98年6月の日記
 
トップページへ戻る
所長室入口に戻る


1998.06.30 (火)
 
暑い・・・。たまらなく蒸し暑いっす。私の性能保証温湿度範囲は狭いので、ちょっと暑いとほとんど役立たずと化してしまうのだった。はううう。も、寝よっと。

1998.06.29 (月)
 
朝起きたらが降っていたので会社を休む(ヲイ)。ウソである。ホントは朝早く実家から電話があり、子細は省くが急遽区役所に行かねばならなくなったのだ。
 
うっとうしい雨の中、区役所に行くと、うっとうしい役人がそこにいた。なんだか知らないけど、無意味に態度がでかい中年のオヤジである。椅子にふんぞり返ったまま、露骨に横柄な態度をとる。
 
しかし、私とてスーツを着ればヤ○ザみたい」と言われちゃう男だ。思い切り冷たい目で相手を見据えつつ手帳を取り出し、おもむろに相手の名前を聞く。オヤジの顔に明らかな狼狽の色が浮かんだ。
 
「そんな事聞いて、どうするんだ。」
 
そう尋ねるオヤジに対し、無言で口の端を吊り上げて笑う私。自分でやっといてなんだが、けっこうコワイかも知んない。(^^;
 
いきなりオヤジの態度が超信地旋回、百八十度回頭した。書類を用意しながら、何やらごちゃごちゃと言い訳めいたことを事を口にする。しかし、こちらはあくまで無言無表情。瞬きも最小限にしてオヤジを見続ける。オヤジの広いおでこ(だか頭だか判然としないが)に大量の発汗現象を確認。びびっておるな、うけけけけけ。<筒井康隆風笑い
 
かくしてオヤジに完勝した私は、瞬きをガマンしたせいで乾ききった目をシバシバさせながら、意気揚々と区役所を後にしたのであった。よく考えると「何の意味があるんだ」的勝利だが、よく考えなければおっけーだ。<バカ
 
念のために言っておくが、本来の私は、フレンドリーかつラブリーなマイトガイである。したがって読者諸兄におかれましては、くれぐれも誤解なきように・・・って、もはや手後れですか?

1998.06.28 ()
 
「研究室」「奇蹄目の哺乳類の集団走行による楕円運動が与える精神的並びに経済的な打撃力」をアップ。
客員研究者あくたさんの、渾身の力作である。みんな心して読むように・・・って、お前が威張るな。
 
ほぼ1ヶ月ぶりの更新が、人様にいただいたモノだというのも、いささかアレだが、まあ、ソレソレ
 
なお、この研究については、実際の実験結果なども順次アップしていくのでお楽しみに。<序文も早く書けよオレ。

1998.06.27 ()
 
実家に帰り、小学校の同窓会に出席。2〜3年に1回の割合で、もう7回目だ。良く続くモノである。
 
小学校時代の恩師に、自分の子供の教育について相談してるヤツがいるんだから、私も年を取ったもんだ。卒業してから20年以上たってるもんなあ。
 
同級生の内、独身なのは、私ともう一人だけになっている。そいつ(男)に「お互い、恋人がいないのは淋しいよなあ」と連帯の挨拶を送られてしまう。俺がいつ恋人がいないって言ったああああぁぁぁっっ!!ぜえぜえ。
 
今日の教訓:外見で人を判断するのは止めよう。
 
[本日購入した本]
 ・砲神エグザクソン  (園田健一 講談社)

1998.06.26 (金)
 
この一週間、超過密スケジュールでやってきた仕事が一段落。行きつけの店で、同僚と祝杯ならぬラーメンをあげる。いや、二人とも酒が弱いので。(^^;
 
普段はキムチラーメンを食べるのだが、今日は奮発して味噌チャーシューメンを食べる。奮発って言っても同僚の奢りだが。<少しは遠慮しろよオレ。
 
この店のチャーシューはバラとロースの両方を使っている。その数、実に8枚。麺はまっすぐな細麺、スープはコクのある濃厚なモノ。なかなかの逸品なのだ。
 
店の名前は「南蛮小館」。所在地が知りたい人はメールで問い合わせてくれ。そんでもって、店の主人に「奇妙愛博士の紹介で来ました」と言ってみよう。ですかソレ?」と言ってもらえるぞ!

