女性ともやもや病



日本における「もやもや病」の罹患率の男女比は,女性の方が1.7-1.8 倍多いとされています.また,若年発症の方が多いため,多くの若い女性のもやもや病患者さんがいます.つまり,子供の時に発症し ,その後、思春期を迎え,結婚・妊娠・出産といった問題に遭遇することとなります.しかし,残念ながら,この点に付いては,多くの脳神経外科医の関心の 対象にはなってきませんでした.また、産科医にとっても同様な状況でした.

余談ですが,私の外来に通院されているもやもや病の患者さんで、不妊治療をされている方に,妊娠・不妊治療・出産の安全性について質問された時に,これら点に関しての資料が全くないことに気付き,少し時間をもらって調べたのが,そもそもこのホームページの始まりでした

2000年度のもやもや病での特定疾患医療受給者証交付件数は8240人でした.すべてもやもや病確診症例ではないにしても、受給していない患者さんも多いことから、この数字を、もやもや病の患者さんの実数とすると、男女比1/1.8から、女性は約5300人くらいになります.もやもや病では、2つの発症のピーク年齢があり,若年の方が多人数であり,妊娠可能年齢の女性およびこれからその年齢になる女性の数を併せると、3500人はいるのではないかと思います.

疫学統計からの推定では,2000年度のもやもや病の患者数は,6300人ぐらいです.同様の計算をすると,約4000人が女性で,妊娠可能年齢の女性およびこれからその年齢になる女性の数を併せると、3000人はいるのではないかと思います.

いずれにせよ,かなりの人数の女性にとって妊娠・出産は大きな問題・悩みであると思います.

以下に,女性特有の問題として項目を設けました.