アフガニスタンの仏達


 説教をする仏陀の脇に、ヘラクレスとデーメーテールが傅いている。この驚くべき構図の仏像は、古代アフガニスタン、ハッダの遺跡から出土した。この中に、アフガニスタン仏教美術の神髄が込められているように思えてならない。

 ジャララバードの南12kmに位置するハッダ村に、これらの仏教遺跡が築かれたのはおそらく3-4世紀ごろとされている。この時代、ハッダにヘレニズムの影響を伝えたものは、古くアレクサンダー大王の遠征に伴って移住してきたギリシャ人の末裔であろうと言われている。このヘラクレスの姿は、紀元前3世紀末のバクトリア王国で鋳造されたコインを元にしているらしい。バクトリアは、アレクサンドロス麾下の将軍の一人が大王の死後、ヒンドゥークシュ山脈の北側に開いた国であった。一方、古代ハッダの精神的支柱はあくまでも仏教そのものである。7世紀にここを訪れた玄奘は、ハッダに仏陀の頭蓋骨の一部が安置されていると記述している。ここに見られるヘラクレスもデーメーテールも、実は執金剛(ヴァジュラパーニ)と繁栄の女神シュリに他ならない。そして、この仏陀の守護神としてのヴァジュラパーニは、後に中国や我が国の仁王像へと変容を遂げていく。実に、奈良や鎌倉の仁王様の原型はヘラクレスにあったと言うことなのだ。

 こうした高度な複合文化を生み出したアフガニスタンの地には、もちろん、先行して何千年にも渡る文化、文明の歴史があったのだ。例えば、向かって左は今を遡ること4千年、紀元前2000年頃バクトリアで作られた女神の像である。クロライトで表現されたゆったりとしたローブは、当時の優れた毛織物の有り様を今に伝えるものである。同時に、この遺跡からは様々な形をした印章など、ここで盛んな商取引が営まれたであろうことを示す遺品が多数出土する。一方右は、時代を遙かに下って1世紀ごろ、ベグラームの遺跡から出土したガラスの壺である。当時クシャーン王国(中国の歴史書では大月氏)の版図であったこの町で、こうしたアレクサンドリアからのガラス器具、漢時代の中国の漆器、インドの象牙細工などが多数発見されている。まさしく、文明の十字路であった。そしてこのクシャン王朝こそが、仏陀を人間の姿として描く「仏像」を始めて誕生させたのである。
 
 
 

 

 仏陀が生きたのは紀元前500年頃の北部インド〜ネパール周辺であった。仏陀本人が説いたのは、一種の思想・倫理哲学であって、当時インドに数多い新興思想の一つに過ぎなかったが、死後弟子達がその教えを語り伝える中で仏陀本人に対する神格化が進み、やがて信仰の力で衆生を救うという”大乗仏教”となって宗教化した。しかしその本来の根拠地であったインド、ネパールの地では、長らく仏陀の像というものは作られなかったのである。何故かと言えば、元々仏陀自身がそうした偶像崇拝を嫌ったからだと言われている。仏像は愚か、仏陀はその教えを書物にすら残さなかった。当時、最高のサンスクリット哲学を身に付けていたにもかかわらずである。「諸々は過ぎ去るものである」という彼の教えの精神そのものが、その内容を文字に固定したり、ましてや人物像として具体化したりすることに馴染まなかったのだ。代わりに、仏陀の死後信者達が信仰の対象としたのは、第一に仏陀の遺骨を納めたというストゥーパである。すなわち「塔」だ。塔を建て、その中に仏陀の骨を少しづつ分けて入れたものを国中に作った。仏典に寄れば、仏陀の死後8つの遺骨を納めたストゥーパ、遺骨を入れていた瓶を納めたストゥーパ、そして燃え残った灰を納めたストゥーパの合計10個が建てられ、各々の部族がこれを祀ったという。こうしたストゥーパにはしばしば仏陀の偉業が絵や彫刻で表現されているが、その中に仏陀その人の姿はない。仏陀がいるべきところには、大抵太陽を表す円などが代わりに描かれるのが普通であった。仏陀は、仏教の歴史上500年近くに渡って、決して描かれることのない開祖であった。

 中央アジアからインド西北部までの広い地域を支配したクシャーン王朝で、何故突然仏陀の像が造られるようになったのか、はっきりしたことは分からない。当時王国の都の一つであったプルシャプラ周辺、すなわちガンダーラ地方で、それは起こった。クシャーン人達は、元々太陽、火、水などを神として崇めていた。更に先程紹介したガラスの器に見られるとおり、幅広く交易を行い、とりわけヘレニズム的文化に対して強い関心と愛着を持っていた。その彼らが、インド亜大陸に侵入してそこを支配下に置いたとき、その土地の仏教を彼らの宗教として改めて取り入れたのである。そして、開祖仏陀を一種の”神”として認め、その神像を作った。これが、仏像ではなかったかと思われる。この様な背景の元で作られた仏像は、当初から、極めて国際的な性格を持っていた。すなわち、仏陀という概念と、独特の髷(肉髷)はインドから、右掌を正面に向ける手の形(施無畏印)は西アジアから、眉間の円文(ウルナー、白亳)は中央アジアから、そしてギリシャからはその人体の表現を取り入れているのだ。インド文明の中で誕生した仏教が、全く異なる国際文化の伝統を持つ遊牧・商業民族と出会ったとき、そこに始めて仏像が誕生したのである。

 こうしたわけで、初期の仏像の形は、極めて多様性に満ちていた。ギリシャローマ的要素の非常に強いもの、トルコ・イラン系遊牧民の面影を残すもの、インドの王侯の姿を模したものなど、種々様々だ。中でも名高い「弥勒菩薩像」(ハッダ出土、3-4世紀)は髪を自然に垂らし、バンダナを巻き、身には古代インドの豪奢な貴族の衣装をまとっている。足を交差して座るのもインド風だ。顔立ちはヘレニズム的なものを引くが、肢体はその具体的、正確な描写の中に、かなりアジア的な柔らかさを含んでいる。この座像はかのアンドレマルローが愛し、今もパリで個人が所有している。一方こうした半ば俯き、視線を少し横にずらすという姿勢は、ともすれば冷ややかな、悟り得ぬ衆生に対するある種の侮蔑とも見える陰影を付加することになりかねない。そんな中で、面を上げ、静かに正面を見据え微笑んでいるこの最後の仏像(ハッダ出土、3-4世紀)は、今回展示されていた数多い仏陀像の中でも、とりわけ美しく私の心に響いた一品であった。
 
 

「アフガニスタン悠久の歴史展」9月16日まで、東京芸術大学美術館にて
(2002.9.11)
 
 
「音楽と芸術的のあれこれ」 「KOHの楽しみ」 GRAND INDEX

                                   KOH