平成二十八年度日本歌謡学会春季大会式次第

 

日時 平成二十八年五月二十一日(土)〜二十二日(日)

会場 高岡市万葉歴史館(富山県高岡市伏木一宮1-11-11

 

《第一日》五月二十一日(土)(講演会受付1315分開始)

〈役員会〉                                     1215分〜1315分)   会議

〈公開講演会〉(同時に役員選挙)           1330分〜16時)      地階 講義室

 

  開会の辞                   日本歌謡学会名誉会長    真鍋 昌弘

  公開講演会1 

歌謡と万葉歌                 高岡市万葉歴史館館長  坂本 信幸

  公開講演会2 

天皇(すめらみこと)大御葬(おほみはぶり)に歌ふ歌─倭建命(やまとたけるのみこと)から明治天皇へ─   立命館大学教授  藤原 享和

  日本歌謡学会志田延義賞受賞式(16時〜1615分)

  理事・監査選挙集計発表 1615分〜1620分)

〈懇親会〉                       18時〜20時) 雨晴温泉 磯はなび コンベンションホール『立山』

(高岡市太田八八―一)

《第二日》五月二十二日(日)(受付9時15分開始)

〈研究発表 午前の部〉                (9時30分〜12時)  地階 講義室

@ 『琴歌譜』十一月節歌謡の曲名と構成

慶應義塾大学大学院修士課程修了 山口 苑子

A 『琴歌譜』「茲都歌」 ―「築き余す」をめぐって―

                       関西大学大学院博士課程 福原佐知子

B 平安期における催馬楽「山城」 ─「瓜たつ」の解釈をめぐって─

早稲田大学大学院博士後期課程 山ア薫

〈昼食〉(12時〜 13時)(当選理事の会)

〈研究発表 午後の部〉               13時〜1430分)  地階 講義室

C 『梁塵秘抄』熊野参詣歌謡における飛翔のイメージ―空より参らむ羽賜べ若王子―

フェリス女学院大学非常勤講師 縄手 聖子

D 箏曲地歌歌詞の表現世界―典拠との関係性の問題―

 愛知教育大学教授 田口 尚幸

〈総会〉                                             (1430分〜15時)

○閉会の辞                                                              日本歌謡学会会長 中田 幸司

○栂の木資料館(富山市長江新町四丁目五 長念寺)見学(16時半〜17時予定)

     貸切バス使用、見学後、富山駅までバスで移動。


 

※お問い合わせ先

   春季大会事務局

        〒141-8642 東京都品川区東五反田3-16-21 

清泉女子大学 姫野敦子研究室内 

 Tel 03−5421−3735(姫野研直通)(月・木・金におります)

E-mail himenoaseisen-u.ac.jp(★を@に変えて送信してください)