コロンブス時代の

 スペインの宮廷音楽というCDを買ってみた。一部は、ラジオで聴いたこと
がある。ANONとか、MUDARRA等という作曲家の名前を、皆さん聞いたこと
がありますか。今聞くと随分鄙びてはいるのだけれど、それでも何処となく
洗練されているというか、いわゆる”民謡”のようなものとは明らかに異なっ
ている。別に肩の凝るものでなし、ちょっとお勧めの一枚だと思う。

 ところで、そんなことを考えつつ実家に電話したら、旅行から母親が帰っ
てきていた。なんでも丁度スペインへ行って来たのだと言う。行ったのは良
いが、途中のなんとか言う田舎町で、足をくじいたと言って、つえを突いて
帰ってきたらしい。本人は色々良い経験になったと言って笑っていたが(初
めホテルから紹介された救急病院を、「救急病院では専門医に診てもらえな
いから」と言って強引に専門病院に替えさせたそうだ、あの人らしいや)、
家の中を歩くのもままならぬと聞いては、こうして離れて暮らしている身で
はさすが気に掛かっていけない。本人は面白くなかろうが、近所に住む弟の
嫁に様子を見に行ってもらうことにした。日頃は互いに気ままな一人暮らし
を楽しんでいても、たった捻挫一つで随分動揺するものだ。

 追記;後に、ANONとは「作曲者不明」の意であることが判った。

(96/04/06、GAVIE "FIGARO"ボード初出)

                        KOH

「KOHの楽しみ」扉へ               GRAND INDEX