ゲームシステム


ゲーム進行

全6ステージ(予定)で構成され、ステージの最後に待ち構える主要攻撃目標を破壊すると次のステージへ進むことができます。
最後のステージで最終攻撃目標を破壊するとゲームクリアです。

自機は全くパワーアップしません。
自動照準のショットや、ハッキング機能を駆使して戦います。

敵の特徴、動きや攻撃をうまく利用する事で戦いを有利に進められます。


操作対応表
※デフォルトキー配置。()内はキーボード対応キー

ゲーム内での操作
自機の移動 方向ボタン (方向キー)
レーダー使用/キャンセル Aボタン (Cキー)
ボム攻撃対象選択,攻撃 Bボタン (Xキー)
攻撃 Cボタン (Zキー)
ポーズ STARTボタン (ESCキー)

メニュー内での操作
項目選択 方向ボタン (方向キー)
決定 Aボタン (Cキー)、STARTボタン (ESCキー)


ハッキング機能

レーダーでロックした敵機のコンピュータにハッキングを仕掛けます。
ピンチの状況をチャンスに変えることも可能です。
ハッキングの効力が切れたとき、またはハッキングに失敗した時は、その敵に対しては暫くロックできなくなります。

@レーダーで敵をロックする

《Aボタンを押しつづける》

緑のカーソルで示す範囲がレーダーのロック範囲です。
ロック範囲は、時間が経つにつれ全画面分に
拡大されます。

Aハッキングコードを入力する

《Aボタンを離して、コマンドを入力する》

安全なところに自機を移動し、Aボタンを離します。
ハッキングコード入力待ちになるので、迅速に
ハッキングコードを入力します(コマンド表参照)。

ハッキングコードを入力する前にAボタンを押すと、
ハッキングはキャンセルになります。

Bハッキングコードを転送する

《Aボタンを押す》

ハッキングコードが敵機のコンピュータに転送されます。
暫くハッキングの効果が現れます。

コマンド

コマンド名 コマンド 効果 カーソル
索敵反転 上下CB 一定時間、敵が味方を攻撃対象にします
機動停止 CB 一定時間、敵を停止させバリアを無効にします
自爆 CCB 敵が自爆します。発動までの時間には個体差があります


エネルギーキューブ
シールド、マーキングボムのエネルギーがある程度回復します。
大型の敵や、特定の敵を倒すと出現します。


マーキングボム

耐久力の大きい敵にだけ有効な特殊攻撃です。威力は非常に強力ですが、エネルギーの補充には時間がかかります。

@攻撃対象を選択

Aボタンでレーダーを広げたままにします。
そのままBボタンを押すと、攻撃対象に
カーソルが現れます。

中型の敵に表示されている、緑の大きなカーソルが
マーキングボムのカーソルです。

対象が無い場合、このカーソルは表示されません。

Aボム発動

Aボタンを離すと、攻撃します。
選択対象に、ショット120発分のダメージが与えられ、
さらに画面中の敵弾が消滅します。

 


データ管理機能

リプレイ、ハイスコアデータを他のユーザーと交換することができます。
データの書き出し(EXPORT)、および読み込み(INPORT)は、APPENDIX画面のRESULTSメニューのFILE機能で行います。

(EXPORT)
”frecord2.dat”ファイルが作成されます。このファイルを他のユーザーに渡します。

(INPORT)
他のユーザーから受け取った”frecord2.dat”ファイルを、replayフォルダに入れてください。
これで、そのユーザーのデータを取りこむ事が出来るようになります。
リプレイ再生時の選択数が1〜6からさらにA〜Fが増えますが、これがそのユーザーのリプレイデータとなります。

 

戻る