1998.06.25 (木)
 
この日記をまめに読んでいる方はお気づきかも知れないが、最近の私は戦車にハマっている。と言っても今回が初めてではなく、何度目かの マイブームである。どうでもいいけど「マイブーム」ってのも、そろそろずかしい言葉になりつつあるよな。
 
日本では、戦車と言えば第二次世界大戦のドイツ戦車で決まり、みたいな雰囲気があるが、私の場合はちょっと違う。
イギリスの「マチルダ Mk.2」とか「チャーチル歩兵戦車」とか「シャーマン・ファイアフライ」だとか、そーゆーのが好みなのだ。
 
なんつーか、ダサカッコイイって言うんですか?そういう、どっかイビツなとこのあるデザインにツボを押されるわけで。
でも、アメリカの戦車は単にダサイだけだからダメ。
 
もちろんドイツ戦車も好きだ。一番好きなのは「ティーガー I (ポルシェ型)」、通称「P虎」、ってマイナーすぎないかオレ?
「P虎」の勇姿(?)は「宮崎駿の雑想ノート」の「豚の虎」で、実写の写真は「重駆逐戦車」のp.113で、それぞれ見られる。両者とも「大日本絵画」から出版されているので、一読をオススメしておく。
 
あー、しかし、今日の日記は、ほとんどの人にとってチンプンカンプン(語)だろうなあ。ゴメン。

1998.06.24 (水)
 
会社で同僚から聞いたネタを一つ。
 
何かと話題になっている、例の「2000年」問題だが、ロシアの原発を管理している担当者の談話によると、原発の制御用ソフトに関して「実際にトラブルが発生するまで、本格的なデバッグはしない。」のだそうだ。
 
・・・実際にトラブルってアンタ・・・。(汗)
 
[本日購入した本]
 ・タミヤ・ミリタリーモデルの全て  (ネコ・パブリッシング)

1998.06.23 (火)
 
仕事で帰りが遅くなり、夜の11時過ぎに銭湯へ。最近の銭湯は、なかなかバラエティに富んでいて、ジェットバスやら泡風呂やらサウナやら、いろいろな風呂が楽しめる。ちなみに私のお気に入りはラドン浴泉だ。
 
で、今日も今日とて、ラドン浴泉の部屋(通常の湯船とは別室)に入ると、先客が2人いた。空いてるというのに、なぜかぴったりと並んで湯船に浸かっている。
 
いや〜な予感を感じつつ目を凝らしてみると・・・。
 
あああああ、やっぱりいいいいっ、ブエノスアイレスだあああっ!<命名するなよオレ
 
入口で凍り付く私を2人が見る・・・って、何で私の体の中心部を凝視しますか?さらに何でその後、含み笑いしますか?今や私は大ピンチですか?ききき君掘りたもうことなかれ。<意味不明
 
マジでビビりながら、その場を脱出。とりあえず、一番遠い洗い場で体だけ洗う。と、隣に座ったオジサンが話しかけてくる。
「いやあ、気持ちわりいだろ?おかげでみんな入れねえんだ。」
「は、はあ。」<声が上ずっている。
「そこに兄ちゃんがはいってくもんだからさ、いやあ、心配したぜ。あははは」
心配してるなら止めろよオッサン。(ToT


1998.06.22 (月)
 
会社で、突如「業務以外の目的でHPにアクセスすることを全面的にずる」というお達しがあった。しかも大本営(本社)からの直接通達である。アクセスのログもチェックするという。  
どうやら仕事時間中に「成年男子の劣情を著しく刺激する画像」を大量にダウンロードしたヤツがいて、ソレが露見したらしい。(^^; 
 
言っておくが、私はそんなことはしない。そんなもん、とっくに卒業・・・あわわわ。
 
そんなわけで、仕事中に一切ネットにつながないでいたら、まあ仕事がはかどるはかどる。(即死)
さすがに趣味のブックマークが仕事のソレの倍(自主検閲)ある男はひと味違うよネ!(笑)<笑い事か。

1998.06.21 ()
 
トップページの「所長の一言」だけ更新(即死)。あ、あと日記もか。ちょっとずつだが、「通信販売におけるオカルティズム」も執筆中。
 
来週は仕事が鬼のように忙しいので、開店休業になるかも。地獄で会おうぜベイビー。
最近、本を買ってないなあ・・・。

1998.06.20 ()
 
コインランドリーで洗濯をしていると、20代前半とおぼしきカップルが入ってきた。洗濯物を洗濯機に入れると、椅子に座ってほぼ密着状態で楽しげに話している。
 
だいたいにおいて、いちゃついてる恋人たちの側にいると、いたたまれない気分になるものだが、今日はその感じが特に強い。なぜかと考えてみるが心当たりがない。強いて言うなら、このカップルが両方ともだということくらいだろうか?<だろうか?じゃねーっつーの。
 
