治療前 治療後
治療前 治療後

歯周病を治す為には、歯周病専門医による診断・治療と、患者さん1人1人の専属担当衛生士によるサポートが必要不可欠です。







歯周病の予防、治療には、専門家(歯周病専門医と患者担当衛生士)によるチームワーク医療と患者さんの理解、協力が最も重要です。

比較的軽い歯周病では、機械的および化学的にプラークを除去する、非外科的治療が主体となります。 しかし、進行した歯周病では、歯を支持する周囲組織(歯周組織)の健康を回復させる為に歯周外科治療が必要となります。 当クリニックでは、より良好な歯周組織再生を図る目的で、歯周病専門医による歯周組織再生外科治療を受けることが出来ます。


歯周病治療により健康を取り戻した口の中

治療前(左写真)と治療後(右写真)、口の中が清潔になり、歯肉の腫れも消え健康な状態になっている。

再生外科処置(GTR法)を行っているところ(矢印部:歯周組織が歯周病によって失われている)   再生外科処置1年後(矢印部:歯周組織が再生している)

再生外科処置(GTR法とエムドゲイン)を行っているところ   左が術前、右が術後1年のレントゲン写真。骨の再生が著しい。

再生外科処置(人工骨移植とエムドゲイン)、左が術前、右が術後2年のレントゲン写真。組織再生が著明

で も !

進行してしまった歯周病を、再び良く噛めるように回復させることも大事ですが、専門的な治療と多くの時間を要し、術者、患者 双方の負担は、大きいものとなります。

歯周病をいかに治すか?とともに、歯周病にならないように、あるいは、進行させないように、また、治療後に再発させないように歯周病専門医のいるクリニックで定期的検診(メインテナンス)を受ける事が大事です。