98年5月の日記
 
トップページへ戻る
所長室入口に戻る


1998.05.31 ()
 
「予定は未定にして決定に非ず」。昔の人は上手いコトをいったもんだねえ。 今、私はこの言葉をしみじみと噛みしめながらお茶をすすっている。ずずずずずず。ふうう。
 
いや、つまりその、要するに早い話が(早くない)、完成しなかったのだ。「転送室」が。あははははは。
 
だが、コレにはちゃんとした理由があるのだ。
 
理由1:「ギレンの野望」をクリアしていた。(連邦モード、117ターン、完全勝利)
理由2:お友達とチャットでどんちゃかお話ししていた。(楽しかったっす〜>ALL 参加者)
理由3:残りの時間は爆睡していた。
 
・・・同情の余地ナシの介ってヤツですか?

1998.05.30 ()
 
さてさて、ずいぶんと手こずったが、どうにか「広報室」をアップできた。久々にイラストも入れたし。
 
我ながら良くがんばったよな。何かごほうびをあげたい気分。んー・・・そうだ、「ギレンの野望」をやろう!(爆死)
 
さて、明日はリンク集を作る・・・予定だ。
 
[本日購入した本]
 ・第2次大戦 欧州戦史シリーズ Vol.4 〜 5 (学研)

1998.05.29 (金)
 
すでにお気づきかと思うが、私はダジャレが好きだ。それも、できるだけバカ度数が高いモノがお気に入りである。かつて何かのCMで、「靖子のラックは使いやすこ」と言ったのを聞いたときには、そのあまりのバカさかげんに、ほとんど悶絶したものである。言っているのが沢口靖子だったのも間抜けさに拍車をかけていて良かったし。
 
その他「手のシワとシワを合わせて幸せ」というのも、応用がきいて良かった。「手のフシとフシを合わせて不幸せ」とか、「手のシワとシワを寄せてしわ寄せ」とか。南無〜。
 
だがしかし、そんな私にも許せないものはある。そう、アレだ。「パラマウントベッド」のCMである。
 
「パラマう〜んと長生きしてね。」「パラマう〜んと楽になったわ」・・・・にこやかに微笑んでないで、ツッコめよ石坂浩二
 
いくつかのバリエーションはあるものの、どれも変わらず「パラマう〜んと」である。十年一日のごとく「パラマう〜んと」である。徹頭徹尾「パラマう〜んと」である。頼むから誰か止めてやれ。
 
それともアレだろうか。会社のエライさんが考えたダジャレなので、止めるに止められないのだろうか?だとしたら同情するが、あれがプロの考えたものなら・・・・なす。(-_-#
 
[本日購入した本]
 ・エンゼルハート (伊藤伸平 白泉社)

1998.05.28 (木)
 
会社の帰りに、駅で携帯電話(愛称:エリザベス)を地面に落っことす。一瞬、目の前真っ暗&顔面蒼白。幸いにも壊れはしなかったが、あちこちに傷が。あああ、ごめんよエリザベス〜。<ヤバくないかオレ。
 
「広報室」の原稿、遅々として進まず。なぜだ。単に研究内容の主旨を書くだけなのに。はっ、もしかしたら、主旨なんて初めから無かったのでわ?(即死)

1998.05.27 (水)
 
延び延びになっていた「広報室」の原稿を書き始める。最近、マッドサイエンティストとしての自分を見失いかけているので、気合いを入れて書いているのだが、いささか入りすぎ。もう、筆が滑る滑る。(^^;
 
とてもそのままでは使えないので、一晩寝かせてリライトすることに決定。久々にイラストも入れたいし、やることはたくさんあるなあ。
 
以前から気になっているのだが、「代○木アニメーション学院」の広告のコピーは誰が作っているんだろう。いや、例えばこんなのだが。
 
「21世紀のびっクリエーター教育」
「これからはじまるアートの世界だ 若者たちがメチャやりたがる サクセスの世界だ」
 
・・・・・・「学生に作らせてる」に2500ドラクマ。
 
[本日購入した本]
 ・いしいひさいちの問題外論 (チャンネルゼロ)

1998.05.26 (火)
 
「研究室」「セクシーコマンドー外伝外伝」を追加。んー、個人的にはツボだったんだが、世間一般にはどうだろう?
まあ、小ネタであることはまちがいないが。
 
会社の帰り道、大きな声で話しながら歩いている青年を発見。携帯電話かな?と思ってよく見ると、耳に森永チョコボール」の箱を当てている。とりあえず、暖かく見守る
 
[本日購入した本]
 ・カース オブ スポーン 日本語版 1 (メディアワークス)

