必携のうる星やつらコンプリートミュージックボックス
 ブラウザの【戻る】機能でお戻り下さい。
uycmbp1.jpg
 1994年発売のうる星やつらコンプリートミュージックボックス。
  CDが15枚入っています。






uycmb1.jpg
 今回の携帯計画のため、約7年ぶりに開封したディスクもあります。
 曲によっては他のCDに収録されていたので、あえて開封する必要がなかったんですね。







itunes1.jpg
 Macの統合音楽プレーヤiTunesを使用して全てMP3ファイル化しました。
 Intenet接続で曲名など自動的に付加できました。打ち込んでくださった方すごい。
 あと、ラムのベストセレクションのトーク部分(TV版)を変換してみました。







ipod.jpg
 ここでiPod登場。(初期型 5GB)
 パッケージです。なかなか洒落ています。







ipodlist.jpg
 MacとipodをFireWireケーブルで接続するだけでiTunesとiPodの同期(転送)がとれます。
 操作は基本的に接続のみです。
 転送は約4分弱で完了。全部で395ファイルほどになりました。
 ほんと、うる星やつらの曲、多いです。
 しかし、これでもまだ3.7GB余っています。AIFFやWAV形式もOKなので今度試してみよう。
 その後全てAACエンコーダでm4aファイル化しました。サンプリングビットレートを224Kbpsに
 してみたんですけど音質は変わったかな?


ipodrio.jpg
 以前使用していたRio500とiPod(初代型)の大きさを比較してみました。
 Rio500の容量は96MBにしていました。初期型iPodは約4.6GBです。
 MPMan、Rio500、iPodと、MP3プレーヤーとしてはこれで3台目です。がしかし、更に追加することに...。









 
 ここで突然クリックホイールiPod(40GB)を投入。こちらは4G iPodパッケージです。
 これで「何がでるかな、何がでるかな」って毎日やってます。(嘘)
 これって紳士同盟の主題歌?







 約8分で4.4GBを転送完了。USB2.0だともっと早いのかな。











 初代型とクリックホイール(4G)iPodです。

 ギミック的には初代型のほうが楽しいですね。ルーレットみたいに「えいっ」て勢いで回転できますもの。
 それと私的にはFireWireネイティブな口(コネクタ)がいいのですが...。
 FireWireといえば2Gとかの樹脂フタなんかもいらないですね〜。
 ノートPCのUSBコネクタとかにもありますが。ええい、 引っかかるじゃないか。私はすぐ引きちぎっています。(お
 そもそも液晶画面ぺたぺた平気で触る人がホコリとか気にしてどうするの?(誰じゃ)
 というか雨よけの為につけたのかな?>2G
 初代型の方が分厚いことが影から分かりますね。




 初代iPodも保護シール(てゆうか巨大セロハンテープ)を貼りつけていたのでピカピカです。
 こうして見るとフォントが変わっているんですね。今回変わった訳ではないか...。こんな感じかな?

   

   初代:AppleGaramond
   4G:Myriad

 本題からそれてしまいましたがこれでいつでも、どこでも、うる星やつらの曲が聞けます。やったね。(^^)


 ブラウザの【戻る】機能でお戻り下さい。