ED62を除く飯田線の電気機関車
JR化後、1987年より飯田線で運転されていたトロッコ・ファミリー号(当初はDE10型ディーゼル機関車)や臨時列車などの牽引に使用されていた電気機関車と、ED62以外の過去に使用された代表的な電機機関車を簡単に解説します。なお、残念ながらトロッコファミリー号は牽引機関車の老朽化などにより2006年11月の運転を以て終了してしまい、僅かに残った工事用レール輸送も2007年、JR東海がレール輸送用車である新形式キヤ97型を製作し転換されたため、現在飯田線内での電気機関車の運転はなくなってしまった。
(除く、日車豊川工場〜豊橋間の同工場入出場車の牽引機)


JR化以降に運転された機関車編(トロッコ・ファミリー号、団臨牽引用
■ED18型(新)
飯田線で使用されていた多種の買収電気機関車の置換えの為に、ED19(後述)に続き1954〜55年にかけて英国イングリッシュ・エレクトリック(E.E)社製電気機関車ED17(1010型→ED50型)<下写真参照>、旧ED18(6000<新>→ED52)を改造・投入された省型電気機関車で、飯田線の軸重制限13tに対応する為に走軸(走輪)を追加した台車を新規に製作・装備し、ED62と同じく飯田線の為に改造された機関車である。

改造はED17 17→ED18 1、旧ED18 3→ED18 3が1953〜54年にかけて、翌年ED17 16→ED18 2が行われ全3両が出そろい豊橋機関区に配置、1959年に全機西国立区に転属、しかし翌年、全機中部天竜支区に戻り飯田線中部天竜〜飯田間の貨物列車を牽引、1972年中部天竜支区機関車無配置化で伊那松島区に転属、以後ED62が配属される1979年まで使用され廃車されたが、ED18 2号機は浜松工場の入換機として残り、ED62 14が後任に付いた後、同工場で保管され、1991年佐久間レールパーク開設により同所に展示、翌年飯田線のイベント列車用に奇跡の復活を果たしJR東海静岡運転所(豊橋区常駐)に配属された。

以後、EF58の2機(後述)とともに春〜秋の行楽シーズンの土休日を中心に豊橋〜中部天竜を結ぶトロッコファミリー号の牽引に当たっていたが、年を追う毎に故障が増え、当機運転予定日にEF58が代走したりする事がしばしば発生、2005年8月に致命的な故障(駆動系の破損?)で浜松工場へ送られ残念ながら引退してしまい、休車→廃車扱いとなってしまった。なお解体等の処置は免れている模様で、JR東海が名古屋に建設予定の鉄道博物館に展示される可能性もある。

 

ED18の改造ネタとなったED17形電気機関車(左)

ED17 1(左)とED16 10(右) 2000.10.28 JR貨物大宮車両所 HS

(ED17形電気機関車も、昭和30〜40年代にかけて豊橋機関区に配置されてEF10が配置されるまで主に豊橋〜中部天竜間の貨物列車牽引に活躍した)

●佐久間レールパークに展示されたED18 2号機

現役引退後、国鉄浜松工場内で入換用に残り、JR化後もそのまま解体されずに保存されていた2号機は、'91年に中部天竜駅構内に作られた佐久間レールパークで展示される事となり、浜松工場時代に付けられていた前面デッキなどを撤去し、現役当時の形にみごと復元された。

側面の「ポケット型通風器」がE.E.製電機の特徴だが、2号機、3号機は3段であるのに対し、1号機のみは4段で異彩を放っていた。

'91.07.22 佐久間レールパーク TM

●飯田線上を単機回送されるED18 2号機

レールパーク展示公開機となった翌年、奇跡のカムバックを果たし、トロッコ・ファミリー号などの牽引にあたる事になった2号機。

外観は古いがED18に改造される際、主電動機などを除いて国鉄の標準機器に置き換えられていたために、比較的復活が容易だったものと思われる。しかし末期は故障がちになり、2005年に残念ながら引退してしまった。

'95.01.16 田切〜飯島 TM

●ED18の特徴、HT62型台車

ED18への改造にあたり、新たに製作されたHT62型台車。動輪と動輪の真ん中に走軸を組み込んだ3軸台車で、これによりED18の軸配置はA1A+A1Aと非常に珍しいものとなった。

この台車は元々ED17に使用されていた台車に比べ、整備性に優れ、また乗り心地も良かった。

※…ED62の頁でも書きましたが、遊輪という書き方は機能を持ったものに対し正確ではないので、国鉄での正式名称である「走軸・走輪」を使用します

'91.07.22 佐久間レールパーク TM

■EF58型
言わずと知れた、国鉄旧形電機一のデザインと賞される電気機関車。元々は東海道・山陽・東北本線などで旅客列車や荷物列車などを牽引していたが、新型機関車に任を譲り、JR化以降残っていたものは全てイベント列車、臨時列車牽引用である。また、飯田線内にレールなどを運ぶ臨時貨物列車(工臨と呼ばれる)の牽引にも充当されていた。
(本来の飯田線電機ではないので、細かい解説はリンクページにある[想い出の日本国有鉄道【kobanekoさま】]のHPを参照していただくと参考になります)