1998.05.25 (月)
 
なんか、もお、いかんともしがたく寝不足。仕事中に意識を失いそうになる、っていうか事実上失っている。小人さん活躍。(究極超人あーる参照) パソコンの画面上は、謎の小人語で埋め尽くされている。
 
会社のエライ人の作ったワープロ文書の直しを依頼されるが、その独創的かつ地道な努力によって作成された内容に涙する。頼むから文字位置をスペースだけで合わせるのは止めてください(泣)。あと、小さな「ぃ」が入力できないからといって、「マルチメデア」とか平気で書くのはどんなもんでしょうか(号泣)。
 
しかし、こんな日記を書いてしまった以上、もはや会社の人にはこのHPは絶対見せられないな。
 

1998.05.24 ()
 
ア・バオア・クーを占領。TVシリーズどおりにホワイトベースは沈み、MSは全滅、アムロたちは無事脱出・・・したのだが、なぜか局地戦マップにシャアがいる。しかも赤いゲルググに乗って。なぜ??バグか?
 
ふと思い立って、大昔に買った「ガンダムセンチュリー(みのり書房)」を引っぱり出して読む。スタジオぬえによる「一年戦争解説」と「MS開発史」は今見てもスゴイ。
 
考えてみれば、ここに書かれた内容は、後にほとんどオフィシャルの設定になってるんだよなあ。「ブリティッシュ作戦」とか、「AMBAC」とかね。
 
はっ、昨日といい今日といい、ギャグがないぞギャグが!ちんぴょろすぽーん!<だからといって、とってつけたようなギャグを言うなよオレ。(しかも人様のネタを)
 

1998.05.23 ()
 
再び戦場へ。ソロモンを占領。どうでもいいことだが、占領後は連邦内では「コンペイ島」と呼ぶべきだと思うが。<ホントにどうでもいいな。
 
今思いついたんだが「こん平島」ってのはどうか。いや、どうか?って聞かれても困るだろうけど。
 
「ホビージャパン」と「モデルグラフィックス」を発売日前に買うために、神保町まででかける。それにしてもHJは変化しない雑誌だよなあ。デザイン的には明らかにMGに負けてる。キャラものの造形レベルや見せ方も、明らかにMGの方が優れてるし。
 
しかし、まあ、MGにしても「ガンダムセンチネル」の頃に、あさのまさひこ氏が確立したフォーマットを踏襲してるだけかも知れないけどね。
 
で、いっしょに購入した「GUNDAM MECHANICS 1」がひどかった。設定画をカード形式にしただけで「究極のメカ百科」を名乗るのは、図々しいだろ。2000円出せる内容じゃないよな。しちゃったけど。
 
[本日購入した本]
 ・ホビージャパン 7月号 (ホビージャパン)
 ・モデルグラフィックス 7月号 (大日本絵画)
 GUNDAM MECHANICS 1 (ホビージャパン)
 

1998.05.22 (金)
 
さて、例の電話応対コンクールだが。結論から先に言うと予選落ちであった。まあ、全社大会とかに出るなんてめんどくさいだけなので、結果オーライですが。なんか負け惜しみっぽいですか?
 
予選は、あらかじめ決められたシチュエーションで、受け答えの適切さを競う。みんな緊張するのか、受話器を持つ手が小刻みに震えている。アル中の集会かコレは。
 
で、他人のを見ている内は、けっこう余裕だったのだが、いざ自分の番が来ると、とたんに緊張する。もののみごとに手が震えるではないか。なんかもう、アル中どころかシャブ中状態。すげえカッコぞオレ。
 
今日買った本は、下にも書いてあるが「岸和田博士〜」である。ああ、やっぱりマッドサイエンティストはこうでないとなあ。(うっとり) 見習わなくちゃ。
 
でも、初期の頃に比べると、絵柄がけっこう変わってきてる気が。線が減ってシンプルな絵柄になってきてる。ギャグは相変わらずだけど。「おっさん全員大爆発ゥ!」<大好き
 
キャラとしては、ぱる子がお気に入り。いや、なんか、あの身も蓋もない性格が。(^^;
 
[本日購入した本]
 ・岸和田博士の科学的愛情 11巻 (トニーたけざき 講談社)
 

1998.05.21 (木)
 
なんか、掲示板の調子が悪い。つながらなかったり、つながってもひどく重かったり。レンタル元のHPを覗いてみたが、特にコメントなし。なんだかなー。
 
さて、一昨日の日記にも書いたが、明日は「電話応対コンクール」の予選会である。とりあえず、受け答えのシナリオめいたモノを作ってみるが、やっててイライラしてくる。敬語ってのは、何であんなに、まだるっこしいんだろうなぁ。
 