そんなブエノスアイレスな2人の会話。
「まとめて洗っちゃってるけど、後で区別つくかなあ?」
「んー、柄とかでわかるだろ?」
「そうじゃなくて、下着とかさ。」
「いいよ、別に。俺、お前の下着ならはけるもん」
「あはは、僕もだよ。」
 
ひいいいいいいっ。か助けてえええええっ!(ToT

1998.06.19 (金)
 
金曜日だというのに、夜の10時くらいまで残業。「花金」?何ソレ?えるのか?(ToT
そんなわけで、なーーーーーーんもネタがない。おやすみー。

1998.06.18 (木)
 
誰が言ったかは忘れたけど、「酒場のカウンターに は勇者がごまんといる。けれど、歯医者の椅子の上には一人もいない。」って言葉がある。そんくらい歯の治療というのはツライものなわけだ。
 
ところで私は、歯を削られながら熟睡(いびき付き)した猛者である。ということは必然的に、私こそ勇者の中の勇者、アルティメット勇者、君らの勇者王と言っても過言ではないわけだ。そういうことなので、皆様におかれましては私の前にひれしていただければ幸いに存じます。<何言ってんだか。
 
そんなガガガな私だが、あの歯石除去だけは苦手だ。最近は機械で簡単に取れるようだが、私の行きつけの歯医者では、昔ながらのアレを使うのでツライ。アレっていうのは、ほら、アレですよアレ。「ピーターパン」のフック船長の鉤爪みたいなアレ。アレで歯と歯茎の境目をガリガリやられると、脳が痺れるような不快感を感じるのだな。
 
で、今日、その歯石取りをやってきたのだが(前フリ長すぎ)、やってくれたのがきれいな歯科衛生士のお姉さん。しかも何つーか、言うところの「巨○」である。言っておくが「巨泉」じゃないぞ。
 
そういうお姉さんが、半ば私に覆い被さるようにして歯石を取るので、不可抗力的に私の顔面および頭部にその「巨○」が接触するわけだ。こう、ふにゅっと。
 
無論、口の中は痛い。でも接触しているところは気持ちいい。まさに「顔面ヘル&ヘブン状態」というか、「禍福はあざなえるのごとし」というか、「ニューウェーブSMプレイ」というか。<言うなよ。
 
こういうのをアンビバレンツ(二律背反)と言うのだろうなあ。<言わないってばよ。

1998.06.17 (水)
 
相も変わらず睡魔に襲われ続ける私。どのくらい眠いかというと、「目が疲れたんで目薬をさして、しみるからしばらく上を向いたまま目を閉じてたら、意識を失ってそのまま爆睡」というくらい眠いわけだ。説明が無意味に長いですか?
 
そんなわけなのでー、今日はもう寝るナリよ。

1998.06.16 (火)
 
職場で「安全週間」のポスターを描かされる。時間がないので、トップページの「痛そうなアイコン」を拡大コピーし、貼り付けてでっち上げた。いわばリサイクルポスターである。
 
各職場のポスターは審査にかけられ、入賞者には図書券がもらえるのだが、その連絡書に誤植を発見。
「金賞:5000円、銀賞:4000円、佳作:1500円、参加賞:5000
よおおし、5000円ゲットぉぉっ!(^^)
 
[本日購入した本]
 ・機動戦士ガンダム ギレンの野望 コンプリートガイド  (アスペクト)<裏表紙のガンダムのCGがメチャクチャかっこいい。

1998.06.15 (月)
 
故あって役所に行かねばならなかったので、会社を休む。用事をすませた後、友人と4時間チャット。テレホタイムでもないのに豪気だぜオレとほほ〜。
 
背中の腫れは確実に回復している。さすがはキンカン、臭いだけのことはあるよな。
 
夕方仮眠を取った後、この日記(4日分)を書く。毛虫のおかげで3日分埋まった。ありがとう毛虫ボクは君のことを忘れないよ。

1998.06.14 ()
 
なんか背中がかゆいので鏡で見てみると、赤くかぶれたようになっている・・・。おおおおのれ毛虫いいぃぃ!しかし、シャツと下着を貫通して刺さるとは、侮りがたいぞ毛虫のむうう、いずれ名のある強者(つわもの)であったのだろうな。惜しいヤツを亡くした。いや、私がつぶしたんだが。
 
今は亡き好敵手(ヲイ)を偲んでいてもしょうがないので、キンカンを塗りたくる。痛い、しみる、臭い。でも、しみる薬の方が「おお、効いてる効いてる」と思えるのはなぜなんだろう?プラシーボ効果か?

