飯田線の特急電車
飯田線で特急電車が営業運転されるようになったのはJRになってからで、それも中央(西)線の特急「しなの」で使用された381系特急型電車を使用した団体臨時列車として希に飯田線を走行する程度であった。

その後、臨時急行「伊那路」を'96年3月のダイヤ改正で格上・定期列車化し、特急「伊那路」号として毎日運転され、車両もそれまでの165系から、特急「ふじかわ」・「東海」などで使用される373系となっている。同車はJR東海静岡運転所所属。

また多客時に運転される臨時増発列車には神領電車区所属381系4連も使用される。

 ■373系特急型電車
373系は、'95年10月のダイヤ改正から運転された身延線特急「ふじかわ」で使用が開始され、翌年3月改正から臨時特急として381系(後述)で運転されていた「伊那路」を定期化・新車両化して使用されるようになった。
「伊那路」には静岡運転所所属の373系3両編成が使用され、一日2往復が運転されている。

●飯田線特急「伊那路」

定期特急列車に昇格、豊橋〜飯田間を毎日2往復運転され、多客時には駒ヶ根までの延長運転、もしくは臨時列車増発なども行われる。

定期列車に使用される373系電車は、最近のJR東海車と同様、車体はステンレス製(先頭車の前部は鋼製)、CIカラーであるオレンジのライン、窓周りをブラウンのカラーテープを貼っている。

編成は高出力電動機、軽量車体によりMc-T-T'cという、経済的な編成になっている。

'99.10.10 城西〜向市場間 TM

●七久保〜伊那本郷間を走る「伊那路」

「伊那路」で使用される373系は、Mc-T-T'cの3両編成で運転される。

この日は多客時の駒ヶ根延長運転日で、通常は走行しない飯田より北部区間を走行。
(最近は臨時特急「ふれあい伊那路号」などが381系で運転されるので、373系がこの付近を走る事は少ない)

'97.8.24 七久保〜伊那本郷間 TM

●新しくなった豊川駅と373系「伊那路」

'96年春から運転されるようになった特急「伊那路」の373系。'97年春に新築された豊川駅に停車している風景からは、飯田線も新しい時代になった事を感じさせる。

'97.10.17 豊川 TM

制作者注…このHP制作者は偏りが激しく、JR車両について詳しくないので解説が少ないという苦情もあると思いますが、のちのち資料を集めて勉強してから加筆しますので、暖かい目でみてやって下さい。 

 ■381系特急型電車
'73年に、特急「しなの」用として、急な曲線の多い中央(西)線区間を大幅な減速をせずに通過可能に走行できる作られた<自然振り子方式>の車両。振り子電車とはカーブを曲がる際、重心を積極的に内側に移動させ、遠心力で外側にかかる力を相殺させる方式で、車体が大きく傾くために他の車両に比べ上部と車体裾部は大きく絞り込まれ、また重心を低くするため屋根が低く、屋上機器もパンタグラフなどの最小限のものだけで、冷房装置は床下に置かれている。また車体そのものも軽量化のため、アルミで作られている。後年、増備車が紀勢線や伯備線などに配置され、現在もJR西日本でも使用されている。

現在、同列車のほとんどは新型の383系が使用されており、JR東海所属の381系は予備車的存在で「伊那路」「しなの」の臨時列車や、団体列車などに使用される程度である。

 

●初めて飯田線を走行した381系特急電車

飯田線に営業列車として特急型車両が運転された実績はなかったが、'88年4月に団体臨時列車として飯田線にはじめて特急型電車が運転された。

元々381系は9両編成で運転されていたが、運用効率化を図るため一部中間車に先頭車化改造を行った。写真はグリーン車サロ381型を先頭車化改造したクロ381-0番代車。

'88.04.03 沢渡〜赤木間 TM

●381系上記同臨時列車「ふるさと」号

上記と同じ列車の下り向き先頭車。

この車は元々先頭車として製造されたクハ381-0番代。

中央(西)線用に配置された車両は、元々前面貫通扉が付いた0番代車が基本であった。

'88.04.03 沢渡〜赤木間 TM



[ホームへ]