いっそのこと、電話取ったら間髪入れず、「はい、コスプレ学園です」と爽やかに言い放ってやろうかと本気で考える。多分やらないが。<「多分」かオイ。
 
下でピカピカ点滅してますが(爆)、トライガン マキシマムの単行本を見つけて器乱舞(誤字アリ)。個人的には、ガトリングスタンガンを抱えたでっかいねーちゃん、ミリィがお気に入り。賛同者求む
 
[本日購入した本]
 トライガン マキシマム (内藤泰弘 少年画報社)
 

1998.05.20 (水)
 
[研究室]「ウォーターワールド」をアップ。なんだか自分でも良くわからないモノになってしまった。(^^;
読んでお気づきの方もいるかと思いますが、私はケビン・コスナーが嫌いです。
 
それと、アリアさんからいただいた写真を1枚アップし忘れていました。大あわてでアップ。>ココ
ゴメンしてね。アリアさん。
 

1998.05.19 (火)
 
[寄贈品保管庫]を新設。ネバダさん、アリアさんからいただいた品物を展示した。んーむ、このお礼は必ずさせてもらいますけん。<まだ仁義なきアレが抜けてないなオレ。
 
それはそうと、いきなり会社で「電話応対コンクール」なぞというものに参加するよう、命じられてしまった。しかし、今の私はエセ極道状態。まともな電話応対ができるわけなかろうが。かなわんのう。
 

1998.05.18 (月)
 
予想を遥かに超える書き込みの多さに嬉しい悲鳴(瀕語)。これからも書き込んでもらうために、コツコツ更新せんといかんなあ。
 
そんなわけで、現在「映画に関する些末事」の2つ目を作成中。果たしてリミッターは外れるのか?でも、いずれにしろマヌケなものになるって方に500クルゼイロ。いや、ひとごとみたいに言ってる場合じゃないですけどね。
 
下にも書いてるが、仁義なき戦い 浪漫アルバム」を買う。約230ページに渡って「仁義なき戦い」のことしか書いてない(当たり前)という、この上なく濃い本である。読み終えたときには、君も広島ヤクザ博士だ!って嬉しくないですか?
 
[本日購入した本]
 仁義なき戦い 浪漫アルバム (杉作J太郎 植地穀 編著 徳間書店)
 

1998.05.17 ()
 
「職員室」をアップ。そして、ついに、ついに公開だーっ!そしたら、さっそく大勢の方々が掲示板に書き込んでくれて・・・。う、嬉しいじょおおおおおっ!(喜びの号泣)
 
でも、Koujiさんの書き込みを読んで、ちょっと焦り気味。そっかー。「半角のかぁ。んー、地道に直すしかないな。
ともかく、書き込んでくれた皆様、ありがとうございます。今後ともよろしくね。うふっ★<即刻やめろオレ
レスは明日書くんでお待ちくださいませ。
 
[本日購入した本]
 ・第2次大戦 欧州戦史シリーズ Vol.1 〜 3 (学研)
 

1998.05.16 ()
 
ついに「研究室」のコンテンツをアップ!内容は以前日記に書いた下ネタのアレだ。(^^;

いやー、ようやく形になってきたなー。後は「職員室」をアップすれば、とりあえず公開できるな。今日はもう寝るが。ふにゃー。
 
[本日購入した本]
 ・アベル/ベイカー/チャーリー (ジョン・R・マキシム 創元ノヴェルズ・古本)
 


1998.05.15 (金)
 
さて、昨日宣言したとおり、オペレーション・ロイヤルティを発動。我ら12名の精鋭部隊は、おぞましき甲殻類を殲滅すべく、戦場へと赴いた。
 
次々と襲い来る敵を、あるときは焼き尽くし、あるときは茹で上げ、或いは灼熱の油地獄へと(コロモ付きで)叩き落とし、あまつさえ装甲を破壊して生身を切り刻んだ。
 
約2時間で戦闘は終結。我々は敵甲殻類を跡形もなく粉砕した。大勝利である。
 
こうして一つの戦いは終わりを告げた。しかし、我々の戦いは果てしなく続く。次は強靱な角と頑強な肉体と4つの胃を持つ怪物を粉砕するのだ!さあ、武器を取れ。雄叫びを上げろ。ええっ、レク用積立金値上げっすか?そりゃないっすよ隊長(課長)!
 