1998.06.13 ()
 
実家の近所の区立スポーツセンター(1回200。格安)で2時間ほど汗を流す。念のため言っておくがエアロビックダンスではないぞ。
 
運動後、外にあるベンチで休んでいると、なんか背中がチクチクする。不審に思い立ち上がって見てみると、背もたれに、ひしゃげた毛虫が・・・。しかも細くて鋭いトゲトゲのある、黒くて変な模様の入ったデカいヤツ。うひいいいいいっ!
 
自分だけ嫌な思いをするのもアレなので、みんなで分かち合おうと思ったんですが、いかがですか?<大迷惑
 
[本日購入した本]
 ・The Making Of TANK GIRL (Frank Wynne TITAN BOOKS 洋書)

1998.06.12 (金)
 
レンタルビデオ屋で「タンクガール」を借りて見る。イギリスの人気コミックを映画化したモノで、荒廃し雨の降らなくなったオーストラリアを舞台にした、ギャグ&アクション映画である。敵役をマルコム・マグダウェルが楽しそうに演じてるのがナイス。私はこういう仕事を選ばないオヤジが好きだ。(例:デニス・ホッパー)
 
主役のレベッカ(タンクガール)をロリ・ペティ、相棒のジェットガールをナオミ・ワッツが演じている。性格はレベッカが、容姿はジェットがお気に入り。つまり両方が組み合わされば私の理想のタイプになるはずなのだが・・・ちょっとコワイかも知れん。(ワケわからん人はレンタルして見るように)
 
ちなみにリッパー(軍事用に開発された人間とカンガルーのハイブリッド)の1人を、ラッパーのICE-Tが演じているが、特殊メイクのせいで、言われないと彼だとはわからない、っつーか言われてもわからない。(^^;
 
ついでに付け加えると、マグダウェルが率いる組織の名前は「ウォーター&パワー公社」だったりする。つまり「タンクガール」は例のアレの続編(PART 3)ということに(以下自粛)

1998.06.11 (木)
 
思い立って「タイトルロゴ」を変更。んーむ、自分で言うのもなんだけど、なかなか美しいぞ。しかしこのロゴだと、まるで真っ当なホームページのようではないか(^^;。どことなく曜サスペンス劇場」のようでもあるが。
 
古本屋で「ガンヘッド・メカニクス」を発見、購入する。こうして見ると、ガンヘッドってカッコイイよなぁ。なんで本編はあんなになっちゃったんだろ。とりあえず原田真人監督のパートはそのままでいいから、特技監督を樋口真嗣さんにしてリメイクしてくんないかなぁ。
 
[本日購入した本]
 ガンヘッド・メカニクス (ホビージャパン)
 ・手塚治虫の冒険 (夏目房之介 小学館文庫)

1998.06.09 (火) 〜 06.10 (水)
 
仕事で出張。数ヶ月ぶりにスーツを着たところ、「なんか恐い」「ヤクザみたい」と絶賛の嵐(即死)。ちなみに着ていたのは、黒系統の3つボタンスーツ(ピンストライプ入り)、グレーのワイシャツ、ワインレッドのネクタイである。んーむ。
 
[本日購入した本]
 ・赤ずきんチャチャ 1〜9巻 (彩花みん 集英社)<出張中に買うなってば、そーゆーモノを 。

1998.06.08 (月)
 
会社をサボって(ヲイ)、友達と遊ぶ。後楽園遊園地で各種絶叫マシン三昧。タワーハッカーでチビりそうになったのは君とボクだけの秘密だ。それはそうと、アレはどの辺が「ハッカー」なんだ?
 
売店に売られていた「等身大ピカチュウ」を見て理性を失いかける。しばし手に取って陶酔する私は34。さすがに「手のひらピカチュウ」を2個買った男はひと味違うぜ。

1998.06.07 ()
 
友達と外で夕食を食べる。約一名、タバスコの付着した指で目をこすってしまい、大騒ぎになる。んむむ、コレがいわゆる「料理はまずで味わう」というヤツだな。<タバスコのどこが料理か
 
その後、「王様のアイディア」で打ち石ライター」を購入。大はしゃぎしたあげく、閉まりかけたシャッターに思い切りをぶつける。思わず自分の人生はコレでいいのかと悩むが、もはや手遅れである。

1998.06.06 ()
 
散歩がてら近所の本屋へ。店頭に「もののけ姫」発売のポスターが貼ってある。予約特典はコダマのキーホルダー」(爆)。それを見た女子高生2人が「カワイイ」と連呼していた。正気か?まあにかけ人形」の例もあるしなぁ。

