ヤマネの縫いぐるみ

ヤマネとは?
ヤマネは本州・四国・九州の山地から亜高山
帯に生息するリスやネズミの仲間(げっ歯目)
です。
体長6cm、尾長5cmぐらいの小動物で、夜行
性で冬には冬眠をします。
ヤマネは国の天然記念物に指定されています00
ので、捕獲・飼育はできません。

ヤマネの巣
富士見山荘にもヤマネが住んでいます。ネ
ズミと違って食料などを荒らすような悪さは
しませんが、羽織に巣を作られてしまいまし
た。羽織はヤマネにあげることにしました。

信州と紀州のヤマネ
ヤマネは色が2種類あります。左の明るいの
が紀州のヤマネ。右のが大菩薩にも住んで
いる信州のヤマネです。

ヤマネの縫いぐるみ
実物のヤマネと同じくらいの大きさで、口と
しっぽのつけ根のフックをかけると丸くなって
冬眠します。

            信州・紀州ともに\890-

富士見山荘の売店
富士見山荘では「やまね工房」の商品を扱っ
ています。
(左上)売店内の縫いぐるみ
(上)バンダナ
(左)ピンバッジ各種