混合診療

 混合診療は是か非か・・。そんなのわからん(笑)

医療の進歩は目覚ましい。特に医療機器はどんどん新しいものが開発され検査や診断、治療もさまざまな医療機器を駆使して行われるようになってきた。抗がん剤も次々に新しいものが開発され、患者の選択肢も増え、治るという希望を持つことができるようになったがんも多い。

それでも、なお手強いがんがある。難治性のがんや進行がん、転移性がんを完全に治すことはまだ十分だとはいえない。保険診療で認められている抗がん剤の効果に期待が出来なくなったとき、日本では未承認であっても海外で承認されている抗がん剤を試してみたい、そう願うのは患者の当然の願いだ。けれど、保険で認められていない抗がん剤や治療を受けようとすると保険適用になっている治療や検査まですべてが自費診療となってしまう。お金のない人は保険診療だけであきらめろということ。お金持ちは、保険診療も全部自費で払い、さらに目玉の飛び出るような保険外の治療だって受けられるのが現状だ。

混合診療反対の意見のひとつに、「お金のあるなしで治療が違ってくるのは不平等だ」ということがあるようだ。
これは、本当に不平等なのだろうか??と私は思う。

むしろ、今のシステムの方がお金のあるなしに影響されるのではないだろうか。

混合診療が認められれば、基本的には保険診療の範囲内の治療を受ける。そしてそれ以上の治療をしたければ財布の中身と相談してプラスアルファの自費診療を受ける。
そりゃ、たくさんある人はどっちに転んでも大丈夫だろうけど、我々庶民はそうはいかない。でも、そうでない人もプラスアルファの治療を受けるチャンスがあっても良いじゃないかと思う。
けれど、自費診療をすれば、保険診療該当部分まで全部自費!というのでは、はじめから諦めざるを得ない人が多くなるのではないだろうか。

つまり、現状の保険診療のほうがずっとお金のあるなしが影響してるんじゃないかと思うわけだ。

ということから私は混合診療を認めてほしい一人である。



→戻る