ガレリアウインドオーケストラ
第四回定期演奏会のお知らせ

既に終了しました。記録として残しています。



 私がレジデンス・コンポーザーを務めている「ガレリアウインドオーケストラ」は、2006年6月18日に第四回定期演奏会を行いました。この演奏会は「プロのバンドがなすべきこと 〜邦人作品の過去・現在、そして未来を通して〜」と題したもので、私の企画・構成によるものです。
 

1.演奏会概要

 この演奏会はガレリアウインドオーケストラにとって、「プロの吹奏楽団とはどうあるべきか」という自分たちのアイデンティティを見据え、世に問う内容となる、という一つの大きなポイントと位置づけられるものとなります。
 演奏会のテーマは、「プロの吹奏楽団の責務」を様々な視点により幾つかに区分し、それぞれの責務の遂行のために各々の区分における作品例を取り上る、というものです。具体的には「忘れられつつある歴史的価値のある作品」「他形態との接点を探る作品」「現代における新しい音楽表現を模索した作品」「現代音楽の新しい聴衆・演奏層を開拓する作品」「意欲ある人物による作品発表」等です。
 今回はこのように様々なテーゼを併置しつつも作品自体は邦人作曲家の手によるもので統一し、演奏会プログラムとしてまとめます。


2.日時・場所
 2006年・6月18日(日)
 彩の国 さいたま芸術劇場 大ホール(注:音楽ホールではありません)
 13:15 開場、 14:00 開演
 入場料:1,800円(全席自由)


3.演奏
指揮: 小久保 大輔 (常任指揮者/音楽監督)
ガレリアウインドオーケストラ
コンサート・ナビゲーター: 中橋 愛生


4.プログラム
<他ジャンルとの接点を探る 〜他領域作曲家の作品>
  • 藤掛廣幸(1949- )/シャコンヌ (1976)
    (1976年笹川賞吹奏楽曲A部門第一位受賞作品)

    <音楽史に光を当てる 〜甦演すべき重要作品を>
  • 須賀田礒太郎(1907-1952)/台湾民謡に依る舞踏曲《八月十五夜》(1943)

    <ウインドアンサンブルを考える 〜作品を作曲家の想定した編成で>
  • 新実 徳英:水の嬉遊曲
    (墨田区「国技館すみだ5000人の第9」委嘱作品)

    <意欲ある人に作品発表の場を 〜作品公募>
  • 戸田 有里子(1982- )/−小天地−(2005)
    (ガレリアウインドオーケストラ・公募招待作品/世界初演)

    <アレンジメントを考える 〜スクールバンドの現代音楽>
  • 伊左治直(1968- )/夕焼けリバースJB急行〜ハイドン・ヴァリエーション・メタモルフォーゼ (2004)
    (福島県原町市立原町第二中学校吹奏楽部委嘱作品/「渡部謙一プロデュースによる21世紀のための新しい吹奏楽作品」企画作品)

    <吹奏楽の新たな領域を探る 〜革新的なスタイルの作品を>
  • 平石博一(1948- )/水を抜けて (2000/2006)
    (アンサンブル市川委嘱作品/縮小編成版世界初演)



  • 5.その他、特記事項
    このコンサートの一環として、1〜2曲の作品を公募致しました。記録として要項を残しておきます。詳しくは、こちらのページをご覧下さい。
     また、保存用・印刷用に、同じ内容を記した要項をPDFファイルを用意致しました。

    「作品公募要項・PDF」(228KB)

     閲覧にはアドビシステムズ社から無償で提供されている Adobe ReaderR、または Acrobat ReaderR が必要です。現在お持ちでない方は下記より入手することができます。





    戻る