北方謙三文庫本トップ
文庫本インデックス

紹介作品一覧
現代小説
逢うには、遠すぎる
明るい街へ
秋ホテル
明日なき街角
明日の静かなる時
雨は心だけ濡らす
あれは幻の旗だったのか
行きどまり
一日だけの狼
いつか光は匂いて
いつか時が汝を
汚名の広場

火焔樹
過去(リメンバー)
風の中の女
風待ちの港で
群青-神尾シリーズ(1)
灼光-神尾シリーズ(2)
炎天-神尾シリーズ(3)
流塵-神尾シリーズ(4)
風裂-神尾シリーズ(5)
海嶺-神尾シリーズ(6)
ガラスの獅子
彼が狼だった日
渇きの街
傷だらけのマセラッティ
擬態

君に訣別の時を
逆光の女
愚者の街
帰路

黒いドレスの女
再会

錆びた浮標(ブイ)
そして彼が死んだ
第二誕生日
魂の岸辺
弔鐘はるかなり
挑戦(1)-危険な夏
挑戦(2)-冬の狼
挑戦(3)-風の聖衣
挑戦(4)-風群の荒野
挑戦(5)-いつか友よ
遠い港
遠く、ただ遠く
友よ、静かに瞑れ
二月二日ホテル
眠りなき夜
逃がれの街
白日
日付変更線
罅・街の詩
皸・別れの稼業
標的
二人だけの勲章
冬こそ獣は走る
冬の眠り
ブラディ・ドール(1)-さらば、荒野
ブラディ・ドール(2)-碑銘
ブラディ・ドール(3)-肉迫
ブラディ・ドール(4)-秋霜
ブラディ・ドール(5)-黒銹
ブラディ・ドール(6)-黙約
ブラディ・ドール(7)-残照
ブラディ・ドール(8)-鳥影
ブラディ・ドール(9)-聖域
ブラディ・ドール(10)-ふたたびの、荒野
ブラディ・ドール読本-男たちの荒野
不良の木
ふるえる爪
棒の哀しみ
抱擁―北方謙三恋愛小説集
真夏の葬列
水色の犬
やがて冬が終れば
約束
約束の街(1)-遠く空は晴れても
約束の街(2)-たとえ朝が来ても
約束の街(3)-冬に光は満ちれど

約束の街(4)-死がやさしく笑っても
約束の街(5)-いつか海に消え行く
約束の街(6)-されど君は微笑む
夜が傷つけた
夜の終り
夜の眼
夜よおまえは
夜より遠い闇
夜を待ちながら
烈日
老犬シリーズ(1)-傷痕
老犬シリーズ(2)-風葬
老犬シリーズ(3)-望郷
わが叫び遠く
われらが時の輝き
時代・歴史小説
悪党の裔(上)
悪党の裔(下)
活路
楠木正成(上)
楠木正成(下)
黒龍の柩(上)
黒龍の柩(下)
三国志(一の巻)天狼の星
三国志(二の巻)参旗の星
三国志(三の巻)玄戈の星
三国志(四の巻)列肆の星
三国志(五の巻)八魁の星
三国志(六の巻)陣車の星
三国志(七の巻)諸王の星
三国志(八の巻)水府の星
三国志(九の巻)軍市の星
三国志(十の巻)帝座の星
三国志(十一の巻)鬼宿の星
三国志(十二の巻)霹靂の星
三国志(十三の巻)極北の星
三国志読本
草莽枯れ行く
道誉なり(上)
道誉なり(下)
波王の秋(とき)
破軍の星
日向景一郎シリーズ(1)-風樹の剣
日向景一郎シリーズ(2)-降魔の剣
日向景一郎シリーズ(3)-絶影の剣
武王の門(上)
武王の門(下)
陽炎の旗
余燼(上)
余燼(下)
林蔵の貌
林蔵の貌(上)
林蔵の貌(下)
リンク集
北海道 じゃがいも
北海道 男爵いも
そして彼が死んだ (集英社文庫 1997年初刷)
(C)集英社
↓この本を購入する↓
【裏表紙解説】
主人公の小川は、平凡な生活を送っている自動車修理工場のオーナーである。二人の修理工を使い、腕がいいと評判だった。ところが矢部と名乗る男の、事故車とおぼしきポルシェの「起こし」を引き受けたことから、その平凡な生活が変化する。得体の知れない男たちが小川の周囲をうろつき、知らず知らずのうちに、裏社会の抗争に巻き込まれていく。
【(C)集英社】

【登場人物】
・小川正二 − 46歳。主人公。従業員ふたりの小さな自動車修理工場を経営している。過去にはレーシングカーのメカニックをしていたこともある。愛車はルノー25。

・矢部孝太 − 本業は雑貨などの輸入をしているが、中古車のブローカーなども行っている。小川の修理工場に事故車のポルシェを持ち込む。喋っていないと落ち着かない。愛車はマスタング。

・高井 − 52歳。中古車販売業の他に金融、不動産などを生業にしている。小川の修理工としての腕を知り、事故車の起こしをさせようとする。矢部とは因縁がある。

・中島 − 31歳。高井の部下。

【レビュー】
同業者の妻の葬式から物語が始まる。小川とその妻には過去に関係があった。数日後、矢部と名乗る男が事故車のポルシェを小川の工場に持ち込み「起こし」を依頼する。本来ならば受けない仕事だが受けてしまう。それは金のためなどではなく、小川自身への挑戦だったのかもしれない。「もう一度走らせてやりたい」。再び命を吹き込まれたポルシャはワインディングを駆け巡る。このポルシェをきっかけに、それまで平凡だった日常に、そして小川の心に変化が訪れる。従業員の暴力沙汰を見て見ぬふりをしていた自分。自分が整備したレーシングカーで命を落としたレーサー。過去に関係した女の死。まだ老いぼれちゃいない。いつしか芽生えていた友情。
 
 
※このサイトは北方謙三氏ご本人とは一切関係ありません。 【unofficial site】


※掲載されている書籍の表紙画像、及び裏表紙の解説は各部に記載している出版社様に帰属します。
また、その使用に関しては、各出版社様の許可を頂いたもののみ掲載しています。


CopyRight(C) 2006-, kojiro All rights reserved