕しと覺悟せよ。其操を破りて不覺を取り、汚名を受くるなかれ。

一、軍人は禮儀を正くすべし。凡(およそ)軍人には、上元帥より下一卒に至るまで、其間に官職の階級ありて統屬するのみならず、同列同級とても停年に新舊(旧)あれば、新任の者は舊任のものに服従すべきものぞ。下級のものは上官の命を承ること実は朕が命を承る義と心得よ。己が隷屬する所にあらずとも、上級の者は勿論、停年の己より舊(ふる)きものに對しては、總て敬禮を盡すべし。又上級のものは下級のものに向ひ、聊(いささか)も輕侮驕傲の振舞あるべからず。公務の爲に威嚴を主とする時は格別なれども、其外は務めて懇(ねんごろ)に取扱ひ、慈愛を専一と心掛け、上下一致して王事に勤勞せよ。若(もし)軍人たるものにして、禮儀を妄(みだ)り、上を敬はず、下を惠まずして、一致の和諧を失ひたらんには、啻(ただ)に軍隊の蠧毒(とどく)のみかは、國家の爲にもゆるし難し罪人なるべし。

一、軍人は武勇を尚(とうと)ぶべし。夫(それ)、武勇は我國にては、古よりいとも貴べる所なれば、我國の臣民たらんもの武勇なくては叶ふまじ。況(ま)して軍人は戰ひに臨み、敵に當るの職なれば、片時も武勇を忘れてよかるべきか。さはあれ、武勇には大勇あり小勇ありて同じからず、血氣にはやり粗暴の振舞などせんは武勇とは謂ひ難し。軍人たらむものは、常に能く義理を辨(わきま)へ、能く膽(胆)力を練り、思慮を殫(つく)して事を謀るべし。小敵たりとも侮らず、大敵たりとも懼れず、己が武職を盡さむこそ、誠の大勇にはあれ。されば武勇を尚ぶものは、常々人に接(まじわ)るには温和を第一とし、諸人の愛敬を得むと心掛けよ。由なき勇を好みて猛威を振ひたらば、果は世人も忌嫌ひて豺狼(さいろう)などの如く思ひなむ。心すべきことにこそ。

一、軍人は信義を重んずべし。凡(およそ)、信義を守ること常の道にはあれど、わきて軍人は信義なくては一日も隊伍の中に交(まじ)りてあらんこと難かるべし。信とは己が言を踐(ふみ)行ひ、義とは己が分を盡すをいふなり。されば信義を盡さむと思はゞ、始より其事の成し得べきか、得べからざるかを審(つまびらか)に思考すべし。朧氣なる事を假初(かりそめ)に諾(うべな)ひて、よしなき關係を結び、後に至りて信義を立てんとすれば、進退谷(きわま)りて身の措き所に苦むことあり。悔ゆとも其詮なし、始に能々(よくよく)事の順逆を辨(わきま)へ、理非を考へ、其言は所詮踐むべからずと知り、其義はとても守るべからずと悟りなば、速に止るこそよけれ。古より、或は小節の信義を立てんとて大綱の順逆を誤り、或は公道の理非踏迷いて、私情の信義を守り、あたら英雄豪傑どもが、禍(わざわい)に遭ひ、身を滅ぼし、屍の上の汚名を後世まで遺せること其例尠(すくな)からぬものを、深く警(いまし)めてやはあるべき。

一、軍人は質素を旨とすべし。凡(およそ)、質素を旨とせざれば、文弱に流れ、輕薄に趨(はし)り、驕奢華靡の風を好み、遂には貧汚に陷りて、志も無下に賤くなり、節操も武勇も其甲斐なく、世人に爪はじきせらるる迄に至りぬべし。其身生涯の不幸なりといふも中々愚かなり。此風一たび軍人の間に起りては、彼の傳染病の如く蔓延し、士風も兵氣も頓(とみ)に衰へぬべきこと明なり。朕深く之を懼れて、曩(さき)に免黜條例を施行し、略(ほぼ)此事を誡め置きつれど、猶も其惡習の出んことを憂ひて心安からねば、故(ことさら)に又之を訓ふるぞかし。汝等軍人、ゆめ此訓誡を等閑(なおざり)にな思ひそ。

右の五ヶ條は軍人たらんもの暫しも忽(ゆるがせ)にすべからず。さて之を行はんには、一の誠心(まごころ)こそ大切なれ。抑(そもそも)此五ヶ條は、我軍人の精神にして一の誠心は又五ヶ條の精神なり。心誠ならざれば、如何なる嘉言も善行も皆うはべの装飾にて、何の用にかは立つべき。心だに誠あれば、何事も成なるものぞかし。況(ま)してや此五ヶ條は、天地の公道、人倫の常經なり。行ひ易く守り易し。汝等軍人、能く朕が訓に遵ひて此道を守り行ひ、國に報ゆるの務を盡さば、日本國の蒼生、擧(こぞ)りて之を悦びなん。朕一人の懌(よろこび)のみならんや。

六衛府
りくえふ。728年に設けられた内裏(御所)および京の守護にあたる朝廷内の軍隊。衛門府、左右衛士府、左右兵衛府と中衛府からなる。のち左右近衛府、左右衛門府、左右兵衛府に整備された。もとは大宝律令(701)の「五衛府」。

左右馬寮
めりょう。儀式や軍用など官馬の飼育と調教にあたる役所。

防人
筑紫、壱岐、対馬などの要地守備にあたった兵士。

宸襟
天皇の「こころ」を意味する言葉。

蒼生
人民たち。草木がたくさんはえているさまからのたとえ。

大元帥
明治4年から5年には制度的に存在した階級。大将位のうえが元帥、元帥のうえが大元帥とされている。むろん勅諭下賜のとき元帥・大元帥位は廃止されていたので、天皇が陸海軍の頭首であるという意味で使われたもの。のちに施行された帝国憲法第1章第11条にも「天皇ハ陸海軍ヲ統率ス」とだけ書かれており、大元帥の記述はない。

偶人
でく人形

隊伍
隊を組んできちんと並んださま、その組・列。

鴻毛
水鳥(おおとり)の羽毛。「きわめて軽い」の意。

豺狼
豺はヤマイヌ、狼はオオカミ。


インデックス・ページへ戻る