1998.05.14 (木)
 
今〜私の〜 ねが〜いごとが〜 かなうな〜らば〜 お金が〜ほし〜い〜♪
ああっ、ネタが欲しいと歌うつもりだったのに、ついベタな本音がっ。
 
話は全然違うが、ふと気が付くと、最後に劇場で映画を見てから1年近くたっていて驚愕。ちなみに見たのは「THE END OF EVANGELION」だったりするわけだが。(^^;
 
そんなヤツが、映画について書こうってんだから、いい度胸してるよな。いわばアメイジング度胸、って俺は「ゲー帝」の語り部か?
 
とりあえず世紀のケッ作「スターシップ・トゥルーパーズ」は何としても見に行かねば。
 
そう言えば、会社の最寄り駅に変なポスターが貼ってあった。上半分が「スターシップ(以下略)」で、下半分が某水族館の「オーストラリアの巨大ガニ来る!」って広告。(バグ、いや爆)
 
どんなカニなんだいったい。思わず見に行きたくなったじゃないか。こーの商売上手がぁ。
 
さらにそう言えば、明日は会社のレクでカニを食うのだ。奇しき因縁(ドコが)よのう。
そんなワケで、明日の飲み会を「オペレーション・ロイヤルティ」と名付けることにした。さあ来い、モンキー野郎ども!食うか食われるかだ!(普通は食われない。)
 
[本日購入した本]
 ・いやげ物 (みうらじゅん メディアファクトリー)
 ・SSガイドブック (山下英一郎 新紀元社)
 

1998.05.13 (水)
 
月曜日以来ジオンとは休戦中。戦士にも休息は必要だ、って単に時間がないだけだが。(^^;
 
コンテンツ作成のために、過去に見た映画の記憶を、あれこれ探ってみた。しかし思い出すのは「弾丸が飛び交う映画」「宇宙船メカが飛び交う映画」「化け物怪物が暴れる映画」「きれいなお姉さんが出てる映画」「どうにもへっぽこぷうな映画」ばかり。
 
娯楽王道を突き進んでるよな、俺って。ある限定された意味で。
 

1998.05.12 (火)
 
会社の帰り、駅でフラフラと蛇行しながら歩いているオッサンを発見。相当酔っぱらっているご様子。折り詰めを持たせたら「全日本正しい酔っぱらいグランプリ」ベスト8くらいは狙えそうだ。いや、そんなグランプリはありませんが。
 
なんの気なしに眺めていると、何を思ったかそのオッサン、自動改札に定期を見せて通り抜けようとするではないか。
 
当然のことながら、ゲートが閉まる。気づくかなーと思ったのだが、さすがベスト8候補(しつこい)、「なんれ通さないんら、こらぁ〜」とか言いながら、ゲートにガンガン体当たり。見上げたチャレンジ魂だ。終いには大声で叫び始めた。
 
「おおお俺をバカにするのかぁ。俺はなあ、係長だぞぉ!」
 
オッサン・・・その中途半端な役職が哀しすぎるぞ。(ToT)
 
さて、そんな今日この頃、ようやくコンテンツを書き始めた私です。文章に脈絡がないような気がしますが、いつものことなので気にしてはいけません。
 
例の下ネタ風味は、書いてる内に本格的下ネタになってしまい、かなり困惑。すでに会社のイントラでこっそり発表したネタを転載しようかとも思ったのだが、そっちは原発ネタだったりするので、ソレはソレでリスキー。極端なネタしか書けんのかオレ。
 
まあ、週末までにはなんとか公開できるだろう。多分、きっと、恐らくは、或いは
 
[本日購入した本]
 ・スーパーロボットコミック ゲッターロボ編 (石川賢・他 双葉社)
 

1998.05.11 (月)
 
寒い・・・。いや、私のギャグが寒いのではなく、とは言え私のギャグも確かに相当寒いのだが、この場合はそうではなく、って早く本題に入れよオレ。
 
私が住んでるアパートは、安いのが取り柄の木造モルタルなので、外部の気温変化の影響がすこぶる大きいのだ。なんつーかアレですか?「季節の変化を肌で感じる」ってヤツですか?
 