飯田線・飯田以北の線路では、EF58クラスの機関車は軸重制限がかかり、軸重13t以上は走行が不可能であったが、路盤改良・重軌条化により'89年11月にEF58の試験走行が行われ、その後北部でも運用が行われる事になった

飯田線には122号機と157号機の2機が使われていたが、122号機は2006年5月、老朽化を理由に休車、2008年に廃車となりJR東海浜松工場にて保管されていたが2009年1月、残念ながら解体、残る157号機も予備機なしでのトロッコファミリー号運転は無理となり2006年秋の同列車運転終了後は細々と不定期のレール輸送列車の牽引にあたっていたものの、前述のキヤ97竣工により離脱、2008年3月末に廃車となった。当機は現在のところ解体などはされていない模様で、ED18とともにJR東海の新鉄道博物館での保存・展示が期待される

●EF58 122号機(日立製)

国鉄時代は東海道線、東北線などで活躍、現在はJR東海静岡運転所に所属し、ED18 1、EF58 157号機とともに飯田線のトロッコ・ファミリー号を交代で牽引していた。

上の写真は'91年の春に運転された、飯田線北部でのトロッコ号牽引に使用された時の122号機でいわゆる直流機関車一般色である青15号とクリーム1号の塗装、下は以前の旧形電気機関車の一般色であるぶどう色2号に復元塗装された末期の姿。

2006年5月に各部老朽化を理由に休車、2009年1月、惜しまれつつもJR東海浜松工場にて解体されてしまった。

'91.04.21 駒ヶ根 TM
'03.10.05 伊那松島運輸区 TM

●EF58 157号機(三菱電機製)

上記の122号機と同様に、東海道・山陽線で活躍。新製当時から浜松機関区に配属され、現在はJR東海静岡運転所所属、やはり主に飯田線トロッコ・ファミリーや団体臨時列車などの牽引にあたっていた。

JR東海の機関車運転合理化の波に押され、残念ながら2007年度末に除籍されてしまった。

'97.10.17 大嵐 TM



過去の機関車編(ED19・EF10)

■ED19型
1926年に米国ボールドウィン・ウェスティングハウス(W.H.)社で製造・輸入されたED53型(6010型)電気機関車の歯車比を変更、貨物用に改造し、ED19型となった。ED53時代は東海道本線、中央線で使用され、故障も少なく扱いやすい機関車として好評で、お召し列車の牽引にも当たった。仙山線に転出の際、耐寒・耐雪工事、歯車比変更の改造を受けED19型となり、お召し用だった2両も身延線に転じ、やはりED19に改造された。伊那電気、三信、鳳来寺、豊川鉄道が買収され国鉄飯田線となって間もなく、軸重13t以下で唯一入線可能な国鉄電気機関車として2、5号機が豊橋機関区、4、6号機が中部天竜機関支区に、1948年には3号機、1959年に1号機が西国立支区から豊橋区入りし、全6両が飯田線に集まり、豊橋区にEF10型電気機関車が配置された1960〜70年初めにかけて伊那松島機関区に全機転属し、ED18と共に1976年まで活躍した。

現在、ED19 1号機が沿線の長野県・箕輪町郷土資料文化館で保存・展示されている。

●ED19 1号機

飯田線の主に北部で活躍したED19型で、デッキが付いているので大きく見えるが、全長はED18と比べ10cmしか違わない、小振りで愛嬌のあるデザインである。

ED62型が飯田線に入ってきたため全機撤退、唯一地元に保存されることになった。現在も伊那松島駅の西方にある箕輪町郷土資料文化館の前で保存・展示されている。

'90.03.07 箕輪町郷土資料文化館 TM

■EF10型
戦前型国鉄標準貨物用として開発された機関車で、当時としては製造両数が多かったため、形態のバリエーションが豊富であった。また関門トンネル区間用も製造されたため、一部にはステンレス製のボディを持ったものもいた。

飯田線には'69年から中部天竜支区に配置され、'72年には豊橋区に集中配置がされ、延べ14両が飯田線南部で活躍。先に述べたとおり、北部は軸重制限により同機は飯田以南のみの貨物列車に使用された。

後年、ED62型が飯田線北部で使用されたED18・19型の置換が完了し、同線の機関車形式統一を行うことになり、豊橋区のEF10型もED62型に置換、最後まで予備機として残ったEF10 31号機も'82年に廃車となった。

現在、以前豊橋機関区に配置されていたEF10 35号機が、同機最初の運転区間であった関門トンネルの縁で九州鉄道記念館に静態保存されている。

●EF10 31号機(日立製)

飯田線の南部で活躍したEF10型で、ED62型が配置された後も最後まで予備機として残り、ED62が検査などで工場入場時、代走で使用されEF10型最後の1両として注目されたが、飯田線旧国と前後し、1983年廃車されてしまった。

写真は末期の豊橋機関区で休車状態の同機。

'81 豊橋機関区 HS

過去、飯田線で活躍した電気機関車にはこの他、前記のED17形や伊那・豊川等飯田線の前身となる買収私鉄の機関車なども存在します。


ホームへ