血管吻合術


直接吻合術

浅側頭動脈の前枝(前頭枝)と後枝(頭頂枝)の一方または両者を中大脳動脈の脳表の枝に吻合する手術です.手術のあとすぐにある程度の血流が脳に供給できるといる利点があります.しかし、小児の症例では脳側の血管の径が小さいため吻合術にある程度テクニックを必要とします.単独でこの直接吻合術をすることは減り、間接吻合術を併用する複合吻合術をするのが、今では一般的です.

                   

間接吻合術

帽状腱膜 (Galea)、側頭筋 (Muscle)、側頭筋膜、骨膜、硬膜 (Dura) の軟部組織の一部を脳 (Encephalon) の表面に置き、その間に自然と新生血管を介して吻合が形成されることを期待する手術法 (Synangiosis) です.これらの組織は、外頚動脈の分枝である浅側頭動脈、深側頭動脈、中硬膜動脈などの動脈 (Artery) に栄養されており手術時にこれらの血管を温存することに努める必要があります.間接吻合術は、即効性に欠けるとの批判が多い反面、特に小児症例では十分 な血管吻合が形成されることも事実です.EDAS, EMSなどは、使われる組織の頭文字を取っている略号です.


複合吻合術

直接吻合術と間接吻合術の両者を同時に行うわけですが、使う組織により、細かくは多くの変法があります.万が一、直接吻合がうまくいかず吻合を介しての血流が 脳に供給されなくても間接吻合を介してゆっくりですが血流が供給されるといる利点があります.


直接吻合法 vs 間接吻合法

どちらが有効かという点で、日本の脳神経外科医の中でも意見の一致はありません.直接吻合法を推すグループは、直接吻合は確実に、かつ早期に脳に血流を供給することが出来るといい、(心の中では、間接法を行う脳神経外科医は、あまり血管吻合手技が上手ではない人もいると思っていますし)、間接吻合術を推すグループは、直接吻合法は場合によっては、必要以上の血液を供給する可能性があるとし、また直接吻合法と間接吻合法を同時にする複合吻合術においては、直接吻合は間接吻合が形成されるのを邪魔するとしています.いずれにせよ、現時点では結論はありません.


血管吻合術の効果出現までの期間について

手術の合併症

合併症の頻度は低いものと考えられていますが、全くないわけではありません.事実、術後出血による死亡の報告もあります.手術を受ける前に担当医に十分な説明を受 けてください.

術後出血(硬膜下出血、硬膜外出血、皮下出血、脳内出血)、貧血 (出血量が多いため)、脳梗塞 (周術期の低血圧、低二酸化炭素症、長時間の血行遮断)、一過性脳虚血発作、皮膚壊死、創部感染、けいれんなどが起こる可能性があります.


血管吻合術の工夫