しかし、正気を疑うといえば、やはり「火垂るの墓」の発売だろう。いや、発売するなとは言わないけど、何も「ジブリがいっぱい」で出すこたあないと思うんだが。内容を知らない母親が幼児に見せたら、トラウマになりかねないぞ。劇場公開時と同様に「トトロ」の後に見せると破壊倍増、って倍増させてどうするんだオレ。
 
[本日購入した本]
 ・戦車メカニズム図鑑 (上田信 グランプリ出版)ハ


1998.06.05 (金)
 
母親の緊急招集により実家へ帰還。妹(まなもではない)が子供(2人)を連れて里帰りしているので、面倒見に来いとの勅令である。
実家に着くと玄関に姪(2歳)と甥(1歳)が迎えに来る。んむ、可愛い奴らだ。しかし、そのまま手を引っ張られて、いきなりボール遊びに2時間付き合わされてボロボロになる。ぜ、前言撤回ぃ

さらに「風の谷のナウシカ」を一緒に見る。もう20回は見ただろうか。しかし、何回見てもクロトワはカッコイイなぁ。私はああいうオッサンになりたい。(本気)
なぜか甥はユパ様を見ると脅え、巨神兵を見るとケラケラ笑う。将来が心配である。


1998.06.04 (木)
 
「研究室」「レジェンド・オブ・ムーンアイランド」を追加。私の中の詩人のが目覚めたようだ。目覚めたばかりで、いささか寝惚けているが。
 
「通信販売に〜」は、現在資料を収集中。公開には今しばらくかかりそうだ。それにしても、会社の後輩J君が、まさかあんな物をもっているとは・・・。(謎)
 
さて、諸般の事情により、明日から6/10(水)の夜まで更新を停止する。その間の日記はまとめてアップするので、どうかお見捨てなきよう。いや、マジでマジで。
 
[本日購入した本]
 ・映画秘宝 GOGO!バカ大将 (洋泉社)

1998.06.03 (水)
 
最近、自分の価値判断基準が「日記のネタに使えるかか?」になっていることに気づく。ある意味で首尾しているというか、物は言いようというか。
 
仕事のトラブルでヒイヒイ言いながらも、「コレはちょっとアレンジすれば日記に使えるな」とか「いや、うまくふくらませれば、『研究室』のコンテンツに使えるかも」とか考えてほくそんでいる自分がいとおかし。
 
しかし、ソレが他人からどう見えているかについては、あまり考えたくないものである。
 
さて、昨日の日記で書いた「通信販売におけるオカルティズム」について、会社の後輩のZ君と話して盛り上がる。終いには2人して「にほ〜んちょ○はん〜 てれびしょっぷ〜」とCMソングをデュエットする始末。
 
そんな(どんな?)Z君が教えてくれたのは、金○の日本○販の電話番号だった。なんでも「(市外局番)-66-6666」なのだそうだ。
 
666666って・・・「獣の数字」じゃん。しかもダミアン2人分。知っててやってるなら侮れないぞ日本○販。
 
その後、いわゆるトンデモさんが、著作でソレを魔主義者の陰謀」として取り上げてくれないかと言ってまた盛り上がる。こんな社員がいて、大丈夫かウチの会社。<他人事か
 
[本日購入した本]
 ・動画王 Vol.05 メカデザイン特集 (キネマ旬報社)

1998.06.02 (火)
 
現在、「研究室」の新コンテンツを執筆中。研究テーマは「通信販売におけるオカルティズムになる予定。
 
このタイトルだけで内容を予測できる人がいたらスゴイ。いろんな意味
 
昨日買った「クソゲー白書」だが、中のコラムに教師をぶっとばす」というフレーズがやたら出てくる。何かつらい思い出でもあるのだろうか?いや、我ながら大きなお世話ですが。
 
[本日購入した本]
 ・高橋春男の絶対安全 (D) ランキング (高橋春男 ジャパンミックス)

1998.06.01 (月)
 
今週の私は、故あって「お仕事強化週間」を実施している。仕事の内容を細々書いても面白くないので、詳細は省くが、今やってる仕事は延々と同じ作業を繰り返す、難儀なシロモノである。
 
一日中ちまちまちまちまと同じ作業をしていると、肉体はともかく、精神的にけっこうキビシイものがある。なんつーか、仕事をしてると言うよりも、賽の河原でを積んでいるようだ。ああああ、助けて地蔵さん!
 
[本日購入した本]
 ・クソゲー白書 (夏目書房)