歯周病と全身疾患

お口の細菌と心血管系疾患
最近、歯周病の程度と血管系の 病気との間に関連性があると報告 されています。これまで動脈硬化や 冠動脈の疾患は、高血圧、血中コレ ステロールの上昇、喫煙などが原因 と考えられていましたが、その他に 細菌の感染がクローズアップされて きました。

この仮説によれば、血液中に入り 込んだ歯周病原菌が、血管壁に感染 し、それを追い出そうとする体の防御 反応の過程で動脈硬化症を引き起し ます。また歯周病原菌の作用で血小板 が塊となり、心冠動脈につまることも あるとされています


お口の細菌と誤嚥性肺炎
口から肺に入り込んだ細菌が、そこで増殖し、肺炎(誤嚥性肺炎)を引き起こす場合があります。とくにお年寄りは誤嚥性肺炎にかかる危険性が高くなります。

ある調査では、口の中をきちんと清掃していたお年寄りでは、発熱の頻度が低かったこと、また口の中の細菌が肺炎の病巣から見かったといった報告がされています。

プラークコントロールが誤嚥性肺炎の防止に有効だといえるでしょう


お口の細菌と低体重児出産
最近の研究で、低体重児出産をした女性の口の中では、歯周ポケット内に歯周病原菌が多くなっていることが示されています。口の中で増えて血液中に流れ込んだ菌の成分は、体に作用していろいろな影響を及ぼします。低体重児出産もその1つと考えられています。

歯周病原菌の成分である内毒素が体を防御する細胞を刺激し、種々の活性物質を誘導し、発熱を引き起こしたり、歯を支える骨を溶かしたりします。これらの活性物質のうちプロスタグランディンやTNF-αといった物質が歯周炎により増加し、早産を引き起こすと考えられています。


お口の細菌と掌蹠膿疱症
歯周病や歯の根の病気、扁桃腺炎などがあると、思わぬところに二次感染敵に疾患が見られることがあります。慢性病巣が原因で離れた臓器などに病気が起こるものを病巣感染といいます。
掌蹠膿疱症は、手掌、足蹠に膿疱性湿疹を生じる疾患で歯周病などによる病巣感染が原因のひとつとして考えられています。また、金属アレルギーとの関連が明らかな症例も多く認められます。

写真、図の出典 「やさしい説明・上手な治療(3)」
細菌から体を守るプラークコントロール 編著 山田 了 永末書店