ED62 10 (日立製)
 

ED62 10 1984.07.20 大糸線・豊科 TM

1959.06.25 ED61 13 として新製

1977.07.23 ED62 10 に改造(国鉄長野工場)
       豊橋機関区配属

1982.12.01 伊那松島機関区転属
(配置区変更の為、遠江二俣区で方向転換、以下号機も同様)

1983.07.05 浜松機関区転属(伊那松島機関区常駐)

1984.01.31 松本運転所北松本支所転属(大糸線用)

1985.03.14 篠ノ井機関区転属(主に大糸線運用)

1987.02.   廃車 (長野工場解体)

※ 1984年頃前照灯シールドビーム化改造



ED62 11 (川崎車両製)
 

ED62 11 1982.08. 東上〜江島間 HS

1959.03.20 ED61 10 として新製

1977.09.09 ED62 11 に改造(国鉄長野工場)
       豊橋機関区配属

1983.07.05 浜松機関区転属(伊那松島機関区常駐)
       (方向転換1983. 6.24〜25)

1985.03.14 沼津機関区転属(西浜松留置、休車扱)

1985.06.27  廃車 (大宮工場解体)



ED62 12 (東芝製)
 

ED62 12 1982.08. 豊川 HS

1959.02.09 ED61 5 として新製

1977.10.11 ED62 12 に改造(国鉄長野工場)
       豊橋機関区配属

1983.07.05 浜松機関区転属(伊那松島機関区常駐)
       (方向転換1983. 7. 6〜7)

1985.03.14 沼津機関区転属(西浜松留置、休車扱)

1985.05.21 廃車 (大宮工場解体)

※ ED61 5からの改造の為ナンバー間隔が狭い


[13〜15号機へ] [ホームに戻る]