今や、正しい日本の四季を知ることができるのは、磯野家と私の家だけだと言っても過言ではないぞ。冬なんかストーブつけてても息が白いしな。自慢にもならんが。
 
ああ、もう、ネタも出ないので今日は寝るナリよ。お休みー。
 
[本日購入した本]
 ・ひとりあそび (オオキトモユキ マガジンハウス)
 

1998.05.10 ()
 
キリマンジャロ攻略に成功。これで地球からジオン勢力を一掃できた、ってコレはなんの日記だ。
MSもG3ガンダムやGアーマー(ガンダムに変形可能)が開発できて、かなり強化された。
 
それにしてもジャミトフを始めとするティターンズ組の態度にはムカつく。なまじ能力値が高いので余計に腹が立つのだ。思わずトリアーエズに乗せて敵に特攻させる。何やってるんだか私は。(^^;
 
早いとこ「研究室」を立ち上げて、掲示板もつけて、今週中には公開したいなあ。とりあえず、今日はもう寝るが。
 

1998.05.09 ()
 
コンテンツのネタ用として「フロム・ダスク〜」をビデオで再見。やっぱりトム・サ○ィーニはイカす。いや、別に伏せ字にする必要はないけど、コンテンツとして発表するまでは隠しておこう。
 
主演のジョージ・クルーニーは、今でこそすっかりメジャーになったが、「キラートマト」シリーズに出演した過去を持つ男だ。本人は忘れてほしいだろうな、きっと。言うなれば川島なおみにとってのお笑いマンガ道場みたいなもんであろうか。ご愁傷様。
 
ビデオを見た後は、再び戦場へ。オデッサ作戦を開始。しかし進め方が遅いのか、ホワイト・ベースはとっととジャブローから宇宙へ上がってしまった。ジャブローに敵のMS隊を置きみやげにして。ジャブローが落とされるとゲームオーバーなので、半泣きで応戦。どうにか守りきるも、もうヘトヘト。
 
おかげで黒い三連星は戦死せず、以後、たびたびこちらを苦しめることになる。エルランは裏切らなかったし、マ・クベの核ミサイル攻撃もなし。ちょっと拍子抜け。
 
でもまあ、マチルダさんが戦死しなかったからすべて許す
 
[本日購入した本]
 ・事件の地平線 (とりみき 筑摩書房)
 
1998.05.08 (金)
 
今日の横浜はすごい強風。通勤途中に嬉しいハプニングでも起きないかと期待したものの、そんなものは1枚も見られなかった・・・って、だからそういうネタはやめれ。
 
さて、週末、私は東京の実家に帰るようにしている。で、たいていは会社から直接帰るのだが、今回は荷物がちょっと重い。なぜならバッグにサターンが入っているからだ。理由はあえて語らないが、みなまで言わずとも判っておろう、のう越後屋。(ダレが)
 
ところが、本体だけでパッドを入れ忘れてきたことに会社で気づき、ススムちゃん大ショック!しかたなく重い荷物を抱えて家までダッシュ!いや、もちろん仕事が終わってからですが。
 
まあ、おかげでこの日記が書けたから良しとしよう。疲れたけど。
 
[本日購入した本]
 ・ベル☆スタア強盗団 3 (伊藤明弘 角川ドラゴンコミックス)
 

1998.05.07 (木)
 
自宅のPCだけでは心もとなかったので、会社のPCでも動作を確認する。
うむ、ちゃんと見えるな。IEでもネスケでも問題なし、ってアラ?
 
よく見ると最終更新日が1988年 5月6日」になっている。おお、いつのまにそんな月日が。しかも10年間、1回の更新もなく。かてて加えてコンテンツは日記だけで。(即死)
 
ボケるのはその程度にして(爆)、自宅に帰ってから直す。
 
それはそうと、問題はコンテンツである。G・W中に考えようと思ったのだが「ギレンの野望」にハマってしまったため、何も思い付かなかったのだ。おのれジオン、許すまじ!
 
まあ、いわゆる不可抗力ってヤツですか?ですよね?同意していただけたなら先に進みます。
 
とは言え、いつまでも日記だけではさすがにアレなので、仕事中にネタを考える。
社会人として、給料をもらってる身としてソレでいいのか?と罪の意識が湧くが、なにしろ自宅には不可抗力が私を待ち構えているし。
 
んで、思い付いたことは思い付いたんだが、いささか下ネタ風味。(^^;
記念すべき最初のコンテンツが下ネタというのは如何なものか。いや、「フロム・ダスク・ティル・ドーン」のアレに関するネタなんですが。(わかんねーよ、アレじゃ。)
 
[本日購入した本]
 ・戦闘機甲兵団レギオン (ウィリアム・C・ディーツ 早川SF文庫)
 

1998.05.06 (水)
 
まずは、トップページと日記(このページ)をアップ。
telnet とネスケだけで何とかしようとしたが、あえなく玉砕。(苦笑)
しかたないので、「Cute FTP」をダウンロードして再チャレンジ。
 
なんとかなったな、うんうん。
 
さて、寝る前に、「ギレンの野望」でもやろーっと。 (笑)